今注目のニュース
紅白出場歌手AIが「マジで困ってる」ワケ 技術革新で「職が奪われる」危機に?
10人中9人が間違えている「絶対に出してはいけないゴミ」が意外過ぎる!
キャッシュレス時代に立ちはだかる「精神的な壁」 みんなの不安はドコにあるのだろう

ジャック・ラカン単語

ジャックラカン

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ジャック・ラカン(1901~1981)とは、20世紀に活動していた哲学者である。

概要

フランスの構造義に大きな影を与えた人物。実は著書は『エクリ』といくつかの論文のみで、彼の思想のほとんどが、「セミネール」の録音などをまとめたものである(実際は筆記用具、録音機器持ち込み禁止だったようだが)。

当初はジークムント・フロイトの流れをくむ、精科医であった。そんなラカンを一躍有名にしたのが「像段階論」である。幼児がに映った自分という他者を通して自己を定義するように、人間が自己を知るには必ず他者を媒介させなければならない、というものである。

そして構造義者になったラカンであったが、ラカンが用いた典的な表現として「意識は一つの言として構造化されている」というものがある。このは、フロイト的な意識の概念を、フェルディナン・ド・ソシュール言語学クロード・レヴィ=ストロースの構造義と結びつけたものである。
つまりソシュールのシニフィアンの連鎖を「構造」として理解し、フロイトの意識はその連鎖によって構造化されるというものである。

さらにラカンは、人間意識のうちに言が介入してくることを、「大文字の他者」と表現する。「大文字の他者」とは人間社会そのものを成り立たせる根底的な秩序で、人間はその規範に意識的に従わなければならないのである。ラカンはこれをネガティブにもポジティブにも評価し、後者を「人間欲望は大文字の他者の欲望である」とし、そのことが社会秩序を作るとするのである。

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/05/20(月) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/20(月) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP