シンボリインディ 単語

3件

シンボリインディ

3.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

シンボリインディとは、日本の元競走馬である。

自身の実績よりその最期の方が有名。

な勝ち
1999年:NHKマイルカップ(GI)
2000年:京成杯オータムハンデキャップ(GIII)

※当記事では、シンボリインディが活躍した時代の表記に合わせて、特に記述がない限り年齢旧表記(現表記+1歳)で表記します。

デビュー前

A.P. Indy(エーピーインディ) Danzigを持つGaelic Tuneというアメリカである。

オーナーであるシンボリ牧場80年代こそシンボリルドルフの活躍などで最盛期を迎えるも90年代に入るとシリウスシンボリ騒動での美厩舎関係者との裂やパーソロン以降導入した種牡馬が次々と失敗し低迷にあえいでいた。90年代半ばに代表の和田共弘氏が死去すると息子の孝氏が経営を引き継いだ。

氏は今まで先代が見向きもしてなかったアメリカ血統のを次々購入。そんな中とあるセールでA.P. Indyの子を宿したDanzig産駒繁殖牝馬安価で購入することに成功する。それがGaelic Tuneと後のシンボリインディであった。

生まれた後のシンボリインディは見栄えのする体で現地で高額のトレードを申し込まれたほどだったが結局日本の名トレーナー藤沢和雄厩舎に入厩、日本デビューすることになった。

名門復活へ

デビュー戦は2着に惜敗するも、二戦で初勝利。その後500万特別を後の重賞を抑えて勝利し3歳時を終える。4歳初戦はOPのマーガレットステークス。休み明けながらクビ差で勝利し彼は当時〇外ダービーとも言われたNHKマイルカップへ駒を進めた。

この年のNHKマイルカップ戦前から混戦ムードが流れていた。1番人気に支持されたのは重賞2勝の実績ある外国産馬エイシンキャメロン前走NZT4歳Sは惨敗したのにね。2番人気は前NZT4歳Sを快勝して参戦してきた枯れカリヤ、こちらも外国産馬である。シンボリインディはここまで4戦3勝二着一回の連対率100%とほぼ完璧な戦績で臨んだも6番人気。戦績の割には勝利したレースは接戦が多く強い印がなかったからであろう。それでも単勝では10倍を切るオッズであり、6頭が単勝10倍未満という混戦オッズであった。

レースが始まるとトウカダンディーが大きく出遅れるも、それ以外では特に大きな動きはなくシンボリインディは後方の内でじっと構えた。1000m通過も577とまずまずのペースで流れ最後の直線を迎えた。内でじっと構えていたシンボリインディは最後の直線でいた1頭分のスペースタイキトレジャーに接触しながらも突き一気に抜け出しにかかる。横山典弘の降着すれすれの騎乗であったものの追い込んできたザカリヤの追撃を退け1着でゴールシンボリ軍団GI制覇はあのシンボリルドルフが勝った1985年有馬記念以来14年ぶりのことであった。

狂いだす歯車

こうして見事にGI称号を手にしたシンボリインディ。には毎日王冠をステップにBCマイルへの遠征も計画されたが房で暴れ外傷を負うという気性の荒さを見せ毎日王冠を回避。ここから順調にいってた歯車が狂いだす。

復帰初戦はまさかの年末の大一番有馬記念ファンは彼に未知の魅を感じたのか7番人気とそこそこ人気を集めるも半年以上の休み明け+900mもの距離延長では流石理があったか最下位に惨敗し4歳シーズンを終える。5歳初戦は東京新聞杯NHKマイルカップを勝った同舞台で1.8倍の一番人気に支持されるも見せ場を作れず9着に惨敗、「アメリカ血統だしむしろダートの方がいけるんじゃね?」とフェブラリーステークスに参戦。NHKマイルカップ同様一内から突き抜けてもおかしくない動きだったが最後は失速し9着に敗退。芝に戻した京王杯スプリングカップでは5着と久々掲示板に入りGI安田記念へ出走するもここでも全く見せ場を作れず10着惨敗。も走り続け今は亡き世界アオキこと青木芳之上で札幌記念に出走するも中2番手から逃げを捉えきれず後続のにも次々差され5着に終わった。

復活、そして…

NHKマイルカップまでの4連勝からまさかの6連敗を喫したシンボリインディ、気が付けば既に1年以上勝利から遠ざかっていた。

そして迎えた京成杯オータムハンデ上には3歳戦以来となる岡部幸雄がいた。

シンボリ軍団京成杯(京王杯)オータハンデ、低迷、岡部騎手マティリアル思い出したけど気のせいだろう。

それはともかく東京新聞杯以来の1番人気に支持されたシンボリインディは小頭数のレースで中団に構える。最後の直線では後のスプリント王、トロットスターを外からねじせてNHKマイルカップ以来先頭でゴールを駆け抜けた。復活したことでよりマティリアル思い出す人もいたと思うが彼はゴール後も事であった。

久々勝利を挙げたシンボリインディはこの年から施行時期が10月に変更されたスプリンターズステークスに参戦した。しかしスプリント戦は距離が短かったからか最低人気ダイタクヤマト走を前に14着。続くスワンステークスでは内でダイタクヤマトしい叩き合いに持ち込むも2着惜敗。マイルチャンピオンシップでは前走スワンステークスの好走やベストの条件とみられたマイル戦で3番人気に支持されるも安田記念と同様全く見せ場なく11着に惨敗し5歳シーズンを終えた。

どうでもいい京成杯オータムハンデを除く3戦はダイタクヤマトに全て人気では上回るも結果では全敗である。

種牡馬としても期待をかけられていたシンボリインディであったが翌年も現役続行。またこの年から年齢表記が新表記となったため彼は再び5歳として走ることになった。

5歳になってからの初戦は復活を遂げた京成杯オータムハンデと同舞台ダービー卿チャレンジトロフィー上には再び岡部騎手

11番と奇数番だったため出走の中でっ先にゲートに入った。彼がゲートに入ってから間もなくしてゲートくような音がしてきた。

「ガン!」「ガン!」

その音はシンボリインディがゲートしく蹴るものであった。そんなことはともかく次々とゲートに入っていく他の出走たち。だが途中でゲート入りは中断された。「なにがあったのか?」

そこにはなぜかゲートに入ったはずのシンボリインディがゲート外で座り込んで暴れていた。彼はゲートをくぐってゲートから出てしまったのであった。そのときはもがまだ「シンボリインディが暴れてるよ」ぐらいの意識だっただろう。しかし次の間立ち上がった彼の姿を見てもが絶句する。

「あっ…(察し)

彼の右後ろ脚が全に折れていたのである。

彼は3本脚で立っていたのである。むしろ1本全に折れてるのによく立っていられるなと関心するレベル。しかもその様子が全テレビ放送されてたのだからたまったものではない。現場を振り向かずを取って去っていく岡部騎手

このもが悟った。「絶対に助からない…と」

旧3歳時に活躍し、その後は低迷するも京成杯(京王杯)オータハンデ復活し最期はレースこそ違えど現役中の死…とまるでマティリアルの生まれ変わりではないかとの遇を辿ったシンボリインディ。重な後継として種牡馬としての活躍も期待されたがそのく散ってしまった。だが彼が散った翌年、シンボリクリスエスという彼を越える大物の登場により孝氏の念はらされることになる。

血統表

A.P. Indy
1989 黒鹿毛
Seattle Slew
1974 黒鹿毛
Bold Reasoning Boldnesian
Reason to Earn
My Charmer Poker
Fair Charmer
Weekend Surprise
1980 鹿毛
Secretariat Bold Ruler
Somethingroyal
Lassie Dear Buckpasser
Gay Missile
*ゲーリックチューン
Gaelic Tune
1991 鹿毛
FNo.5-f
Danzig
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admiral's Voyage
Petitioner
Squan Song
1981 黒鹿毛
Exceller Vaguely Noble
Too Bald
Foreign Missile Damascus
Queen of the Sky
競走馬の4代血統表

クロスBold Ruler 5×4×5(12.50%)

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
東方MMD[単語]

提供: てるてる

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/13(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/13(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP