ジェル 単語

838件

ジェル

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ジェルとは、物質が高い性を持って流動性を失い、固体・半固体になったものである。
液体のような柔軟性と固体のような弾を持ち、潰れやすい。

ジェルには「ゼリー状の」という意味がある。ドイツ語では「ゲル」。日本語では「質」。

流動性を持つものをゾルという。

概要

粒子が気体・液体・固体に浮遊や懸濁している物質である「分散系」と呼ばれるものの一種で、物理ジェルと化学ジェルに分かれる。
物理ジェルの結合は弱く、温度変化などでゾルに戻る。(例)ゼラチン豆腐
化学ジェルの結合は強く、安定しているが不均一になりやすい。

最近、その二つのジェルに該当しない三番のジェルの研究開発が加速しているらしい。

多数の原子が共有結合してできる「高分子」が三次元の方向に網状の構造を形づくり、その内部に溶媒(溶かす液体、アルコールなど)を吸収し体積が増加したジェルを高分子ジェルという。

ジェルの例として「豆腐」や「コンニャク」、ゼリーを固める「寒天」や「ゼラチン」、燥剤などに使われる「シリカゲル」、ナパーム弾として知られる「ナパーム」、セメントを加えた時に出来る「セメントジェル」などある。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
宝鐘マリン[単語]

提供: スクワット弱男

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/30(木) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/30(木) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP