今注目のニュース
LINE「OpenChat」の検索機能が段階的に復活 18歳以上のユーザーからランダムに 
古いクルマのファン悲鳴! 旧車パーツの価格が高騰し続ける理由とは
中谷美紀、東欧男性に全裸で囲まれてピンチ 「いろいろ見えちゃう」

スイフト単語

スイフト

  • 2
  • 0
掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スズキ・スイフト (SWIFT)とは、スズキが製造・販売するハッチバック自動車である。

概要

4気筒または3気筒エンジンを搭載するコンパクトカースズキの稼ぎ頭でもあり四輪からの鈴菌感染の一つでもある。元々は初代・二代カルタスの海外輸出名であった。

生産は日本ハンガリータイ中国インドで行われ、2013年には世界累計販売台数が300万台に、2016年には500万台に到達した。

歴代モデル

初代(HT51S型・2000年~2006年)

初代スイフトは同社の軽自動車であるKeiベースに小に拡大しただけ[1]で、売りどころといえば軽自動車より安い価格というぐらいのシロモノだった。2004年に二代が登場した後も廉価グレード「SE-Z」は2006年3月まで併売されていた。

ちなみに初代は「イグニス」で海外輸出され、2001~2008年まで販売されていた「シボレー・クルーズ」のベースでもあった。

二代目(ZC*1S型/ZD*1S型・2004年~2010年)

2004年に登場した二代スイフトは、それまでの「スズキ=軽自動車」のイメージを覆す出来のよさ、特にとしての基本性や走らせる楽しさと言う点で高い評価を受け、しかも他社のコンパクトカーべて安価なことでスズキ普通車としては大人気と言っていい種になった。

また、JWRCにおける活躍や、正統派ホットハッチかつ現行では一と言っていいテンロクスポーツであるスイフト・スポーツ(通称スイスポ)の存在もあって、それまで二輪界のみだった鈴菌を四輪界に広く拡大させた元でもある。

二代スイフトとプラットフォームを共有する種としてはSX4スプラッシュがある。

三代目(ZC72S型/ZD72S型・2010年~2016年)

2010年三代目へとFMC。一般人はもとより二代スイフトユーザー鈴菌感染者、さらには自動車雑誌ライターなどですら一見して「これは新?旧?」と混乱するほど変化のない[2]見たとなっている。開発時のコンセプトキープコンセプトとして「More SWIFT」(よりスイフトらしく) = 「軽快で楽しいハンドリング。個性的なエクステリアデザイン」をしたという。

二代スイフトから全長で95mm、ホイールベース40mm伸びたにも関わらず「狭い」とやや不評だったキャビンの拡には1mmも割かずに直進安定性と体剛性の向上、そして修理コストの低減の為[3]にラゲッジ開口部が狭く、かつ下端がやや高くなっている。これは欧州では修理コストなどにより保険料に影でるため、というのも理由の一つである。

内部インテリアデザインは変われどシンプルなままの一方で直接に触れないプラットフォームはコスト削減に長けたスズキにはしく二代からの使い回しではなく予算をつぎ込んで全面的に作り直す、とある意味スズキ変態っぷりが遺憾なく発揮されたFMCと言えるだろう。

よく批評では上記の理由のために「ラゲッジスペースが少ない。後部差席が狭い」と言われるが、開発者く「オールマイティーなファミリーカーを狙うのではなくて、日本では乗って楽しいクルマ、そして欧州では安心して自由に乗り回せるクルマ」をしたというわけで、「四人乗って荷物も大量に乗せて」使ってもらうことは最初から考慮していない、スズキらしい割り切りっぷりでもある。

ちなみに欧州仕様では日本仕様と異なり種のカラー種類も大きくことなっているほか、サンルーモデル、3ドアモデルなどもあるほか、サスペンション(サス)の設定が大きく異なるなどの違いがある。欧州仕様は固め。日本仕様は柔らかくなっている[4]

2012年マイナーチェンジ(に安全装備面の追加と変更)が行われ、通称2と呼ばれる。2013年もつづけてマイナーチェンジが行われ、低燃費などを的とされたデュアルジェットエンジン+エネチャージ搭載(DJE)タイプが販売された(通称3)。

2016年ハンガリーの生産中止に伴い日本欧州向け工場の設置と共に四度FMCが予告されている。

四代目(ZC*3S型/ZD*3S型・2017年~)

2016年12月27日四代目が発表、2017年1月4日に販売開始された。

新プラットフォーム「HEARTECT」を採用。ボディー・エンジン・足回りの軽量化で前モデルより120kgの軽量化を実現。最軽量モデルであるXG(2WD・5MT)の場合840kg、最重量モデル970kgと全グレードで1.0t未満となっている。2015年以降に登場及びFMCしたスズキの小気で1.0t切りをサラッとしとげるのでド変態!
歴代初となるマイルドハイブリッド(S-エネチャージ)バレーノに搭載された3気筒1.0L直噴ターボも設定されており、ターボにおいては「直噴ターボトルクウェイトレシオは、スイフトスポーツに匹敵する高い動を実現」と表現している。

安全装備も強化されており、衝突被害軽減ブレーキ単眼カメラレーザーレーダーを搭載した「デュアルセンサーブレーキサポート」やスズキ初のハイビームアシストなどを搭載した「セーフティパッケージ」や全方位モニター付きカーナビゲーションメーカーオプションで設定できるようになった[5]

関連動画

関連商品

外部リンク

関連項目

脚注

  1. *パーツも一部Keiと共用している。
  2. *ただし新旧並べると結構違うことが判る。ちなみにワゴンR(4代5代目)も同じことが言える。
  3. *追突時にリアハッチまで損傷するのを防ぐ為でもある。
  4. *日本でも、XGをベース欧州仕様のサス設定に近づけたRSモデルがある。
  5. *XGを除く。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 11:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP