スキル単語

スキル

1.7千文字の記事
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スキル(skill)とは「技量」「技術」「手腕」「技」「技」「器用」などを意味する英単である。

曖昧さ回避

概要

日本語として技術、技の意味で使われ、英語の意味とほとんど変わらない。「○○スキル」のように別の単と組み合わせて使われている(例:ゲームスキル、萌えスキル、サッカースキル)

なので、ニコニコ動画においても「スキル」という単日本語に訳さなくてもだいたい通じる。

スキル(skill)のは古ノルドの「区別するもの」を意味する「SCALE」とする説が有らしい。

  • 単純に「特技」「得意なこと」と呼ばれる事もある
  • 場所・職業的・趣味・活動内容の方向性によって必要なスキルは異なる
  • 物理的ではなくとも、豊富な知識情報があり自在に操る事もスキルと呼ぶ場合もある
  • 英会話自動車の運転など、後的に訓練によって会得・強化できるものも多い
  • スキルの習得速度限界値には個人差がある

特別な訓練した訳でもないのに写真のように細部まで覚えてしまう、天文学的な計算を一で解いてしまうなど、サヴァン症候群のような例も実際にある。稀に使いどころが非常に限られた誰得なスキルもある。

身近なものでは資格免許(+級位)によってスキルの有・熟練度を明し、自慢したり就職活動や昇進を有利にするといったものが挙げられる。企業や客からすれば十分なスキルのある相手のほうが安心して仕事を任せられるだろう。

フィクションにおけるスキル

キャラクター固有の特性、特殊などをす場合も多い。
スキルを持つ理由は、属性、種族、遺伝、修行職業呪い祝福突然変異など様々。

  • 常に発動しているもの
  • 選択して適宜発動するもの
  • 一定の確率で発動するもの
  • 特定の条件下で自動発動するもの
  • 発動は容易だが、体MP寿命を消耗するため多用できないもの
  • 特定の種類のアイテム具や武器ければ発動できないものもある
  • 相手のスキル・特技、容姿をそっくりコピーするような変則的なスキルもある

漫画等における特技も一種のスキルといえる。
それを日常や問題解決に活用したり特性の隙を突かれる、逆利用されるといった展開も多い。

ゲームにおいては、携行数量・所持品重量に限度がある作品や
一定人数しか連れて歩けないRPGなどでは特に戦略性をめられる。
特に課金ガチャによって出たものは通常よりも優遇されている事も多い。

スロットポイントを消費し、スキル自体が任意で交換可である場合もある。

フィールドや状況によっては適材適所になるが
使いどころの少ない器用貧乏・中途半端、いらない子になることも。
縛りプレイなど、逆に扱いづらいスキルだらけで攻略する場合もある)

相手が同様のスキル(または効化スキル)を持っていた場合、相殺される場合もある。

大抵はスキル自体や人物に一長一短な特性が付与される。
欠点のない万なスキルを作ってしまうと皆がそれを選択したり無双されてしまい「もうあいつ一人でいいんじゃないかな」「ご都合主義」と批判されたり、取捨選択で戦略を練る楽しみがくなるため製作者の腕の見せ所といえる。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *レーダーに映らない、熱映像装置に強調されない、敵に捕捉されない、捕捉されても持続時間が短い、足音が小さくなるなど。
この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/30(水) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/30(水) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP