今注目のニュース
「さすがに無理だよね……と思ったけど入っちゃった!」 思い出の小さなクレートに入るワンコが軟体動物みたい
めっちゃSF!アンダーアーマーが作ったヴァージンギャラクティック用の宇宙服
名古屋走りのバイク事故が不起訴から起訴に!ネット民「道交法違反だから当たり前やろ」と炎上

ジャミラ単語

ジャミラ

  • 13
  • 0
掲示板をみる(204)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(13)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ジャミラとは、人間である。

ジャミラ

イデ「ジャミラてめぇ!
人間らしい心はもうなくなっちまったのかよーっ!」

概要

棲星怪獣:ジャミラ
登場作品 ウルトラマン
サブタイトル 23
「故郷は地球」
身長 50メートル
体重 1万トン
出身地 地球

ウルトラマンにおけるジャミラ

ウルトラマンの第23話「故郷は地球」にて登場。

有人衛星実験の失敗により、惑星に不時着した元地球人の宇宙飛行士。劣悪な環境の中で救助を待つが、批判を恐れたによって事故を隠蔽され、見捨てられてしまう。

体は次第に変質して怪獣となり、自分を見捨てたをはじめとする地球人に復讐をする為、宇宙船を修理改造して地球に帰って来た。

全身がく、燥した粘土質の皮膚に覆われている。炎に耐性を持ち自らも100万度の火炎を吐くことができるが、にはめっぽう弱い体質になっている。また、首がくなっており、頭と肩が一体化している。

平和会議に出席する世界の代表の乗った飛行機や船舶を、見えない宇宙船を用いて一般人を巻き込みながら爆破し、会議の妨を図った。
会議の開催を前に控え東京に飛来したが、科学特捜隊のスペクトルα線・β線・γ線によって宇宙船を可視化されると逃亡。撃墜されて地上に出現した後も積極的に戦おうとはせず、の中に姿を消した。

一夜が明け、ジャミラは平和会議場へ進撃を開始。進路上の村を焼き払い、住民を危機に陥れた。関係な人間を巻き込んだことに憤ったイデの絶叫に一に返り立ち尽くすが、復讐心が上回ったのか、各国旗を踏み潰しながらなおも会議場へ迫った。

しかしに弱い体質がとなり、科特隊の高射砲による人工降弾、さらにウルトラマンウルトラ流を受ける。大量のを浴びたジャミラは泥にまみれ、のた打ち回りながら国旗を倒し続けて、やがて息絶えた。

ジャミラの死後、平和会議場の前に「人類の夢と科学の発展のために死んだ戦士の魂、ここに眠る」と書かれた墓が建てられた。ジャミラは地球の土に帰ることができたものの、科学特捜隊の心は晴れる事はかった。イデ隊員は振り返る者のいない墓標を見つめながら、

「犠牲者はいつもこうだ・・・文句だけは美しいけれど・・・」

とやりきれない心情を露にするのだった(尚、ここの「犠牲者」の部分は「偽善者」「為政者」と言っていた説もある)。

容赦なくを浴びせられ、悲痛なうめきをあげながらもがき苦しんで倒れるという描写は、当時の視聴者の記憶に深く刻み込まれた印的な(あるいはトラウマシーンと名高い。その時ばかりはウルトラマンの方が悪役に見えるとまで言われる程である。(この点においては、どの作品でウルトラマンは本当に正義なのか?怪獣は本当に悪なのか?」追求してきた実相寺昭雄監督の意向が大きい。また、氏はスペシウム光線を嫌っており、これまた担当したどの回で怪獣へのトドメにスペシウム光線を使用していない。)

スーパーファミコン等の格闘ゲームウルトラマンでも、倒した時のエフェクトが他の怪獣爆発する物がどだが、一ジャミラだけうめきをあげながら倒れ、クリア時のデモも他の怪獣と異なりジャミラだけ墓のシーンになっている。
アーケード版の同ゲームでは更にとどめがスペシウム光線ではなく、ウルトラ流になっている。尚、このゲームにおけるジャミラのテーマ曲もイメージに合ったレクイエムを連想させる曲調となっており、名曲とのが多い。

漫画作品「ウルトラマン THE FIRST」では大きく設定が変わっており、怪獣墓場を調していた宇宙飛行士ジャミラが、バルタン星人操るブルトンによって怪獣へと変貌した姿であるとする、後述するウルトラマンパワード版に近い設定となっている。地球には全に人間としての意識を保ったまま飛来しており、同胞である地球人からの攻撃にも抵抗を貫き、現れたウルトラマンには地球を狙うい影の存在と危険性を示唆した。しかし、そうした事情を知らないイデ隊員のマルス133を受けて……。原作と同じぐらいの悲劇的末路を辿ったジャミラだが、これを受けてウルトラマンがジャミラの念を継いで宇宙立つことになるなどその死は決して駄にならなかった(ただし、ウルトラマン宇宙に上がることも含めてバルタン星人だったのだが)。同胞である地球人を殺してしまったことになるイデ隊員はすっかりやさぐれてしまい、その後更にとんでもないことをしてしまうのだが……。

首がい外見から、シャツの首の部分を頭に被り、子供の頃ジャミラごっことして遊んだ人は数知れない(余談だが昔のモノマネ番組の定番はジャミラとスケート黒岩だった)。

棲星怪獣:パワードジャミラ
登場作品 ウルトラマンパワード
サブタイトル 第6話
宇宙からの帰還」
身長 1.8~60メートル
体重 80キロ~1万8000トン
出身地 地球

ウルトラマンパワードにおけるジャミラ

ウルトラマンパワードにも同名の怪獣(人物)が登場し体こそ近いが設定、容姿は大幅に異なる。上記のジャミラと区別するためパワードジャミラと呼ばれることが多い。

軍のジャミラ・ミラー少佐木星中にに接触し、怪獣化してしまった姿。当初は人間の人格と良心を保っていたが、徐々に浸食されて制御不能になりつつあった。地球へ来たのも、心まで怪獣になる前に一人カレンと再会するためであった。
しかし彼もまた地球人に裏切られ、自分の軍事利用をもくろむ保安局にカレンを人質にとられてしまう。怒りから全に怪獣となったジャミラは保安局員を殺パワードと戦うが、カレン必死の呼びかけによって自を取り戻す。最後はパワードに自分を殺すよう懇願し、メガスペシウム光線を受けて死亡した。初代ジャミラとべれば幾分か救いのある末路だったかもしれない。

小ネタ

関連動画

公式動画ニコニコ特撮 powered by 円谷プロ

関連静画

関連商品

関連項目

もしかしてジャミラスドラゴンクエスト6

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/24(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/24(木) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP