ジョンガリ・A単語

ジョンガリエー

4.1千文字の記事
掲示板をみる(98)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ジョンガリ・A(じょんがり・えー)とは、漫画ジョジョの奇妙な冒険」の空気の流れを読む事に定評のある登場人物である。

CV日野聡テレビアニメ版)

この記事が大百科に出来上がった時、オレのニコニコはようやく始まるッ!我が「アカウント」を失った復讐には、決着をつけなくてはならないッ!

A

グリーンドルフィンストリート刑務所男子監の囚人。6部序盤にて敵営の最初の刺客として登場し、空条徐倫空条承太郎子と対峙した。
単行本2~3巻に登場。

同作第1部・第3部ボスキャラDIOの狂信的な元部下で、空条承太郎DIOを倒した恨みから20年以上に渡り復讐の機会を待ち続けていた。
DIOの生前の友たるエンリコ・プッチホワイトスネイク)と共謀して、承太郎である徐倫実の罪を着せ、悪徳弁護士し向けて刑務所へ収監させるよう中から手引きしていた。自身が役していたのも意図的なものであり、収監された徐倫とその救出に来るであろう承太郎ともども刑務所内で始末を試みた。

元軍人という経歴を持ち、速20mの中でも狙撃を成功させた凄腕のスナイパーである。
内障を患っており視盲目同然の状態ではあるが、空気の流れから周囲の状況を感じ取る事ができ生活や狙撃に支障はい。盲目者用に偽装して、刑務所内でも狙撃ライフルを常時携帯している(この隠し方は『ジャッカルの日』のオマージュであると思われる)。
この狙撃術と後述の狙撃衛星たるスタンドマンハッタン・トランスファー」を合わせ、ターゲットに正確に弾丸を命中させる戦法をとる。

性格は基本的に寡黙で冷静だが、戦闘において予想外の事が発生したり、子への復讐絡みでは感情的になる場面が見られる。徐倫への必殺の狙撃時は『発射(シュートァ―――)ッ!』と叫んでいた。

元軍人という経歴やDIOに対する並々ならぬ忠心、また多重幻覚を繰り返すバトルの難解さなどの要素から、出番が少ないにも関わらず読者記憶に残るキャラである。

名前の由来は、イギリスファッションデザイナーもしくはそのブランドの「John Galliano(ジョンガリアーノ)」から。

なあ…オレの作中での顛末…知らないか?

いきなり全裸シャワーシーンで初登場し、そこで看守より承太郎徐倫の面会で刑務所へやってきた事を教えられると、子を殺すべく、ズボンの前と後ろを間違えながら行動開始する。
持ち前の狙撃術と弾を中継するスタンドで、離れた建物にいながら面会室にいる2人を的確な狙撃で追い詰めるが、の協者(エンポリオ)の思わぬ加勢で機械室へ逃げ込まれる。
それでもスタンドによる遠隔把握と正確狙撃エンポリオ行動を封じ、エンポリオうため向かってきた徐倫に照準を定め、ついにを撃ち抜いた。…かに思われたが、徐倫の機転により室内の一部間にはガスが充満しており、空気とは違う気流の読み誤りによって弾丸は外れていた。狙撃の失敗に動揺した一の隙を突いて徐倫の渾身の一撃がスタンドブチ込まれ、再起不能リタイア)となった。

 

・・・というを見たのさ!

 

戦闘後に駆け付けた承太郎の言動のつじつまの合わなさに違和感を覚える徐倫。ふとが覚めると前述の戦闘は全て幻覚だったことが判明する。
胃袋の中のごとくドロドロしたものに満ち身動きが取れない面会室の中で、「ジョンガリ・Aのスタンド狙撃反射・把握ではなく、幻覚拘束」だと確信し、どうにかを振り絞ってストーン・フリーで同じく幻覚に囚われていた承太郎を覚まし、承太郎スター・プラチナを破壊して面会室からの脱出に成功する。

 

・・・というを見たのさ!

 

徐倫が知らないはずの「スター・プラチナ」の名を口走った事に違和感を覚える承太郎。ふとが覚めると面会室の中で子ともどもドロドロに拘束された状況から何も変わっていなかったことが判明する。
承太郎は対面に座る徐倫スター・プラチナでブッ飛ばしにぶつけるという力技で面会室を脱出。脱出した徐倫達の前に、今度は看守に変装したジョンガリ・Aが自ら立ち塞がる。
しかし徐倫の頭上に幻覚の中で勝手に内で創り出したはずのジョンガリ・Aのスタンドが浮遊していることに違和感を覚える承太郎。また幻覚なのか!?

 

・・・というを見たのさ!ところがどっこい‥‥‥‥夢じゃありません‥‥‥‥!

 

明らか弾反射のためにスタンドに向け発するジョンガリ・Aを見て確信する承太郎スタンドは基本的に1体1。これは幻覚ではない・・・敵は『2人』いたッ!
承太郎スター・プラチナでどうにか徐倫に向けられた弾の対処に成功するが、うために「一手」遅れた隙を突かれ、潜んでいたもう1人の敵ホワイトスネイクスタンド化されてしまう。

ジョンガリ・Aとホワイトスネイクは、ここで一応の最終的である「承太郎記憶スタンドDISC化して奪い取る」事に成功し、ホワイトスネイクは一時戦闘から脱出する。
あとは残された徐倫をジョンガリ・Aが撃ち抜くのみだったが、ノーマークだった徐倫覚醒したばかりのスタンドストーン・フリー」の予想外パワーには対処しきれず、糸の弾を全てかわされた挙句、受け継がれた必殺のオラオララッシュ叩き込まれ、今度こそ本当に戦闘不能となった。

ボコボコにされたものの辛うじて息があったジョンガリ・Aは、のちに戻ってきたホワイトスネイクに助けをめるが、口封じのため自らので撃ち抜かれ、死亡・退場となった。

風が「蝿」の動きだ

マンハッタン・トランスファー
 【破壊:E / スピード:E / 射程距離:A / 持続:A / 精密動作性:A / 成長性:C】

ジョンガリ・Aのスタンド。木の葉のような小さいUFOのような、独特のフォルムをしている。

本体であるジョンガリ・Aが発射したライフルの弾丸を、狙撃の中継衛としてターゲットへ向け反射させ命中させるを持つ。スタンド自体に攻撃は全くく、弾丸の射線上をに舞う木の葉のようにフワフワと漂っているのみである。喋らないセックス・ピストルズのようなとも言える。

スタンド周辺の空気の流れを鋭敏に感知する事ができ、本体は離れた建物にいながら相手の状況を詳細に察知することができる。

また浮いているだけとはいえ、敏感な間察知により、スタンドへ向けられたあらゆる攻撃を回避する事ができる。その回避精度はスプリンクラーの滴すらも全て正確に避けるほど。そのため戦闘ではスタンドを捕らえる事ができなければ本体であるジョンガリ・Aを直接倒すしかないのだが、刑務所内のように隙間や間が狭い(=狙撃位置が解りにくい)場所だと、この上なく脅威となるスタンドと言える。

スタンド名の由来は、アメリカジャズコーラスグループの「The Manhattan Transfer」から。

その他

もう見失わないッ!あの「関連動画」を15秒以内に視聴するッ!

こっ!これはッ!いつの間に!ニコニコに この「イラスト」はッ!

外聞は信用できない。ニコニコ市場は「購入者数」で支える。購入者数は商品の確かさを感じ、ユーザーは市場へ赴く。それは信用できる「商品」だと

コミュニティを確認ッ!マウスアイコンを【参加申請】に固定。入会(シュートァー)ッ!

油断・・・しちまった・・・   なあ・・・オレの関連項目・・・ 知らないか? 

この記事を編集する

掲示板

  • 96ななしのよっしん

    2022/01/27(木) 05:45:29 ID: aV+krFq+FH

    もう会話になってないから rjO7ztpQz4をNGに入れて触るな

  • 97ななしのよっしん

    2022/01/27(木) 19:50:25 ID: +mSuKDXYC7

    サバイバーでも受けたのかっていう変ぶりで笑ってしまった
    そしてジョンガリ・Aが実際に劇中どんなことしてたかネトフリアニメ見返したりネットそこら辺の考察を調べてしまった

  • 98ななしのよっしん

    2022/01/27(木) 23:11:04 ID: rjO7ztpQz4

    実際、ジョンガリ考察甲斐あるキャラなんだよな。

    そもそもなんで35歳って年齢にしたのか。承太郎プッチと同じ年齢にしときゃ何の問題もないのに、わざわざそうしてるところに意図を感じるわけ。3部当時11歳そこらにしかならないのは判ってるはずで、確かにマニッシュボーイの例はあるとしても、こういう「あえて見せてる違和感」がすごく多いキャラなんだよね。

    ホンモノ登場時だって、ライフル持たせときゃいいのにピストル盲目設定なのに格子の破損やに絡みつく糸に気付くとか。いつもの荒木だから、で済まされないほど変な描写がわざとらしく入ってるのがジョンガリ戦の特徴なんよ。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/28(金) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/28(金) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP