今注目のニュース
浴衣ミタパン、とんねるず石橋貴明と2ショット
真・煽り運転対策!→降りて殴ってきた相手を轢いても無罪に!?
母親が大事にしてる不気味な日本人形「生きてるみたいなんです…」

ジェノブレイカー単語

ジェノブレイカー

掲示板をみる(108)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
ゾイド > ジェノブレイカー

ジェノブレイカーとは、『ZOIDSシリーズに登場するティラノサウルス格闘戦用ゾイドである。

キットはジェノザウラーに多数の追加・変更パーツを用いる事でそのイメージを一新させているのが特徴。
また、当時発売されたものにはアニメパイロットを務めていたレイヴンシャドーのフィギュアが同梱されていた。

機体解説

ガイロス帝国が打倒RZ-28ブレードライガーを掲げてEZ-26ジェノザウラーに強化改造を施して開発したティラノサウルス戦闘ゾイド
元より強だったジェノザウラーの性がさらに引き出されており、その絶大な戦闘から“魔装”と呼ばれ、そして同時期に開発されたEZ-35ライトニングサイクスとEZ-36デススティンガーと並んで“帝国3大ゾイド”と称されている。

ガリル遺跡での戦いから帰還したジェノザウラー1号機の戦闘データから「総合性ではジェノザウラーが勝るが、格闘戦においてはそれに特化したブレードライガーに遅れを取る」という事実が発覚、その1号機のパイロットだったリッツ・ルンシュテッド中尉の要望により、その点の踏まえてさらに格闘戦を重視した改造が施されて生み出された。

まず、ジェノザウラー自体の基本性を極限まで底上げし、頭部には鋭利なレーザーチャージンブレード、機体両側には内側に鋏のような切断のエクスブレイカーを内蔵した特殊チタンで構成された広い可動域を持つ攻防一体の武装フリーラウンドシールドを装備、背部には大ラスタユニットウイングラスターパック、さらに脚部にはビームショックガンなどの複数の射撃武器が統合されたウェポンバインダーが装着されている。

新たな特徴となったエクスブレイカーは中ゾイドを一で両断する切断を誇り、それを覆うフリーラウンドシールドは実体楯でありながらEシールド以上の防御を有している。
また、以前の武装であったパルスレーザーライフルされたが、その代わりに装備されたウェポンバインダー火力の低下を補っている。

そして背部のウイングラスターパックにより推進と機動性も飛躍的に向上、短時間の低飛行や長距離ジャンプも可となっている。

最大の武器である荷電粒子砲もまた劇的に強化されており、ウイングラスターパック基部に内蔵された荷電粒子コンバーターによってエネルギー変換効率が向上したのかその出30%アップし、なおかつ連続発射まで出来るようになっている上、さらにウイングラスターから来る膨大な推進を発射時の反動相殺に用いる事でホバリング中でも荷電粒子砲が撃てるようになっている。

これらの改造の結果ブレードライガーはおろか大半の現行ゾイドえうるは得られたものの、ただでさえ制御の難しかったジェノザウラーの操縦性はさらに悪化しており、エースパイロットの中でもさらに極一部の人材にしか操れない極端にピーキーゾイドになってしまった。

その所為かこのジェノブレイカーの生産数はジェノザウラーブレードライガーよりも少ないとされ、一部のバリエーション機を除けばこの1号機くらいしか明確な活躍の場面はく、それ以降歴史の表舞台に出る事はなかった。

劇中での活躍

バトルストーリー

ZAC2100年ロールアウト。ガリル遺跡での戦いからジェノザウラーブレードライガーとの相性の悪さが摘され、リッツ・ルンシュテッド中尉のオーダーを受けてジェノザウラー1号機をそのまま改造する事で完成した。

二次大会戦に敗北し、南北のルートに別れて進んでいた帝国軍撤退部隊護衛のため初出3000kmもの距離砂漠を半日で横断して南のルートへ向かい、そこで共和軍追撃部隊を尽く蹴散らし、さらに論見通り量産型ブレードライガーを撃破、最後には帝国軍が撤退した後のヘスペリデス大橋桁を荷電粒子砲中発射で破壊してを落とす事で帝国軍を守りぬいた。

その後のウルトラザウルスザ・デストロイヤー登場の際にはこれを撃破するため決死隊として単独先行するが、そこにあの因縁深いアーサー・ボーグマンの操るブレードライガーと遭遇、アーサーの卓越した操縦技術とさらに強化されたブレードライガーにより、さしものジェノブレイカーもほぼ互の戦いに引き込まれる。

そこにあの暴走して姿を消したはずのデススティンガー乱入リッツアーサーデススティンガーが自己増殖を開始していると知って共闘するもデススティンガーの圧倒的戦闘の前にブレードライガーもジェノブレイカーも苦戦を強いられた。

ジェノブレイカーの荷電粒子砲デススティンガーのEシールドは破壊できたが、それでも恐るべき自己進化を遂げていたデススティンガーは止められず、最後にはアーサーブレードライガーが囮になって出来た僅かな隙にジェノブレイカーがブレードライガーより切り離されたレーザーブレードを剥き出しになったデススティンガーの頭部に突き立て、ようやくこの怪物を粉砕するのであった。

しかし、この戦いでアーサー・ボーグマンは戦死、残されたリッツデススティンガーの巣を破壊するとジェノブレイカーと共に姿を消し、現在まで生死不明となっている。

アニメ

ゾイド -ZOIDS-』のみ登場。

ゾイド -ZOIDS-』では主人公バン・フライハイトライバルたるレイヴンの最後の乗機。
レイヴンのさらに向上した操縦技術に対応するためオーガノイド・シャドーがジェノザウラーエボリューションコクーンで包み込んで進化させた。

進化までには時間がかかり、この間に共和軍と帝国軍は共同戦線をってこのエボリューションコクーンの破壊を試みたが、頑強なフィールドに守られていたため失敗。次に誕生の間を狙っての再攻撃が敢行されたが、こちらもジェノブレイカーのEシールドに阻まれて失敗している。

誕生した直後はシャドーに操られて追撃部隊を殺しつつレイヴンと合流を果たし、さらに奇襲を掛けたアーバインコマンドウルフに致命傷を与え、カール・リヒテン・シュバルツ率いる第二追撃部隊をも一で壊滅させた。

以降もその圧倒的なで両軍を翻弄、それからしばらくガーディアンフォースではこの対ジェノブレイカー戦を想定した戦術の構築が行われる事になり、過去データからフットロックを破壊し、荷電粒子砲を撃てなくするという戦法が取られた。しかしジェノブレイカーは荷電粒子砲中で撃つ事ができるようになっているなど、レイヴンジェノザウラーとは違うと言わしめるほどのを示し、多数のゴジュラスを含む共和軍師団を荷電粒子砲一発で消し飛ばす、ブレードライガーを容易く破るなどの文字通り一騎当千の活躍を見せつけた。

しかしジェノブレイカーは合体するシャドーにとっても非常に負担のかかるゾイドであり、合体できる時間はたったの3分間のみで、しかも合体する度にシャドーの体は著しく削られていった。
そしてシャドーはジェノブレイカーがデススティンガーの攻撃を巻き込まれた際に限界を迎えて石化消滅してしまい、これ以降レイヴンダークカイザーとも袂を分かつ。ジェノブレイカーも自己修復もままならないままデススティンガーとの戦いに身を投じたが、返り討ちに遭ってしまった。

最終決戦ではシャドーが戻った事で以前の勢いを取り戻し、ダークカイザーを護衛していたジェノザウラー3機を撃破。そしてオリジナルデスザウラーに対しては、荷電粒子砲の連続放射でデスザウラーのEシールドを停止させ、バンの攻撃が通るようにサポートしている。

アニメではフリーラウンドシールドはEシールドジェネレーターという設定になっている。
また機体色がいのは、リーゼによるとオーガノイド・アンビエントの影とされるが、その辺の具体的な理屈は不明。

漫画

漫画機獣新世紀ZOIDS』ではプロイツェンの部下ハンナ・ハンナの乗機として登場している。

レイヴンバーサークフューラー殺されるかませ役として。
のジェノブレイカーファンの諸君、君達は今泣いていい。

主な機体バリエーション

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP