今注目のニュース
人気コスプレイヤー伊織もえ、ミニスカ制服コスプレ披露 “人生初”ルーズソックスに驚きも
ママと工作中“のりしろ”を乱暴な命令形と勘違いする娘がかわいい漫画 「うちも同じ」
誰かの悪影響が特定できれば自由に行動できる

ジョン・ポール・ジョーンズ単語

ジョンポールジョーンズ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ジョン・ポール・ジョーンズとは、英国ミュージシャンである。
多様な楽器を操るマルチプレイヤーであると知られている。称はジョンジー
ロック界を代表するバンドレッド・ツェッペリンメンバーとして特に有名。

概要と来歴

15歳の頃からプロとして活動を開始し様々なバンドロードを経験。アレジャーセッションミュージシャンとして大活躍。1960年代に数多の有名アーティストヒットソングを影から支えた。本名は「ジョンボールドウィン」。芸名はその名を友人から薦められ、自分が映画音楽を担当した時に格好良くスクリーンで見栄えが良いと思いそれに決めた。ベースキーボードピアノオルガンメロトロンシンセサイザー等)、ギターチェロ、琴、フルートなど多様な楽器を操るが、ベーシストキーボード奏者として特に高い評価を受けている。レッド・ツェッペリンではその才を遺憾なく発揮し、プレイヤーとしても作曲アレンジャーとしてもバンドに絶大な貢献をした。レッド・ツェッペリンで印的なギターリフ、「グッド・タイムズ・バッド・タイムズ」「ハートブレイカー」「ブラック・ドッグ」などの単音系のリフの多くは彼の発案である。またジミー・ペイジ導の楽曲であった「カシミール」「アキレス最後の戦い」などにおいても作曲に大きな働きを行った。

ここからニコニコ的な記述になるが、ライヴではドラムの側の照明が届きにくいポジションで、ひっそりと弾いていることが多いため、ビデオ写真にまるで映らないことが多く「ベース忍者ジョンジー」などとも呼ばれているが、それでも初期はノリノリ演奏をしていたが、自然ジョン・ボーナムの呼吸がよく聴き取れる位置であるドラムの側でビートに集中するようになったということである。ツェッペリンライヴでは二度と同じような演奏は行わないという、奔放な即興演奏で知られたバンドだったが、周囲との吽の呼吸で、その屋台を支えていたのがジョーンズであった。ジョーンズが不調を見せると演奏は途端に漂流し、まるで収拾不可能の様相を見せたが、他のメンバーに間違いがあっても巧みに曲は収束した通りである。バンド理性だったとも言えるだろうか。また温厚な人柄でバンドのムードメーカーであった。が、とある日のライヴでは照明が暗く、ボンゾと一緒にスタッフに何故か?と聞くと、ジミー・ペイジがスポットライトは自分とロバートだけでいいよ(^^)示されたと言われて、激おこだった秘話…。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/06/17(月) 19:11:49 ID: i1DjtBs2eb

    ジョンジーの項を作りましたので、出来ましたら編集に皆様御協くださいませ。

急上昇ワード

最終更新:2020/01/21(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/21(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP