今注目のニュース
中居正広「もし明日仕事がなくなったら」に回答
ヒトと交流するために進化? オオカミにはないイヌの表情
居酒屋で気持ち悪くなって「場ゲロ」、罰金1万円はちょっと高すぎないか?

スカルキラー邪鬼王単語

スカルキラージャキオウ

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

スカルキラー邪鬼王とは、1990年から1991年にかけて少年キャプテンに連載された石川賢ロボット漫画である。

概要

進化・同化・増殖機械生き物か分からんようなやつ・いつもの結末と、いかにも石川賢らしい漫画である。

それ以外の本作の特徴としては石川賢にしてはしく、日常の描写が多いことである。直前作「虚無戦史MIROKU」が時代劇で、壮大なSF作品であったこともあり、ホームドラマを描きたかったらしい。そんな訳でロボのジャキオーも島本番犬のような扱いをされているのである。近所を散歩したり、空き缶を拾い食いするなと言われる巨大ロボットは前代未聞であっただろう。もっとも、ジャキオーの制御には、第1話で殺されてしまった島本飼い犬・ジャッキが使われているかのような描写があるので、それも当たり前なのかもしれない。

ゲッターロボ號と打ち切り

元々、石川賢少年キャプテン編集者に「オリジナルで新作のゲッターロボをやりましょう」と持ちかけられていた。しかし、「今更ゲッターでもないだろう」と思っており、ダイナミックプロ側も「テレビアニメやるんだったら……」と乗り気ではなかった。しかし、またロボット漫画は描きたいと思っていた石川は、「進化するロボット」をコンセプトに全く新しいロボット漫画を生み出す。それが「スカルキラー邪鬼王」である。

……が、それからしばらくして、ゲッターロボリメイクアニメ(=ゲッターロボ號)の放映が決まり、キャプテン漫画版を行して連載することも決定。「邪王」はあっさりと打ち切られてしまった。

虚無戦記への編入

その後、1999年から2000年にかけて発刊された「虚無戦記シリーズに加えられる予定だったが、だいぶん書き足しが必要であることなどからその時点では挿入されなかったが、最終巻の最後の最後で爆王に呼び出され、ジャキオーだけは登場した。そして2002年に「虚無戦記」の文庫版発刊にあわせて、スカルキラー邪鬼王は正式に虚無戦記に組み込まれた。

ちなみに「邪王」とタイトルに付く石川賢作品はこれ以外に「邪王学園」(1985年)と「邪王爆」(1987年)があるが、特に思い入れはなく、呂 が良いので使っているだけらしい(ただし前述の通り、爆とは深く関係している)。スカキラーというのも編集者が勝手に付けたらしい。とほほ。

あらすじ

数千年の眠りから覚めたムー帝国が活動を開始した。彼らはもともとムー帝国の領土だった日本の奪還を、地上進出の第一歩とした。しかし、その日本にはセルフ・オーガナイズ・チップ(略してS・O・C。生きた機械)によって自ら身体を作り上げたロボット・ジャキオーがいた!

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP