今注目のニュース
声優・大河元気が「げんやっこ」として花柳界デビュー? シュールな“全力コウメ太夫”も披露
「ジョジョ」第34話、声優たちの入れ替わり演技に称賛の声「演技力の見せ所シーン」
唐辛子とみせかけてハブ対マングース!? ズームすると見え方が変わる柄イラストがシュールでかわいい

ジェラール・グリゼー単語

ジェラールグリゼー

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ジェラール・グリゼー(1946~1998)とは、クラシック音楽のうち現代音楽に属する作曲であり、1970年代から始まるスペクトル楽の始祖の一人である。

概要

当初はメシアンデュティユーダルムシュタット現代音楽講習会でシュトックハウゼンリゲティクセナキスなどに学び現代音楽初期のセリー音楽に傾倒していたものの、やがてトリスタン・ミュライユとともに留学先のイタリアでジャチント・シェルシの影を受け、音楽音響の観点からスペクトル的に解析などをするスペクトル楽の誕生につながった。

彼はミュライユミカエルレヴィナス、ユーグ・デュフールらが結成したアンサンブル・イティネレールに所属、特に倍音とノイズの間のスペクトラムのカラーを生涯にわたり探し、1974年から1985年にかけて作曲された6曲の「音響間」、1976年の「部分音」、1994年から1996年にかけて作曲された「音の渦」などが代表曲である。

彼らの音楽性はブーレーズらの影の強かったIRCAMからは当初は敬遠されていたが、現在では取り上げられることも多くなりフランス現代音楽の代表的存在になりつつあるようだ。

関連動画

さすがになかった。

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/18(火) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/18(火) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP