今注目のニュース
艶やかな彩りが美しい『着物女子』イラスト特集
『サルゲッチュ3』Any%RTAの世界記録を大幅更新! テンポよく行われる世界最速のピポサル捕獲が美しすぎる
村人の成人ほとんどが腎臓が1つしかない、ネパールの腎臓村

ジャンプ放送局単語

ジャンプホウソウキョク

  • 2
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ジャンプ放送局』とは、かつて週刊少年ジャンプに連載されていた読者投稿コーナーである。略称JBS。

ジャンプ黄金期を支えた名物コーナー

概要

1982年から1995年にかけて週刊少年ジャンプのトリを担当し続けたコーナー。基本毎週6ページ

中期以降は放送局長さくまあきらを始め、イラスト担当・どいん(土井孝幸)、レイアウト担当・えのん(榎本一夫)[1]アシスタント貧乳ちさタロー(横山智佐)の四名は、長期間同じメンバーだった事もあり、読者の印に根強く残っている。他にも漫画家鈴木みそや都も局員だった時期がある。

この他、アシスタントショッカーO野や、元・投稿戦士錯乱坊主は『桃太郎電鉄シリーズで名前を確認することができる(後者スタッフロールで)。また、新桃太郎伝説では、イベントで登場するキャラクタ投稿者の名前が付けられている。

毎回決められたコーナーに対してハガキ投稿を募集し、掲載されると各コーナーごと定められた得点を獲得。半年間のチャンピオンレースで最も得点を稼いだ投稿戦士が優勝し誌上インタビュー権が与えられた。ランキング上位10名も半年に1度発行される単行本にプロフィールを掲載する事ができる。

人気にともない、ハガキも大量に投稿されるようになった[2]が、さくまあきらの体調不良により惜しまれつつ1995年12月に終了となった。

2010年8月30日ニコニコ動画で『さくまあきらアワー ~帰ってきたジャンプ放送局~』が放送された。

主なコーナー

奇特人間大賞

身の周りの変わった人をネタとして投稿するというもの。NG大賞と並び特に人気が高かったコーナー。余談だが、奇特というのは本来は変わった人の意味ではない。

ホビーにくびったけ!

プラモデル野球盤、UNOなど、おもちゃに関する妙な言動やゲームあるあるネタにするコーナースーパーファミコンの普及にともない、後期には「ゲームにくびったけ!」というコーナーも生まれた。特に新作ソフト発売後はそのタイトルに関するツッコミネタが集中し、さくまが手がけた「桃太郎シリーズ」となると、さくまコメントでちょっとした裏話や小ネタを披露する事が多かった。

TVいちゃもんいっちゃうもん→いちゃもんTV

テレビ番組やCMに対してオーバーな演出やドラマ細な設定にツッコミを入れるコーナー。番組最初期から最後まで人気を集めた。単行本11巻から「いちゃもんTV」に題。

恐怖のNG→NG大賞

意味不明!好き勝手!何でもアリ!ということで特にテーマコーナー。隣のハガキを牽制するネタもプチ名物化した([このハガキつまんねーな→][←オレのハガキだー!]など)。最初期は「恐怖のNG」というタイトル意味不明すぎるハガキ誤字脱字、字が汚いハガキコーナーであった。

ドラゴンボール大特集!!

当時連載していた『ドラゴンボール』。JBSでもこの漫画ネタにした投稿が多かった為に、NG大賞から単独コーナーとして独立した。単行本では毎回「鳥山先生ごめんなさい!」と謝っている。漫画の一コマセリフパロやベジータの変装に人気が集中した。ちなみにセルゲームあたりで終了しており、パロディの域を越えていた事情もあったようだ。

ミスJBSコンテスト

男子諸君のの保養コーナー。毎回テーマを設け、美少女イラストを募集。ハイレベル投稿ハガキの中に、こっそりカオスイラストを混ぜるのも定番化している。ハイレベル投稿(中にはこのコーナーのみの常連がいたほど)を惜しみ、さくまJBS終了後に自費出版でこのコーナーを発展させた雑誌を作った。中にはプロを歩んだ者までいる他に、プロの業界人がこっそり投稿していた事もある。「桃太郎シリーズ」名物の「女風呂」のグラフィックはここの常連が協していた事でも有名。

わくわくだじゃれランド

毎回決められたお題に対し、ダジャレを毛筆でハガキに殴り書きをして投稿する。ダジャレの面さよりも毛筆で書かれたしょうもないダジャレバカバカしさを楽しむコーナーであった。

華麗なる一瞬

○○な一○○○○○な時」という形式で日常あるあるな一を考える文章ネタコーナー投稿レベルが非常に高く、常連の採用率が高かった。大人コーナーだったがネタ切れで惜しまれつつ終了。

路傍の立て札

所謂三段オチ。最初に題名を書き、1つめ2つめは普通の事を書き3つめで落とす。これも常連の採用率が高いコーナーだった。現在ジャン魂Gで行われているコーナー「万物の三本柱」の元ネタ

活字の体操

文字だけでイラストや情を作り上げるアスキーアートの元祖のようなコーナー大人コーナーであったが、レイアウト担当のえのんの作業量があまりにも膨大だったために惜しまれつつ終了。

ほんのチョイ係

所謂普通のお便り、JBS最終ページの上半分を使い、投稿者の近況報告や、スタッフへの質問が行われたり、「○○シリーズ」と題して、コーナー化をした投稿が取り上げられたりした。
実際に、世間ではあまり印がよくない芸人をほめ倒す「判官びいきシリーズ」が、「の人々」としてコーナーへ昇格した例もある。 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ジャンプ放送局に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *余談であるが、ドラクエロゴも作成している。
  2. *ピーク時には週に4万枚を集めた。このサイトexitによる

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2013/11/24(日) 02:38:03 ID: DHaWJi4/i6

    ポルノ映画監督が一時期アシやってたのはなかったことになってるのかね

  • 8ななしのよっしん

    2016/01/31(日) 18:48:26 ID: a7LbIo3/HB

    榎本さん単体の記事がなかったからここに
    えのんのニュース見て本家えのんさんどんな気持ちなんだろう

  • 9ななしのよっしん

    2016/07/12(火) 14:36:37 ID: LNY2+sX+iD

    ネット社会前の少年ネタ投稿ものとしては本当に面かった
    ミスJBSコンテストさくまあきらが開始初期に「絵の準が低いから向上させるために絵だけでやっちゃおう」だったらしいものがこれまた大人気とかね(そして論見通りに絵のレベルも格段に上がった)

    これが終わったあとに少ししてネット社会が到来するから取って代わった感じ(特に文字投稿ものがそれ)
    そのせいかこの跡継ぎはこれほど長くは続いていない(=人気がなかったではない)
    やはりこれは偉大だったんだな

    あとここの投稿職人からちゃんの仮装大賞常連→実者もいたねぇ。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/15(金) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/15(金) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP