ジャック・デリダ単語

ジャックデリダ

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ジャック・デリダ1930~2004)とは、ポスト構造主義 / ポストモダンに属するフランス哲学者である。

概要

アルジェリアまれのユダヤフランス人。ルイ・アルチュセール子でもあり、ミシェル・フーコージル・ドゥルーズといったポストモダン哲学者の代表格の一人である。

デリダの思想とは他の現代思想の哲学者と同様、形上学批判にある。その中でも彼が用いた要な概念が「脱構築」であった。デリダはあくまでも、これまでの形上学の要な概念に代わる土台から新しい概念を導入するのではなく、土台はそのままにして、それを「ずらした」別の概念を導入することを論んだ。つまり、心的な発想から思考を自由解放することこそデリダの思想の根本にあったのである。

そのためにデリダは、起真理ロゴス、体、現前といった形上学を組み立ててきた概念に、差異、跡、差延、エクリチュール、戯れといった概念を対置する。そうすることで純なものや全なものを実在とする思考法からずらそうとしたのである。たとえば現前の形上学においては、体が確固として存在し、そうした具体的でありありとしたものを基本に物事を考えていく。しかし、それに対しデリダの思想は、最初にあるものは確かなものや疑いのないようなものではなく、なにかの跡であるというのだ。これは、たとえば自分で思いついたようなことでも、これまでに見聞きしたことに影されている、といったことをす。

こうした最初に差異が跡として存在する、というのがデリダの「存在」観である。つまり確固としたものなど初めからないため、「ほんとうのもの」を回復しよう、回帰しようというこれまでの哲学の発想を批判していく。現前の形上学の現前するものとその代理、例えば言葉がある対の代理をしている、といった再―現前の発想も批判していく。

そして形上学の核心にあるのはの特権、つまり話すこととして、それに対しロラン・バルトのエクリチュール、つまり書かれたものを復権させて対置する。エクリチュール、つまり書かれたものは、書く人、書かれたもの、読む人、ほかの書かれたものといったものの間に差延、つまりずれを生じさせていくような、最初から差異によって成り立っているものである。よってエクリチュールとは差異を刻み込むことである、というのがデリダである。

簡単にまとめると、デリダの思想は、同一性を批判し、差異を強調するものである。その結果民族義から距離を持ちラディカルな民主主義を志向し、政治活動にも従事していったのである。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/01(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/01(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP