今注目のニュース
片岡愛之助、地方公演も愛車で移動 妻・藤原紀香の運転は「非常に怖い」
『24時間テレビ』芦田愛菜の司会スキルに驚きの声 「マジか…」
新品の鉛筆入れを捨てた娘 激怒した母が代わりに与えた物とは…

ジュラキュール・ミホーク単語

ジュラキュールミホーク

掲示板をみる(124)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ジュラキュール・ミホークとは、「ONE PIECE」の登場人物である。

CV青野武掛川裕彦

タグ検索ミホーク or ジュラキュール・ミホーク or 鷹の目 or 鷹の目のミホークexit_nicovideo

概要

通称「のミホーク」。その異名が示すとおり、のような鋭い付きが特徴。

王下七武海の一人にして、世界最強称号を持つ男。

能力

作中の強者の中ではしく、悪魔の実を持っていない。もしくは持っていたとしても明らかにされていない。
また、ほぼ単独で行動しており、仲間らしき人物が登場したことも今のところない。

世界最強士だけあって、技のみで敵をねじ伏せる。とは言っても、撃が遠くの敵まで届いたりと「技」の域をえているような気もするが。

武器は最上大業物十二工の一振りである」。ミホークはそれを『世界最強』と称している。

作中にて

以下の内容はネタバレを含みます。

東の海(イーストブルー)編

暇つぶし」に首領・クリーク率いる50隻の海賊艦隊をたった一人で壊滅させ、命からがら逃げ出したクリーク及び本船を東のまで追ってくる。

そこでロロノア・ゾロに勝負を挑まれるも胸の飾りに付けている消しゴム大の非常に小さな小一本で圧勝。しかし最後にはゾロの心の強さを認め、士としての礼儀を込め背中を抜したうえで、義を破り、より強くなるようにを飛ばした。

そして自身は「充分に楽しんだ」として、当初の的であったクリークの首を取らずに帰還する。

アラバスタ王国編後

七武海クロコダイルの後任を決める会議に出席。もっとも会議に参加するつもりはなく、傍観希望者としてやってきたとのこと。

マリンフォード頂上戦争編

軍の召集に応じ、戦争に参加。

この場にて初めてルフィと本格的な戦闘を行う。終始ルフィを圧倒するも、ビスタの妨によりルフィを逃してしまう。

頂上戦争後

戦争を終え拠点としているに戻ると、そこでバーソロミュー・くまによって飛ばされてきたゾロと再会。

強くなりたいというゾロの覚悟を認め、2年間稽古をつけた。

修業内容全ては明らかにされていないが、回想シーンを見た限りでは非常に厳しかった模様で、この修業でゾロは片を失明しているほか、覇気をう修業においてはを折られたことがあるかをねた後に「覇気をえば如何なるをもとなる」と説き「毀れすらも己の恥と思え」と教え、体得できるまでは一滴のも許さない禁を課すなど心身共に鍛え上げていた模様。

語録

「ヒマつぶし」

「おれはうさぎを狩るのに全を出すバカケモノとは違う」

「『柔』なきに強さなどない」

「井の中のえしよ 世の広さを知るがいい」

「何を背負う 強さの果てに何を望む 弱きものよ」

「そう、それが敗北だ」

「生き急ぐな………!!若き…!!!

「猛る己が心挿してこのを越えてみよ!!!
 このおれを越えてみよロロノア!!!」

「さて 運命よ…あの次世代の申し子の命
 ここまでかあるいは…このからどう逃がす………!!!」

不器用お前のような男がプライドを捨てるときは必ずかの為だと決まっている」

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/26(月) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/26(月) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP