今注目のニュース
ふわっふわ→ペッチャンコ ポメラニアンの「お風呂ビフォーアフター」が笑っちゃうかわいさ
アウトドアが防災に? ちょっとした工夫や便利グッズを使ったライフハックに「頭ええな」「良いなこれ」の声
マツコ、学校生活を振り返り「ほぼ刑務所だった」と語る 「いじめられたら、とっととそんな学校捨てりゃいい」と逃げることを推奨

ジョン・ドリンカー・コープ単語

ジョンドリンカーコープ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ジョン・ドリンカー・コープJohn Drinker Cope)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。CV.佐古正人。

概要

自由惑星同盟軍人で、旗艦は<ヴィヴァスヴァット>。
自身の責務を確実に果たすタイプで、特に後退する敵の追撃を得意とした優秀な戦術であった。

なお、名の「ドリンカー」はれっきとしたミドルネームであるが、この名前に反してコープは重篤なアルコールアレルギーの持ちであり、戦勝の祝杯でもアップルジュースを飲んでいたという(後述)。

経歴

宇宙710年生まれ、730年に同盟軍士官学校卒業
以後ブルース・アッシュビーらとともに多くの戦果を上げ、一級指揮官OVAでの階級は大佐)として参加した738年のファイアザード域会戦では、「730年マフィア」として名を挙げる。その後745年頃、中将に昇進し第11艦隊官に就任。

宇宙745年の第二次ティアマト会戦では序盤、ヴィットリオ・ディ・ベルティーニ揮の第9艦隊とともに前進。帝国軍の火が第9艦隊に集中したために隊列を保ったまま帝国軍に接近できたが、同じ理由で第9艦隊が遅れたために単独で進む形になり、敵の集中火を浴びることとなった。これを見たアッシュビー酔っぱらい集団(ドリンカーズ)になってしまった」と評しつつウォリス・ウォーリックの第5艦隊に援護を命じ、コープは艦列を立て直すとともに、突出した帝国ウィルヘルム・フォン・ミュッケンベルガーを戦死させ、その間隙を縫って4.2を後退。第11艦隊は事味方に合流することができた。

この戦いでアッシュビーが戦死したため「730年マフィア」は離散。コープは宇宙750年に大将に昇進し、宇宙艦隊副長官に任じられる。翌751年、パランティア会戦の揮を執ったが、この時彼はいつになく精を欠き、帝国軍に翻弄されたあげく30万の死者を出して大敗、フレデリック・ジャスパーの救援も間に合わず戦死した。享年41歳、死後元帥に昇進。

僚友との関係

二次ティアマト会戦の直前の作戦会議において、彼はアッシュビーしく対立している。これはアッシュビーがこの時いつになく高圧的で自身の作戦に反駁を許さなかったゆえのこととはいえ、口論の末に痛捨て台詞とともに席を立つというのは生のコープらしくなかった。会戦中の会議の席でも二人は対立を続け、互いに視を決め込んでいる。ただし両人共にこの対立を作戦揮そのものに影させることはなく、コープは事前アッシュビー示に従い、「酔っぱらい集団になってしまった」ときもアッシュビーは的確にコープを援護させている。

パランティア会戦で戦死した際、フレデリック・ジャスパーが救援に駆けつけるも間に合わなかったが、このことが後にジャスパーがコープを見殺しにしたのだという噂を呼ぶこととなった。コープの未亡人はこの噂を信じてジャスパーを責め、後に謝罪したものの、コープの元帥昇進をジャスパーが伝えた際もついに対面することはなかった。

彼の「ドリンカー」のミドルネームにまつわる逸話として、アッシュビー戦死前のある時(OVAでは中将昇進後)、ウォリス・ウォーリックによってアップルジュースシャンペンと入れ替える悪戯を受けた際の話がある。この時、コープがグラスを呷った直後に全身にジンマシンを出して倒れる騒ぎとなり、ウォーリックは同盟軍史上一の「ジンマシンを理由に始末書を書かされた提督」になったのである。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 10ななしのよっしん

    2016/06/06(月) 20:58:23 ID: TeqX4gGNtS

    >>3
    い仮説だと思う

    ただ帝国軍の方で「引っかけようと」動的にどうかしたのではなく
    統帥本部にを開けるネズミ駆除していたと思ったら
    叛徒どもが墓を掘っていた。

    という若干ポルナレフ状態が「コープの精~」に繋がったかと

  • 11ななしのよっしん

    2016/06/17(金) 11:52:47 ID: E7cQN40wJW

    コープがアッシュビーの後釜になったっていうのは確かにありえるとおもう
    なんでコープが選ばれたのかはのかは置いといて、アッシュビーが死んだ後でも帝国軍事機密は流れていた可性はある。
    同盟の情報解析班も存続してたらしいし、帝国スパイ網もミヒャールゼンが殺されたとはいえ、帝国軍も当時第2次ティアマト会戦の損失があまりにも大きすぎて開戦直前まで進んでいたスパイ網操作も会戦後に打ちきったみたいだから、組織は残ってたかも。

    で、同盟としては今更これを利用しない手はないと。ただヤンが考察してたように、情報とは生き物であってその価値や質は時期やタイミングで大きく異なる。アッシュビーはそうした情報利用の天才で、730年マフィアの面々は確かにみんな卓越したの持ちだったけど情報の扱いでアッシュビー真似をできるのはいなかった。みたいなことを言ってた。でも結局アッシュビーの後任にコープを選んだと。

    それでもやっぱりコープじゃアッシュビーの代わりにはならなかったとということであの敗戦だと。

  • 12ななしのよっしん

    2017/08/31(木) 19:35:20 ID: 3GqEXfEx79

    なんで同盟軍は帝国軍の「涙すべき40分」の損失の隙をついてイゼルローン回廊を制圧するくらいの攻勢に出なかったのか、と思ってたけど、その隙をつこうとして大失敗したのがパランティア会戦だったのかな。
    パランティア会戦の敗戦とコープの死で同盟軍が意気消沈してる間に、帝国軍がイゼルローン要塞を建設しちゃった、とか。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/23(水) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/23(水) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP