今注目のニュース
職場を壊す「昭和おじさん」4タイプの扱い方
四国 台風20号の影響について
求人内容が不透明?やりがい搾取? 「活動自体は素晴らしいのに……」ウミガメを保護するNPO法人に批判あいつぐ

シーレーン単語

シーレーン

  • 4
  • 0
掲示板をみる(44)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

シーレーンとは、元来は船舶の海上交通路(航路)のことであるが、一の通商上・戦略上、重要な価値を有し、有事に際して確保すべきものとされる。ただし最近では英語SLOC(sea lines of communication)からSLOCs とよばれることがおおい。

概要

一般にには道路がないため、どこを航行しても良い、と考える人がいるが実際のところは港湾設備・峡・運河・地形(も含む)・流・気などなどの諸条件により"運用しやすい"航路に収束していくことになる。
これが上航路(シーレーン)と発生理由でもある。これは古代から文明の発達経路、あるいは諸の勃に大きくかかわっていた。

人類の文明、科学技術の発展により海上交通路は時折変化を及ぼす。たとえばスエズ運河、パナマ運河の誕生がそれであり、この誕生によりそれまでのアフリカ南端喜望峰回りのルート、そして南南端のホーン岬のルートの重要性が著しく減じることになった(というより二つの運河建造の理由が、荒が多く船舶の航行が厳しい二つのルートなんとかして安全にかつく航行したいという要望のもとに生まれたのだが)。

そして海上交通路を多数の船が通る場所は世界で数か所、先のスエズ運河(地中海=)、パナマ運河(大西洋=太平洋)、ホルムズ峡(ペルシャ湾=アラビア)、マラッカ峡・シンガポール峡(インド洋=南シナ)があげられる。

(最近では地球温暖化の影か、ロシア北極側の船舶航行が可になりつつあるとされ北極ルート確立が取沙汰されている。これが成立すると欧州=アジアルートが大きく変化し、アリューシャン付近に新たな海上交通路が発生すると論じられてもいる)

海上交通路と戦争、そして地政学へのかかわり。

人類文明の発展に伴い、船舶が大化・高速化するにつれ物資輸送手段として船舶輸送の重が大きくなると海上交通路の重要性はより重要性を増。アメリカ独立戦争ナポレオン戦争などにおいてこの海上交通路の封鎖問題が大きく注されることになっていった。

海上交通路を阻することにより敵対経済活動を阻するだけでなく、上陸した自、あるいは同盟陸軍に対する補給等兵站路の維持としても上航路の保持、あるいは阻止は重要な要素となっていった。

(またシーレーンに隣接する沿の政情不安・戦争あるいは治安悪化などの不安定要因は短期、中期に問わずそのシーレーンを航行する商船団に影を与え、経済に重要な影を及ぼしかねないこともある。ペルシャ湾岸諸国の政情不安、戦争はまさしくそれであり、マラッカ峡、アラビア海賊問題などが後者にあたる。)

このように自及び自が影を及ぼしたい地域につながるシーレーン(SLOCs)、そしてそれが接続する域及び沿地域に対して影を保持できる現在ではより相対的なものとして上優勢…と呼び、それを好きな時に好きなだけ維持しうるだけの上権(シーパワー)と呼んでいる。

19世紀末アメリカアルフレッド・セイヤー・マハンが論じた「上権史論」はその後の軍戦略に多大な影を与え、上権(シーパワー)は地政学を論じる上でも重要な要素とされている。

(現在では、中国の自沿部に対して影を排除する接近阻止・領域拒否(A2/AD:Anti-Access/Area Denial)も取沙汰されているので興味がある方はwikipediaなど各種新聞、論文を参考にしたほうがいいだろう)

日本における海上交通路(SLOCs)の昔と今。

あまり認識されていないが、日本という(弧状列)は太古から海上交通路にわる様々な問題にかかわっている。
たとえば大陸半島からの文明、技術、人の流入が可になったのもその一つであるし、村江の戦いは実質朝鮮半島との海上交通路を失った日本(倭)の敗北でもあったし、それは豊臣秀吉の二度にわたる朝鮮の役でも変わらない。
江戸時代ではあまりイメージがないかもしれないが、江戸の物流を支えていたのは大阪、あるいは北前船などに代表される北日本からの海上交通路からの運であった。ペリー来航は、その技術もさることながら首都でもある大都市江戸の輸送路が阻されるという軍事的な衝撃も大きかったとされる(事実幕末から江戸の港を守るための台場(台)を建造を始めている)。
日清日露戦争、特に日露戦争朝鮮半島への物資・人員輸送のための海上交通路保持のためにウラジオストック艦隊及びバルチック艦隊をいかに化するかが日本(軍)の至上命題になったし、前後して上村艦隊と常陸丸事件などはその後の太平洋戦争における問題を予見しているかのようでもある。
太平洋戦争についてはあまり論じる必要はないかもしれない。興味のある方は兵站、あるいは上護衛について記述している大井篤氏の項を参考にしてほしい。

現在の状況

現在日本経済活動や民生活に必要な資の7割以上を外からの輸入に依存しているが、周りをに囲まれたである為資を供給するルートの9割以上は上輸送である。シーレーンが断たれれば石油や天然ガスといったエネルギーや工業資・食糧の安定供給が断たれることとなり日本とって死活問題でシーレーン防衛は安全保障上、重要な課題である。

 しかし、2016年6月27日、シーレーンの最重要 であるフィリピンが、中国側に寝返った。大統領が、アメリカ側だったアキノから親中のドゥテルテに交代した為だ [1]。つまり、日本は、現在中東以外のから天然の輸入拡大を迫られている。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *INQUIRER.net 2016年7月6日 Duterte goes soft on China: Let’s talk

掲示板

  • 42ななしのよっしん

    2019/07/28(日) 20:54:29 ID: yMZNKW4PdR

    大丈夫だ!日本人の大多数はNTUYより思考がある
    さもなくば、今の平和日本が存在するわけがない

  • 43ななしのよっしん

    2019/07/28(日) 21:54:27 ID: 9qwOcny/RT

    自分達に逆らうのは日本人じゃない、平和的手段とは々に与する事だとかやってる時点でアホかと。
    そもそもその日本人中国に与するのを嫌ってる時点で大多数なのは逆なんだよなぁ。

  • 44ななしのよっしん

    2019/07/29(月) 06:54:50 ID: lgcj7hn+L9

    >>40
    なんでイランドンパチする話になるんだ?

    いや、まあ、ホルズム峡の安全って日本エネルギー政策的に重要なんだが……

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 10:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP