ジョー・リン・ターナー単語

ジョーリンターナー

  • 0
  • 0
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ジョー・リン・ターナー(英:Joe Lynn Turner)とは、HR/HMを専門とするボーカリストである。 
(キャリアHR/HM関係が多いが、本人はジェイムズ・ブラウンなどのブラックミュージックルーツとしている。) 

概要

1951年8月2日アメリカニュージャージー州ハッケンサック出身。
同じ州にBON JOVIジョンボン・ジョヴィが生まれており、交流もあるという。

身長168cmと欧人にしては小柄だが、
本人く”のような胸”もあってかブラックミュージックに根ざしたソウルフルな歌唱が特徴的。

9歳からアマチュアバンドでの活動を始めていたが、大学に進学して卒業してからは英文学教師をしていた。
その後ボイストレーニングを受け、音楽グループFANDANGOに加入してプロキャリアを始めた。
4枚のアルバムに参加してギターボーカル作曲を担当し、その後解散した。

1980年11月グラハム・ボネットの後任ボーカリストとしてリッチー・ブラックモア率いるRAINBOWに加入。
彼のポップメロディセンスと当時のリッチー市場戦略とマッチしたせいか、バンド音楽性のポップ化に繋がった。
現在と違ってクリアかつ聴きやすい中音域から高音域が特徴で、前任のロニー・ジェイムス・ディオやグラハムと較され、「ライブではパワーに欠ける」と言われることもしばしばあった。(この頃からバンドは欠点補強のためにライブ女性コーラスを導入している)
また、ルックスも歴代ボーカリストの中では結構よかったほうなので、彼の加入にともなって女性ファンも増えたそうな。

1984年Deep Purpleの再結成によりRAINBOWが解散してしまったので、翌年からジョーソロ活動に専念し、
1stアルバム「Rescue You」を発表した。音楽性に関して述べると、パワーポップよりなアルバムだが、
彼のセンスもあってかクオリティが高いものとなっているので、「Endlessly」も含めて聴いていただきたい。 
ちなみにキーボードに元フォリナーのアラングリーンウッド、ドラムに後期RAINBOWを支えたチャックバーギ、プロデューサーに初期QUEENを支えたロイトーマス・ベイカーとなかなかな顔ぶれがっている。

しかし、ソロ活動を続けるもなかなか大きな成功は収められず、元RAINBOWの肩書もあってか、イングヴェイ・マルムスティーンバンドへの参加、元NIGHT RANGERのジェフワトソンMother's Army、ピンククリーム69のデニス・ワードプロデュースSUNSTORMDeep Purpleへの加入など、ギタリストや1プロジェクトボーカリストとしての活動のほうが立っている。 

2015年現在、御年64歳となり、デビュー時よりハスキーになったものの精的な活動を続けている。
ちょっとおまわりが出てきて顔もやや老け込んだのはご嬌。
80年代ハードロックシーンを支えたボーカリストの一人でもあるので、どうか長生きして欲しい。 

関連動画




関連商品




関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2014/06/26(木) 23:25:46 ID: 3g3ecqdnTp

    在籍時以外のの曲を外してソロアルバムからもっと歌ってほしいで

  • 3ななしのよっしん

    2014/07/12(土) 01:01:47 ID: wKXDUAYBA0

    ソロLost in Hollywood歌ってたのか

  • 4ななしのよっしん

    2015/11/14(土) 20:26:59 ID: j9uIJVUUrF

    ジョー時代の二作となる予定だったテイクはかなり良かったらしいけど残っていないのが惜しい

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/02/28(日) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/02/28(日) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP