今注目のニュース
マキタスポーツが持論「スキンヘッドは逃げ」
男の色気がすごい!ジャンプキャラランキング
痴漢されたら「安全ピンで刺す」は正当防衛か傷害罪か?  Twitterで大論争

ジャン=バティスト・リュリ単語

ジャンバティストリュリ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ジャン=バティスト・リュリ1632~1687)とは、バロック時代のフランスを代表する作曲の一人である。

概要

もともとはイタリアのフィレンツェ出身であり、1646年にオルレアアンヌ=マリー(モンパンシエ女)のイタリア語会話の相手としてフランスに連れてこられた。

その後彼女従弟であるルイ14世の宮廷に下として仕え、才を認められてまずバレエの一員に、次いで宮廷合奏団の導者となった。

彼の演じた役割はイタリアから入ってきたオペラフランスの宮廷バレエの様式を加えたことであり、フランスバロックオペラの基礎を確立させたことである。1672年以降はほぼ毎年新作オペラ作曲していたが、最後は揮棒が足に刺さったことをきっかけに亡くなり、このあまりにもな死没理由はトリビアの泉でも紹介されることとなった。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/05/25(土) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/25(土) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP