シーラカンス単語

シーラカンス

掲示板をみる(41)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

シーラカンスとは、生きている化石である。

概要

シーラカンス

綱総鰭下綱シーラカンスに属する魚類の総称。狭義には現生のラテメリアカルムナエ(Latimeria chalumnae)とラテメリア・メナドエンシス(Latimeria menadoensis)のこと。ラテメリアという名前は発見者のラティマー氏にちなむ。生きている化石として有名。なお、アルファベットりは「Coelacanth」である。

4億年ほど前(デボン紀)に出現し、世界中の域で広く栄えたが、1億年前ほどから衰え、約6500万年前に絶滅したと考えられていた。ところが1938年南アフリカで生きているシーラカンス(カルムナエ種)が発見され、世界中を騒然とさせた。

上気の現生のシーラカンス2種はコモロインドネシア深海に生息しているが、元は淡域で進化したという。また中生代に生存していた古代種は体形や大きさにもかなりの多様性があり、最大種のマウソニアは推定4mに達した。

食性。脊椎が硬ではなく軟の管であることが最大の特徴である。その他には、胸鰭や鰭に腕や脚のような質の柄があること、背鰭が3つ・鰭が2つあってそれらのうち第3背鰭と第2鰭が尾鰭のようになり、の尾鰭がごく小さいことなどが特徴としてあげられる。

ちなみにめちゃくちゃ不味い。っぽくて、味がしないらしい。
カルムナエ種は、地元の漁師の間では「たまに獲れる、変な形の不味い」程度の身もふたもない評価をされていた。1938年まで同種の現生が発見されなかったのは、不味すぎて市場に出回らず学者のに触れなかったからである。
不味い理由については、現代の食用と違って、旨味の元であるアミノ酸が少ないからではないかと推測されている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/02(月) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/02(月) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP