ジャングルポケット単語

ジャングルポケット

5.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
この記事は曖昧さ回避です

ジャングルポケットとは、

  1. NHK教育おかあさんといっしょ内で使用された曲。1980年から使用。
    うた:宮内良(歴代のうたのおにいさんらもカバーしている) 作詞長谷川勝士 作曲福田
    歌詞は「ジャングルポッケ」だが、曲名は「ジャングルポケット」である。参照:sm5980812exit_nicovideo(削除済み)
  2. 1998年産の元競走馬、元種牡馬(2021年没)である。名前の由来は1
  3. 吉本興業所属、斉藤慎二おたけ(武山浩三)、太田博久によるお笑いトリオである。2006年結成。名前の由来は2。詳細はジャングルポケット(お笑いトリオ)参照。
  4. 2を元にした「ウマ娘 プリティーダービー」のキャラクタージャングルポケット(ウマ娘)を参照

本稿では2を記述しつつも、3についても少し解説する。


な獲得タイトルは、日本ダービージャパンカップ2001年度代表
3歳で日本ダービージャパンカップを制したのは史上初。

トニービン
ダンスチャーマー(Nureyev

僕の棲み家は栗東だ いろんな馬が棲んでいる

ジャングルポケットを略して「ジャンポケ」又は「ポケ」と呼ばれる事が多い。

あらゆるスタッフフジキセキと被る。
騎手角田晃一調教師渡辺馬主も同じなので勝負服も同じ。
フジキセキ三冠馬補と言われていたが、3歳ので故障引退した。スタッフたちはフジキセキダービーを取りたかったが、その標をジャンポケで達成した。
これにより「ジャンポケのフジキセキ」と、掲示板などでよく言われる。

いきなり飛び出すハイレベルな新馬戦

デビュー新馬戦は、後の2歳重賞タガノテイオー、この年の朝日杯を勝つメジロベイリーなどがいたレースだったが低評価ながらデビュー戦を勝利する。このレースを走った全頭は、後に全頭が勝ち上がるというとてもしいケースでもあった。

びっくり仰天・伝説のラジオたんぱ杯

2戦札幌3歳ステークステイエムオーシャンらを破り重賞を制覇した。
3戦は年末のラジオたんぱ杯3歳ステークスに出走。絶大な評判を得ていた外国産馬クロフネ、同じく1勝ながら高評価を得ていた良血アグネスタキオンに次ぐ3番人気でであった。
結果はアグネスタキオン勝利に終わり2着ジャングルポケット3着クロフネとなったが、4着以下を大きく引き離した3着のクロフネまでがレコードタイムというハイレベルな一戦となり、上位三頭ともが後に日本競馬歴史的名となった事からもそれらが対決したGⅢながらも伝説の一戦としてられる事になる。

牙を剥く同世代ライバルとの戦い

同世代に、アグネスタキオンクロフネマンハッタンカフェダンツフレームにはテイエムオーシャンといったタレントっており、この01年世代は当時、最強世代とされていた。その中では敗で皐月賞も制したアグネスタキオンが群を抜いており三冠確実と言われ、ジャングルポケットはクロフネと並んで世代2番手の評価とされていた。
しかし、アグネスタキオン皐月賞後に々に怪引退。次の補としてジャンポケvsクロフネの図式が出来上がり、日本ダービー対決することとなった。レースでは、直線で抜け出して勝。この世代のダービーとなった。クロフネは5着。この後クロフネはこの年のジャパンカップダートでものすごいレースを見せている。

密林から飛び出せ

姿はサラブレッド
だが体内に流れる血は
野獣たちのハイブリッド

オオカミの鋭さ
ピューマの俊敏さ
ハイログマの剛
獲物を狩っていく。

密林では狭すぎる。
この広大な荒れ野でこそ
彼の性は生きる

JRA 名馬の肖像 ジャングルポケットexit

家中街中大騒ぎ・世紀末覇王オペラオーとの戦い

ジャパンカップでは、当時類の強さを誇っていたテイエムオペラオーとの対決となった。レースめに抜け出したテイエムオペラオーが後続をちぎり連覇達成に思えたが、直線半ばでジャングルポケットが強襲。3着以下を3身離した一騎討ちとなったが、クビ差差し切ってジャングルポケットが勝利
世代交代劇となったこのレースJCベストレースに挙げるファンも多く、日本ダービージャパンカップ勝利を評価されて2001年度の年度代表馬いた。

4歳の戦い

4歳になった彼は、阪神大賞典2着(1着は1999年クラシック世代最後の意地、菊花賞ナリタトップロード)、天皇賞(春)2着(1着は彼と同じ世代の菊花賞有馬記念テイエムオペラオーに引導を渡したマンハッタンカフェ)とここまではよかったのだが、東京競馬場修に伴い中山競馬場開催になったジャパンカップでは*ファルブラヴの5着、引退レース有馬記念では*シンボリクリスエスの7着に沈み、これをもって引退種牡馬入りとなった。

ネタ馬ジャンポケ

ジャンポケは強さもさることながら、ネタとしてられることも多々ある。日本ダービー勝利した後のウイニングランで、観客の援に驚いてに向かって雄たけびをあげている。これは別に勝った時だけじゃなく、負けたレースの後でもいなないている。

また、走る最中にあさっての方向を向きながら走っていたり、舌をベロンベロン出しながら走ったり、走り終わった後、を血走らせながらロンパリになっていたり…

こういうエピソードが多く、これはちょっとキチガイ(ry

「みどりのマキバオー」との接点

漫画みどりのマキバオー」の主人公マキバオーと共通する点が多く、リアルマキバオーと呼ばれることもある。(トニービンで同じ。ライバルカスケード、アグネスタキオンという強いがいたことなど)

お笑い芸人の名の由来

ある俳優を志す競馬ファン青年がいた。彼は文学座を落第したため吉本興業の養成所NSCに転じる。そして2006年コンビを組もうとしていた2人の青年に加わる形でお笑いトリオを結成、そのトリオ名前に「東京では負けない」という思いを込め、この名前を借りた。

そのトリオこそが冒頭3のお笑いトリオ「ジャングルポケット」であり、「俳優を志すも、芸人としてのを歩んだ競馬ファン青年」「トリオ名前にこのの名を借りた人物」というのが斉藤慎二、そしてコンビを組もうとしていた青年というのがおたけ(武山浩三)と太田博久である。結成直後から一躍実コント師として名を馳せるようになった彼らは、活躍と同時に「(競走馬)ジャングルポケットの活躍をえられるような芸人」をし奮闘し続けてきた。その傍ら、3人それぞれがピンでも活動、特に斉藤2013年からテレビ東京「ウイニング競馬」の会を務めることとなり、競馬に本格的に携わるようになった。

種牡馬入り後

2006年から産駒デビューしている。
産駒
トールポピー('07阪神ジュベナイルフィリーズ・08オークス
オウケンブルースリ('08菊花賞
クィーンスプマンテ('09エリザベス女王杯
ジャガーメイル('10天皇賞(春)
アヴェンチュラ('11秋華賞
トーセンジョーダン('11天皇賞(秋)
・ディアドムス('14全日本2歳優駿
アウォーディー('16JBCクラシック
海外産駒にもジャングルロケット(09ニュージーランドオークス)などがいる。
GⅠを’07~'11の間に5年連続で輩出しており、トニービンの後継種牡馬として活躍している。

しかしながらその中でも父親の暴れん坊ぶりが遺伝したかのような強な個性を持った産駆も存在している。

おこれらのエピソードは決して貶しているものではなく、あくまで嬌のあるものとして捉えられている。ネタにしすぎないように注意。

数々の個性的な産駒を送り出したジャングルポケットだが、2020年シーズン後に種牡馬引退。功労となるもその年のからは体調が悪かったらしく、翌年2021年3月2日に息を引き取った。

上記のように数々のGIを送り出したジャングルポケットだがジャガーメイルは乗アウォーディーは現役中にこの世を去ってしまい、後継種牡馬となったのはオウケンブルースリトーセンジョーダンの2頭のみ(このほかに上記の通りフサイチホウオー種牡馬になっているが、産駒が4世代合計33頭しか血統登録されておらず、その後継種牡馬もいない)。

そのオウケンブルースリは初年度である2013年は十数頭のみで2年産駒から重賞1頭が出たものの、2020年には種付けが2頭のみとなってしまっている。しかもそれが最後となり2023年1月に用途変更(種牡馬引退)で、功労として余生を送ることになった。
トーセンジョーダンは初年度である2015年から4年続けて100頭近くを集めたものの全く活躍出来ず、2019年には30頭、2020年には遂に0頭となってしまい、2021年からはトーセンの馬主が所有するエスティファームのプライベート種牡馬になるなど、現状後継を継ぐのはかなり苦しい状態になっている(2023年3月現在、一番の稼ぎ頭がグレイトフルステークス(3勝クラス)を勝ち上がってオープン入りし、ダイヤモンドステークス3着に入ったシルブロンであり、重賞常連といったは現状出ていない)。

なお、上記のお笑いトリオは死の報に際し追悼するコメントツイッターで出した。
斉藤慎二ラストクロップの落札に挑戦する企画の契機となり、「ハロウィーンの2020( エルコンドルパサー)」を落札した。名は持ちネタに因んで「オマタセシマシタ」とした。

血統表

*トニービン
1983 鹿毛
*カンパラ
1976 黒鹿毛
Kalamoun *ゼダーン
Khairunissa
State Pension *オンリーフォアライ
Lorelei
Severn Bridge
1965 栗毛
Hornbeam Hyperion
Thicket
Priddy Fair Preciptic
Campanette
*ダンスチャーマー
1990 黒鹿毛
FNo.11-g
Nureyev
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Special Forli
Thong
Skillful Joy
1979 栗毛
Nodouble Noholme
Abla-Jay
Skillful Miss Daryl's Joy
Poliniss

クロス:5代内アウトブリード

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/04/02(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2023/04/02(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP