ジム改単語

ジムカイ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ジム改RGM-79C 後期型ジム)とは、OVA機動戦士ガンダム0083』『機動戦士ガンダムMS IGLOO』等に登場するモビルスーツである。

本記事では生機のジム改[ワグテイル]も解説する。その他のバリエーションは下記の関連項目にて。

概要

ジム改とは一年戦争末期にロールアウトした後期型ジム(ジムC)である。

後期生産ジムの技術をリファレンスした機体で、乱立したジム系の規格・設計をジム改として統合する趣きが強く、本機のロールアウト後にも統合と良が進められた。

戦後に生産されたイメージも強いが、実際にはU.C.0079年11月下旬初期がロールアウト済みで、ジャブロー直轄のMS教導団「ネメシス」などのアグレッサー部隊が運用していた。
12月以降に宙域戦仕様の配備が進み、最終局面のア・バオア・クー攻防戦において一定数の先行量産型が投入され、軍部の期待に沿う戦果をあげた。

ジム改の先行量産機パイロットは操縦技術に優れる者も多い。中でも戦のソロモン攻略戦とア・バオア・クー攻防戦一人として死ぬことなく戦い抜いた「不死身の第四小隊」が有名。

開発経緯

量産機RGM-79」には大別して先行試作量産型、前期生産、後期生産が存在する。

連邦は前期生産系の性を上回る次期スタンダードの後期生産系を各工で開発させた。情報・技術共有は積極的に行われ、オーガスタ製のDルナツー製のEは特に優秀な設計だった事もあり、各生産拠点で製造されたジムの設計も採り入れることになった。

このような開発経緯を経て、ジム系の次期スタンダードとして採用されたRGM-79C 後期型ジム(通称:ジム改)は、ジム系のスペックを大きく押し上げるに至った。

機体構造

ジム改の全体的な設計はルナツー製のRGM-79E(初期型ジムの元となった構想)に由来する。
頭部の内装はD/Gの構造も取り入れているが、一説にGの技術採用機は戦後の機体のみとも言われ、この戦後モデルでは精度と量産性の高いデバイスセンサー類を導入し、コ・プロセッサーフレームなど一部の構造を簡略化、余裕の出来た内部構造で頭部バルカンの装弾数も善されている。

一年戦争の時点でジム改をベースとした生機も存在し、陸戦用のインファイトモデルジム・ストライカー」がロールアウトしている。ストライカージム・スナイパーⅡと並び戦中のジム系で最高峰と評されている。

戦後、ジム改はジム改高機動型を経てRMS-179 ジムⅡ(ティターンズ仕様)の開発の一助となった。

後期型ジム(IGLOO版)

OVA機動戦士ガンダムMS IGLOO』に登場。ア・バオア・クー戦で投入された後期と呼ばれるジム

式番号はRGM-79C
戦後に開発されたジム改と諸被りであることで当初から議論を呼んだ機体。

ジム後期生産型の歴史

少し焦点は変わるが、後期生産ジム系のやや複雑な設定変遷を辿っていきたい(まぁと言ってもジム改以外はあまり変わってはいないが)。

  1. モデルグラフィックス1990年5月号より『センチネル0079』という企画が全2回に渡り掲載されたが、その企画後期生産ジム(いわゆるジムver.Ka)がデザインされている。後期生産OVAポケットの中の戦争」のジム寒冷地仕様ジム・コマンドの整合性を取るための中間デザインの機体である。
  2. 後のOVA機動戦士ガンダム0083」において、カトキハジメリファインされた後期生産ジムRGM-79C ジム改として登場させた。
  3. 後のOVA「08MS小隊」にて、ジム改のデザインリニューアルしたジム(※1話のサンダース機)が登場した。1話のこのときはガルマ死去時(前期すら未配備の時期)だったため、視聴者から突っ込まれた。責任すぎる。このサンダース搭乗ジム08小隊リリース当時何の設定もなかったが、後にRGM-79[E] 初期型ジムという設定が追加された(ルナツー製でオーガスタ製後期生産ジムの設計ベースになったとか)。
  4. 後のOVA機動戦士ガンダムMS IGLOO』において後期生産ジムとほぼ同デザイン同設定のRGM-79C 後期型ジムが登場し、更なる混乱を呼んだ。
    こうした“後付け設定で生じた混乱”に対するバンダイや識者たちの解答は以下の通りである。
  5. 実はイグルー版はジム改か後期生産といった疑問は、MGジム改説明書で既に「RGM-79C ジム改の先行量産型ア・バオア・クー戦で投入された」という答えが載っている。バンダイサンライズ側でジム改の先行量産機企画され、それをイグルーで登場させたと見るべきだろう(プラモの発売日的に)。
  6. IGLOO公式サイトRGM-79C ジム改と記載され「C」は後期型ジムに付けられる符号でジム改の先行量産機という説が強まった。
  7. 漫画俺ら連邦愚連隊」によると後期型ジムの通称がジム改であるらしい。
  8. 書籍「マスターアーカイブ RGM-79」で乱雑な設定が整理、編纂される。さらに後期生産の設計にも流用されたE(初期の元設計)、D(寒冷地仕様体)の設定が追加された。

武装

プラモで詳細な設定が追加されたドッカブタイプを携行。
用途に合わせてバレルや弾種の変更が可ホリフィールドファクトリー・ウエポンズ社製で、このモデルに採用されたガンシステム(換装システム)は以下の仕様に換装されている。

「HWF GR・MLR79-90mm ロングライフル
狙撃特化仕様フローティング式で、狙撃時にはバイポッドを展開し重心の安定を図る。マガジン120発の収弾を持ち、ガンシステムという設計思想から通常ライフルロングレンジライフルの長所を足したようなとなっている。ジム・スナイパーⅡも携行した。
「HWF-GMG・MG79-90mm ジムマシンガン」(ブルパップマシンガン
ジム・コマンド初期型ジムも携行したモデル。キャリングハンドル前方にビデオカメラレーザーセンサーのボックス式センサーを搭載。センサーと連動した高いターゲット補足を有する。
「HWF-GRMR82-90mm ジムライフル
ジム・クゥエルジム・カスタムヘイズル2号機等も携行した90mmケースレス弾。

このほかボウワ社が開発した頭部センサー依存しないBR-M-79C-3 ビームスプレーガン(ボディに狙撃センサーを取り付けた命中精度向上モデル)とルナツー系標準のビームサーベルを装備した。

防御用に対実弾性に優れたRGM-M-Sh-007MS戦用シールドを腕部ラッチに咬ませている。Sh系はリアシールドにウェポンラッチが用意され、各兵装の装着が可。ただし、材質は前期モデルルナチタニウムからチタンセラミック複合材に退化している。

ジム改[ワグテイル]

アニメ機動戦士Ζガンダム』の公式外伝ADVANCE OF Ζ』に登場。
ティターンズの新機「ハイザック」との戦闘で中破したヴァンアシリアイノのジム改を修復ついでに近代修した機体。機体名称はセキレイに由来する。

改造スポンサーアナハイム社)から送られてきたジムⅢ計画のスピンアウト品、[ワグテイルユニットをジム改に強引に取り付けた形となる。
バックパックと両肩部スラスターを増強している他、脚部フレームを延長し、プロペラント・タンクの増設ならびに新の熱核ロケットエンジンを搭載し、ジム改から大幅に強化された。結果的に機動性は大きく上昇したものの、素体の性とのバランスが災いし“暴れ”と揶揄されるほど扱い辛い機体に仕上がった(それでもジム改のフレーム強度が不安であるためユニットの出を抑えているのだが)。

武装は三連バーストな専用の強化ビーム・ライフルシールド裏にビームサーベルを2本収納。

作中ではヴァンシミュレーションを繰り返し教育コンピュータにモーション・コントロールプログラムを構築し、徐々に最適化された。ピーキーさ加減は彼の予想を大きく上回っていたが、ヴァンは[ワグテイル]を物にしてエース級の覚ましい戦果をあげていく。敵対するロスヴァイセからは“カエル”と呼ばれている。

後に中破したため大幅な修措置が取られ、ワグテイルⅡとなってジムの名称が外れている。

ジム改[ケラウノス所属機]

ワグテイルベース機。ケラウノスに搭載されたジム改をヴァンとロープス・アキヤマがティターンズの追撃に備えて急遽組み立てた機体。
ベースはジム改だが、パーツ不足のためジム・コマンド等のパーツを一部使用している。そのため形状はジム改から大きく変わった。ただし基本スペックは通常機と大差ない。ルシアンいわく「棄寸前のジム改を予備パーツで組み立ててリニアシートをぶち込んだだけ」。
新兵同然のヴァンはこの旧式機で当時の新機「ハイザック」を撃破してみせたが機体は中破。後に[ワグテイル]へと修された。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/12(水) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/12(水) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP