今注目のニュース
どこから飛んできたの... 台風翌日の駐輪場に、巨大な「ま」が落ちていた
明日から明後日 台風被災地では被害の拡大に警戒
古いクルマのファン悲鳴! 旧車パーツの価格が高騰し続ける理由とは

ジャン・ピエール(銀河英雄伝説)単語

ジャンピエール

  • 0
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ジャンピエールとは、小説銀河英雄伝説』に登場する人名である。

ヘイ、ジャンピエール地獄お前に媚を売っている
ヘイ、ジャンピエールお前に似あうのは偽りの微笑
ヘイ、ジャンピエール魔王をとじこめた地獄の氷をくだいて
ヘイ、ジャンピエールお前のグラスにうかべよう……

田中芳樹銀河英雄伝説外伝 ユリアンのイゼルローン日記796年12月6日分より

概要

外伝ユリアンのイゼルローン日記」内、796年12月6日の記事において、書き手であるユリアン・ミンツオリビエ・ポプランから教えてもらった「女の子たちが歌っている歌」に登場する名前。

歌われているこのジャンピエールという名前の持ちは、西暦時代に実在した宇宙の放浪者だったという。ポプラン当人もはっきりしたことを知らなかったが、彼く「おれみたいに」とにかく女にもてた人物とのことで、10個以上の惑星ジャンピエール最期の地であるとしているようである。その後はポプランの自慢のだしになっただけなので省略

『長い夜の見張り』における「ジャン・ピエール」

ジャンピエール」の名は、実は『銀河英雄伝説』に先立つ1981年に発表された田中芳樹の短篇作品『長いの見り』にも登場している。しかも「ユリアンのイゼルローン日記」同様の歌の歌詞に含まれる形で、である。

ヘイ、ジャンピエール地獄お前に媚を売ってる
ヘイ、ジャンピエールの輪はお前にゃ似合わない
ヘイ、ジャンピエール魔王を閉じこめた地獄の氷を砕いて
ヘイ、ジャンピエールお前杯に入れよう……

田中芳樹『長いの見り』(『炎の記憶 田中芳樹初期短編集成2』所収)より

のちの「ユリアンのイゼルローン日記」にべ、第二行の変化のほかは僅かに表現が異なる程度の違いしかないこの歌詞は、『長いの見り』の主人公サカキ中佐が「部隊で流行している歌」として唱うかたちで登場する。

『長いの見り』は設定からして明確に『銀河英雄伝説』と世界観を異にする作品であるため、両者のジャンピエールのあいだに直接の関係はなく、「ユリアンのイゼルローン日記」執筆にあたってこの「ジャンピエール」の歌のみが流用されたものとみられる。

『懸賞金稼ぎ』におけるジャン・ピエール

さらに『長いの見り』よりも前の1978年豊名義で発表された短篇懸賞稼ぎ』にも、ジャンピエールの名が登場している。こちらは歌ではなくれっきとした要登場人物としてであり、『銀河英雄伝説』のジャンピエールとの明示的な関連性は更に薄くなるが、作中設定や描写など、どこか『銀河英雄伝説』で僅かにられるジャンピエールとの関係を感じさせるものとなっている。

懸賞稼ぎ』でのジャンピエールは、舞台となるパラス系の第二惑星ガゼリオン地上車の運転手をしている15歳少年として登場。フルネームジャンピエール・フレモン(作中では通常ジャンピエールとのみ表記される)、レグルス系第三惑星イオリスに生まれ、明るい色の磁色の瞳、そして「デリケートな造作」と表現される容貌を持つ美少年である。彼はガゼリオン費を稼いでいつか地球に行くことを夢としており、物語の最後で宇宙へと飛び立つことになる。

作中の台詞から、この『懸賞稼ぎ』は西暦2610年ごろのことであることが読み取れるが、『銀河英雄伝説』で西暦2610年といえば地球統一政府の時代、恒星間移住を進めた人類の生存権拡大が半径90光年強で全に停滞状態に陥り、地球経済的搾取を受ける各植民惑星の中で反地球機運が高まっていく時期のこととなる。また、『懸賞稼ぎ』作中にはプロキシ系第五惑星プロセルピナ」という地名が登場するが、『銀河英雄伝説』においても地球支配を打倒した”ラグラン・グループ”が初めて会同したとされる中立地帯の名がプロキシマ系第五惑星プロセルピナ」であるなど、のちの『銀河英雄伝説』で背景としてられる西暦時代と合致するような内容が多い[1]

補遺:初期の田中芳樹作品と『銀河英雄伝説』

この際述べておくと、この時期の田中芳樹豊)の短篇には、他にも『銀河英雄伝説』でられる西暦時代末期を思わせる描写が少なからず存在する。処女原に……』1978年)の時点ですでに名のみ登場する「プロキシマ第五惑星プロセルピナ」は、つづく黄昏都市(同前)では独立するシリウスと宗地球とのあいだで日和見的な位置にあることがられる。戦場想曲』1984年[2])は、生産を失いながらも植民惑星政治的・経済的に支配する地球により脅威に仕立てられたシリウス地球戦争中を描いた作品である。

これらは、『黄昏都市』が西暦2701年を舞台としている(『銀河英雄伝説』では2689年の時点で地球シリウスを討っている)、『戦場想曲』での戦争のきっかけは2388年のプロキシ民族義新政権の「脱地球化」宣言であるなど、『銀河英雄伝説』との細かい相違点はあるものの、おおまかには『銀河英雄伝説』の前史と同様である。このことは『炎の記憶 田中芳樹初期短篇集成2』の解説(末による)にも、「描かれた未来歴史は、『銀河英雄伝説』における銀河帝国自由惑星同盟の成立にいたるプロセスに近い」と触れられている。

余談

ジャンの由来は聖書に登場するヨハネで、これをフランス語読みしたものがジャンである(英語ではジョンドイツ語ではヨハンロシア語ではイワン)。ピエールもまた、聖書のペトロフランス語読みしたものである(英語でピーター、ドイツ語でペーター、ロシア語でピョートル)。

いずれも聖書由来ということもあり、フランス語圏の男性名として、現実・架ともに割と見られる名前であるが、現在ニコニコ動画ジャンピエールという名前に関連する人物で、恐らく最も関連動画が多いのは、以下のキャラクターであろう。なお、銀河英雄伝説とは別作品の、架キャラクターである(詳細はリンク先を参照)。

ジャン・ピエール・アンドレイ・ジョセフド・シャトー・ブリアンヌ

関連動画

関連商品

懸賞稼ぎ』『原に……』『黄昏都市』は『原に……』、『長いの見り』『戦場想曲』は『炎の記憶』に所収。

関連項目

脚注

  1. *余談ながら、系名の「パラス」もウォリス・ウォーリックの出身惑星として同じ名が出ている(由来はギリシャ神話か)が、こちらは同盟領内の惑星であり、たとえ『懸賞稼ぎ』が『銀河英雄伝説』と世界観を共有する作品であるとしても、同一の土地である可性は低い。
  2. *西暦時代末期られた『銀河英雄伝説』6巻飛翔篇は1985年

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2017/11/23(木) 23:21:54 ID: ErEGB+GxCe

    銀河英雄伝説)ついてるんだし、余談いらなくない?

  • 7ななしのよっしん

    2018/02/11(日) 09:16:02 ID: hduX3hvxJm

    いるわ何いってんだ
    こういう資料のなんと重なことか

  • 8ななしのよっしん

    2018/02/11(日) 13:44:33 ID: ErEGB+GxCe

    >>7
    勘違いしてるみたいだけど、最後の名前の由来が聖書~とかのところのことよ

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 04:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP