ジャングルポケット単語

ジャングルポケット

  • 3
  • 0
掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
  1. ジャングルポケットとは、1998年産の元競走馬現在は種である。
  2. ジャングルポケットとは、NHK教育おかあさんといっしょ内で使用された曲。
    うた:宮内良(歴代のうたのおにいさんらもカバーしている) 作詞長谷川勝士 作曲福田
    歌詞は「ジャングルポッケ」だが、曲名は「ジャングルポケット」である。参照:sm5980812exit_nicovideo
  3. ジャングルポケットとは、吉本興業所属のお笑い芸人である。2007年結成。

本稿では1を筆記する。


な獲得タイトルは、日本ダービージャパンカップ2001年度代表

3歳で日本ダービージャパンカップを制したのは史上初。

トニービン
ダンスチャーマー(Nureyev

概要

ジャングルポケットを略して「ジャンポケ」又は「ポケ」と呼ばれる事が多い。

あらゆるスタッフフジキセキと被る。
騎手角田調教師が渡辺も同じなので勝負も同じ。
フジキセキ三冠馬補と言われていたが、3歳ので故障引退した。スタッフたちはフジキセキダービーを取りたかったが、その標をジャンポケで達成した。
これにより「ジャンポケのフジキセキ」と、掲示板などでよく言われる。

ハイレベル

デビューの新戦は、後の2歳重賞タガノテイオー、この年の朝日杯を勝つメジロベイリーなどがいたレースだったが低評価ながらデビュー戦を勝利する。このレースを走った全頭は、後に全頭が勝ち上がるというとてもしいケースでもあった。

伝説ラジオたんぱ

2戦札幌3歳ステークスでテイエムオーシャンらを破り重賞を制覇した。
3戦は年末のラジオたんぱ杯3歳ステークスに出走。絶大な評判を得ていた外クロフネ、同じく1勝ながら高評価を得ていた良血アグネスタキオンに次ぐ3番人気でであった。
結果はアグネスタキオン勝利に終わり2着ジャングルポケット3着クロフネとなったが、4着以下を大きく引き離した3着のクロフネまでがレコードタイムというハイレベルな一戦となり、上位三頭ともが後に日本競馬歴史的名となった事からもそれらが対決したGⅢながらも伝説の一戦としてられる事になる。

・同世代ライバルとの戦い

同世代に、アグネスタキオンクロフネマンハッタンカフェダンツフレームにはテイエムオーシャンといったタレントっており、この01年世代は当時、最強世代とされていた。その中では敗で皐月賞も制したアグネスタキオンが群を抜いており三冠確実と言われ、ジャングルポケットはクロフネと並んで世代2番手の評価とされていた。
しかし、アグネスタキオン皐月賞後に々に怪引退。次の補としてジャンポケvsクロフネの図式が出来上がり、日本ダービー対決することとなった。レースでは、直線で抜け出して勝。この世代のダービーとなった。クロフネは5着。この後クロフネはこの年のジャパンカップダートでものすごいレースを見せている。

世紀末覇王オペラオーとの戦い

ジャパンカップでは、当時類の強さを誇っていたテイエムオペラオーとの対決となった。レースめに抜け出したテイエムオペラオーが後続をちぎり連覇達成に思えたが、直線半ばでジャングルポケットが強襲。3着以下を3身離した一騎討ちとなったが、クビ差差し切ってジャングルポケットが勝利
世代交代劇となったこのレースJCベストレースに挙げるファンも多く、日本ダービージャパンカップ勝利を評価されて2001年度の年度代表いた。

ネタジャンポケ

ジャンポケは強さもさることながら、ネタとしてられることも多々ある。日本ダービー勝利した後のウイニングランで、観客の援に驚いてに向かって雄たけびをあげている。これは別に勝った時だけじゃなく、負けたレースの後でもいなないている。

また、走る最中にあさっての方向を向きながら走っていたり、舌をベロンベロン出しながら走ったり、走り終わった後、を血走らせながらロンパリになっていたり…

こういうエピソードが多く、これはちょっとキチガイ(ry

・「みどりのマキバオー」との接点

漫画みどりのマキバオー」の主人公マキバオーと共通する点が多く、リアルマキバオーと呼ばれることもある。(トニービンで同じ。ライバルカスケード、アグネスタキオンという強いがいたことなど)

産駒達

2006年から産駒がデビューしている。
な産駒
トールポピー('07阪神ジュベナイルフィリーズ・08オークス
オウケンブルースリ('08菊花賞
クィーンスプマンテ('09エリザベス女王杯
ジャガーメイル('10天皇賞(春)
アヴェンチュラ('11秋華賞
トーセンジョーダン('11天皇賞(秋)
・ディアドムス('14全日本2歳優駿
アウォーディー('16JBCクラシック
海外の産駒にもジャングルロケット(09ニュージーランドオークス)などがいる。
GⅠを’07~'11の間に5年連続で輩出しており、トニービンの後継種として活躍している。

 

しかしながらその中でも父親の暴れん坊ぶりが遺伝したかのような強な個性を持った産駆も存在している。

 

これらのエピソードは、決して貶しているものではなく、あくまで嬌のあるものとして捉えられている。

 

血統表

*トニービン
1983 鹿
*カンパラ
1976 鹿
Kalamoun *ゼダーン
Khairunissa
State Pension *オンリーフォアライ
Lorelei
Severn Bridge
1965 
Hornbeam Hyperion
Thicket
Priddy Fair Preciptic
Campanette
*ダンスチャーマー
1990 鹿
FNo.11-g
Nureyev
1977 鹿
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Special Forli
Thong
Skillful Joy
1979 
Nodouble Noholme
Abla-Jay
Skillful Miss Daryl's Joy
Poliniss

クロス:5代内アウトブリード

関連動画

 

関連商品

 

関連コミュニティ

 

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/12(月) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/12(月) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP