シンフォニック=レイン単語

シンフォニックレイン

1.2千文字の記事
掲示板をみる(69)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

『シンフォニック=レイン』(symphonic rain)は、2004年3月26日工画堂スタジオくろねこさんちーむより発売された全年齢パソコンゲームである。

一年中が降るピオーヴァ。フォルテニストになるべくそこの音楽学校に通う主人公は、卒業まで数ヶなのに卒業演奏パートナーが決まっていなかった。主人公事にパートナーを探し出し、卒業演奏を成功させることが出来るだろうか、それとも…(Wikipediaより)

概要

 

同じ年に生まれた男の子と、双子女の子達は、 が近いせいもあって、
自然家族ぐるみのつきあいをするようになった。

男の子にはフォルテールの才たまたまあって、双子には歌の才があった。
しかしには、特に何もなかった。


大方の予想を裏切って、の方とつきあい始めた主人公
人のと共に、故郷を離れた音楽学校に通っているけれど、どこか生気がない。
卒業演奏まであと数ヶ。卒検の条件である歌手パートナーを見つけ、卒業できるのか?

ターゲットがさっぱり不明な「18禁じゃないPC美少女ノベルゲーム」。
世に知られざる他の名作たちと同様、コアファンそれなりに掴んだものの、厳然として一般的知名度は低い。
読書好きの要にも応えてくれるそのシナリオが、ある意味18禁に近かったのは、ちょっとした皮である。
声優中原麻衣笠原弘子浅野真澄折笠富美子とえり抜きの実い。岡崎律子ファンのみならず声優ファンにも十分に満足行く出来となっている。
もう少しくらい評価されてもバチはあたらないと思うのだが。

ゲーム行動選択式のアドベンチャーパート、及び音ゲー演奏パートで構成されるが、選択肢が現れるのはほぼ序盤のみであり、後者は設定で全にスキップできるなど、事実音ゲー味のデジタルノベルと言ってよい(演奏パートオンラインランキング対応)。
シナリオに関しては段階的にロックが解除され、主人公を取り巻くに迫っていく、ノベルゲームではごく一般的な仕組みが採用されている。

その何とも言えず切ないストーリーに深く入れ込むファンは多く、また物語自体の扱うものが事実真実の狭間に位置するために、解釈に関しては発売後数年経つ現在でも議論が存在する。
一方でOP・EDから挿入歌に至る全曲を手がけ、作品に深く関わっていた歌手岡崎律子が、本作発売直後の2004年5月5日に亡くなっていることもあり、彼女遺作という側面でもファンの思い入れは強い。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/27(月) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/27(月) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP