今注目のニュース
「時間がない!」と言う人はお金が貯まらない!?
ストロングマニアが語る「ストロングゼロが女性に最高の酒」である5つの理由
マニア3人がハマった!大人が一生楽しめる「ボードゲーム」をガイド

ジョホールバルの歓喜単語

ジョホォルバルノカンキ

掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ジョホールバルの歓喜とは、1997年11月16日マレーシア・ジョホールバルにおいて行われた98フランスW杯アジア第3代表決定戦であり、日本代表ワールドカップ初出場を決めた試合である。

ジョホールへ至る道

あれから、4年の歳が流れました。

胸に宿るものが、今、この間に燃え上がろうとしています。

国立競技場に吹いているのは西からの湿り気を含んだ

かにフランスを思いながら、長い戦いの始まりです。             

                                        NHKアナウンサー 山本

ドーハの悲劇から4年、日本代表加茂周を監督に迎え、再びW杯最終予選に挑むこととなった。
初戦のウズベキスタン戦は三浦知良の4ゴールを含む6-3で大勝し、幸先の良いスタートを切る。

かしこの時、まさか本当に「長い戦い」となるなど、まだも予想していなかった。

アウェーのUAE戦を0-0の引き分けに終え、続く韓国との第3戦、山口ループシュートで先制したものの、その後逆転され1-2で敗北。この時点でグループリーグ1位突破が絶望的となった。
そしてアウェーでのカザフスタン戦、1点リードで試合を進めたものの、試合終了間際に同点に追いつかれ1-1の引き分け。
この試合直後、JFA加茂監督の更迭を発表、当時ヘッドコーチを務めていた岡田武史監督に就任した。

岡田監督の代表初試合となったアウェーのウズベキスタン戦では、先制点を挙げられるも、同年日本帰化した呂ワグナーの同点ゴールで引き分けに持ち込み、次の試合に望みを繋いだ。
しかし、続くホームでのUAE戦でまさかの引き分け。この時点で韓国1位でのW杯出場を決め、同時に日本の自での2位からのプレーオフ出場の可性が消滅した。
(当時のアジア出場は3.5であり、グループA・Bの2位チーム同士が第3代表決定戦で出場を争う方式だった)

全に後がなくなってしまった日本代表であったが、ここから奇跡の快進撃が始まる。
アウェーの韓国戦において名波浩と呂須のゴールにより2-0で勝利、翌日にUAEが引き分けたため、日本が逆転で2位に浮上した。しかしこの試合中、三浦と呂須が次の試合に出場できなくなってしまう。
そこで岡田監督は2人の選手を追加招集した。中山雅史高木也である。両者は監督の期待に見事に答え、カザフスタン戦で両者共にゴールを決める活躍を見せた。

この試合で5-1で勝利した日本グループB2位通過を確定させ、アジア第3代表決定戦への出場権を得た。
相手はグループAの強豪国イランである。

ジョホールバルの激闘

スコールに洗われたジョホールバルピッチの上に、

フランスへのを開ける一本の鍵が隠されています。

ラルキン・スタジアムのこの芝の上で、日本代表はその鍵を必ず見つけてくれるはずです。

                                         NHKアナウンサー 山本

決戦舞台マレー半島最南端の都市、ジョホールバル日本はもとよりマレーシアシンガポールインドネシアといった近隣諸からも数多くのサポーターが詰めかけた。筆者のもこの試合をメインスタンドで観戦している。

この試合に勝てばW杯出場決定。負ければオセアニアグループ1位オーストラリアとの大陸プレーオフに回ることとなる。

日本代表スターティングメンバーは以下の通り。

前半39分、中田スルーパスから中山が先制ゴールを決め、前半を終える。
後半に入ると試合はイランペースとなり、開始25アジジに同点ゴールを決められ、14分にはアリ・ダエイのヘディンシュートで一気に逆転されてしまう。
そして後半18分、岡田監督は思い切った作戦に出る。中山三浦を同時交代させ、二、呂ワグナーを投入。
この時、三浦が「えっ??」と自分を差したシーンは、その後の代表落選と並ぶ印的な場面として名高い。
そして後半31分、中田クロスからが頭で合わせて同点、そのまま試合は終了し、決着は延長戦(Vゴール方式。どちらかが1点取ったら決着)にもつれ込むこととなった。

そして歓喜へ

「このピッチの上、円を組んで、今、散っていった選手たちは、

私たちにとっては『彼ら』ではありません。これは、『私たち』そのものです」

                                         NHKアナウンサー 山本

迎えた延長戦、岡田監督MF北澤に変えてFW岡野行を投入。
日本代表に選出されながら、ここまで1度も出場機会のなかった岡野。ここに来てまさかの投入である。

その期待に答えるため岡野は全で走った。しかしGKと1対1の場面において出した中田へのパスをカットされたり、フリーの状態でシュートを撃つが宇宙開発に終わったりとあと少しの差で決まらない。

一方イラン代表もここまで来たら負けられないと言わんばかりに猛攻を見せる。
後半12分にはクロスボールからダエイが猛シュートを放つも、ボールバーの上を通過、場内は安堵のため息に包まれた。

このままPK戦かと思われた後半13分、呂須が奪ったボール中田が一気にゴール前まで持って行き、シュート

しかしシュートキーパーに弾かれる。

そして、そこに走りこんでいたのは、岡野だった。

「やったーーーーー!!」

                                 フジテレビ中継サッカー解説 清水

後に岡野は「ここで外していたら日本に帰れないと思った」とっている。

備考

関連動画

フジテレビ版(実況長坂哲夫 解説:清水

NHK版(実況山本浩 解説:松木安太郎

闘の記録

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP