今注目のニュース
「にゃんだこれ……?」 人形を乗せられてもされるがままの猫ちゃん 困惑の表情がかわいくてツボる
「アナと雪の女王2」日本オリジナルキャラポスター 初登場となるサラマンダーの姿も
追突事故で、示談を持ちかけられたらどうする?

シーブック・アノー単語

シーブックアノー

  • 6
  • 0
掲示板をみる(233)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

初陣、シーブック・アノー by ヲッファ

シーブック・アノーとはアニメ映画機動戦士ガンダムF91』に登場する架の人物である。辻谷耕史

概要

シーブック・アノー「何とー!」 by ヲッファ

F91主人公ガンダムや富野作品の主人公ではしく、ひねくれたオタクでも、キレる17歳でも、ジャンク屋で忙しい不良学生でもない普通の工業科の男子高校生
作中でも多くの友人に囲まれるなど、社交も一般的なレベルにあった模様で、ガンダム主人公としては本当にしいくらい普通少年である。

優等生」的なイメージが強いが、本編初登場時ではミスコンにトトカルチョを導入しセシリー・フェアチャイルドに賭けていたりと、はみ出した面も見られる。小説版ではさらに・・・?

住んでいたフロンティアクロスボーンバンガードが襲撃した為、戦火を逃れる為に避難した所、連邦練習艦 「スペース・アーク」に救助される。
そこで整備されていたMSF91」の新コンピュータバイオコンピュータ」の制作母親モニカ・アノー博士が関わっていた事、であるリィズ・アノーの発言で、それまで起動できなかったバイオコンピュータが起動できてしまった事などから、「母親が作ったコンピュータなら、その息子と相性が良いはずだ」と言うとんでもない理由で強引にF91パイロットにさせられてしまう(F91バイオコンピュータはシーブックのバイオリズムベースに構築されていたため、結果的には正しかったのだが)

F91パイロットになってからは初陣MSを2機撃墜の活躍を見せる。

その後、コスモバビニアにいるロナの長女、ベラ・ロナとして生きる決意をしたセシリーを連れ戻そうとして失敗し、その逃亡時に父親であるレズリー・アノーを死なせてしまう。MS中の戦場MSビギナ・ギナを駆るセシリーと再会、説得。連れ戻す事に成功した。

その後も、フロンティアサイドに放逐されたバグ特性を逆手に取った戦法(熱に誘導されるので、ビームサーベル扇風機のように振り回す事で誘導、撃破)を編み出すなど、巧みな操縦でバグ駆逐とその大元を破壊、ついにはF91を最大まで引き出し、「質量を持った残像」と言わしめた高機動により、カロッゾ・ロナラフレシアを討ち、事実上ほぼ単機で鉄仮面の野望を打ち砕いている。

戦いの途中で宇宙空間に放り出されたセシリーを、の手で調整されたF91バイオコンピュータを借りて探し出し、救助する等、ニュータイプ的な感応にも優れていた模様。

実は、はじめて乗ったMSガンダムではなくガンタンク戦争博物館に所蔵されていたガンタンクR-44。避難移動に使用)だったしい主人公(なんだが、含めても最近ではさほどしくなかったりする)

名前の元ネタはsee(見) book(本)で"見本"だとかなんとか

長谷川裕一漫画機動戦士クロスボーン・ガンダム』に「キンケドゥ・ナウ」と名乗り登場している。

キンケドゥ・ナウ、それが今からの俺の名だ

機動戦士クロスボーン・ガンダム』にて新生クロスボーンバンガードとして決起したベラ・ロナことセシリー・フェアチャイルドに殉じる決意で名乗った名であり、ベラとして立ち上がった彼女に対して再び「シーブックとセシリーに戻ろう」という意味合いと思われる。新生クロスボーンバンガードエースパイロットとしてクロスボーン・ガンダムX-1(及び同)を駆り木製帝国相手に八面六臂の活躍をする。10年の日により優等生だった面影もワイルドになり、大人の雰囲気を以って同作の主人公トビア・アロナクスを導く良き兄貴分として、ベラを始めクロスボーンバンガードを引っる大柱的存在になっている。

後のゲームでの参戦ではあまりの変貌ぶりにを担当していた辻谷耕史氏もシーブックと同一人物とは思わず演じてしまったとっている(近年の作品ではややシーブックに寄せた演技になりつつある)

壮絶な戦いの中かつての宿敵にして裏切り者ザビーネ・シャルとの大気圏上層での死闘で右腕を喪うという重症にみまわれたが、とっさの判断でクロスボーン・ガンダムX-1ビームシールドを用いて大気圏突入を敢行(しかも損傷した状態で)、これが宇宙世紀で初のビームシールドによるMSの単独突入という快挙となった(艦船としては作品的に前後してしまうが「ガンダムUC」のラー・カイラムが試験的に実施している)

木星帝国との決戦後、X-1トビアに譲り、再び『シーブック・アノー』としてセシリーと共にパン屋を開業し2人の子宝にも恵まれた。義賊クロスボーンバンガードとしての営みを続けるトビアにとっても護り抜いた日常徴とえる(そのため『鋼の7人』では戦いに巻き込む訳にはいかないとトビアの決意から参加出来なかった)

そんな穏な日常を送っていたシーブックだったが、『機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト』では二人の子供がリガ・ミリティア入りしており、自身もザンスカール帝国との戦争に巻き込まれて家族を避難させた際に盗賊に襲われたが、偶然通りかかった主人公フォント・ボー(脱走中)に助けられる。

フォントと生活している中、ザンスカール帝国の襲来に際して20年近いブランクがあったのにも関わらずクロスボーン・ガンダムX-0を駆り奮戦。仲間の元へ帰還するフォントに対してカーティス・ロスコことトビア・アロナクスに『キンケドゥ・ナウ』としてのメッセージを託す。

ニコニコ動画において

ニコニコ動画ではラフレシアとの対決時に発した「なんとぉー!」が弾幕になる事もある。また、キンケドゥ関連の動画だと海賊になったため(他人の機体を)「いただいていく!」ネタも散見(前述の科白トビアのだがw)

チンポコユリ?もうむちゃくちゃザンス?うぬらめが八つ裂きだー?なんのことだかさっぱりわかりませんねぃ

関連動画


関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP