今注目のニュース
車内ゴミだらけのドライバーが免許停止処分に(英)
アニメ「鬼滅の刃」声優・下野紘は「声のデカさならまだ2割」今後にフルパワー発揮か!?
紙くずを混ぜ続けてミニチュア包丁を作ってみた → キュウリをスパッと切断する硬く頑丈な包丁が完成

ジャン=フィリップ・ラモー単語

ジャンフィリップラモー

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ジャン=フィリップ・ラモー1683~1764)とは、後期バロック時代のフランスにおける最大の作曲である。

概要

前半生はアヴィニョン、リヨン、クレルモン=フェラン、パリ教会オルガニストを務め、「クラヴサン曲集」の作曲や18世紀のホモフォニック音楽の基礎となる『和論』、『音楽理論の新しい体系』といった著作を記した。

一方で後半生オペラのための音楽を手掛け、名を博す。1752年の「ブフォン論争」においてはイタリア側についた啓義者に対しフランスの旗頭となり、リュリ以来のフランスオペラの伝統を守ったとされる。

このように非常に多岐にわたる活動を行った彼は、クープラン同様近代フランス作曲たちに再び注されていくのであった。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/05/21(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/21(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP