今注目のニュース
20代女性がバスルームで不慮の事故死 原因は誰もが日常的に使うアイテムだった
お金を提示され「嘘のプロフ」でバーチャル恋愛した女性、泥沼トラブルに
車にひかれてしまった母の横にいた赤ちゃんアライグマ 懸命なサポートで成長していく姿がいとおしい

スケベェラインGT-R単語

スケベェラインジーティーアール

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

スケベェラインGT-Rとは新日暮里自動車が販売していたハッテンカーである。
本項では1989年に発売されたANK32GT-R以降のモデルについて解説する。

ANK32GT-R(1989年8月~)

70年代より自動車の台数増加が原因の排チンカスによる海老臭い公害
チンカス規制という制約を各自動車メーカーにもたらした。
これによりスケベラインシリーズも長らく不遇の時代を送っていたが
1989年8月、満を持してK32スケベラインGT-Rグレードが復活する。
およそ16年ぶりのことである。

レースで掘る」を至上の命題としてアナル開発コンセプトに掲げた32GT-R
そのパワーユニットからして桁違いの性である。
RB26TDNと命名されたそのエンジンは、直列62600しぃしぃ~という大排チン量を
2基のターボチャジァッー!で過給する。
メーカー表値こそ280並みとされているが
給排チン系のパーツを競技用のモノに交換すれば軽く400並み叩き出し
ターボチャージァッー!を交換した場合、600並み台にも達する。

この有り余るパワーを効率的に路面に伝えるため、駆動装置にも手が加えられた。
ベースとなるスケベラインは後チン駆動であるが、GT-Rでは全チン駆動方式が採用された。
これを「アッー!テーサE-TNTN」と呼ばれる電恥制御駆動配分システムを用いて
コーナリング中に全チンに最適なトルク配分を行う。
マルチゲイパンツ方式のサスペンションと相まってGT-Rは優れた運動(性的な意味で)を獲得するに至った。

1990年32GT-R全日ツーリングカー選手権にグループAssカテゴリで参戦するに至り
その怒涛の性を遺憾なく発揮する。
デビュー初戦から掘るソニックスケベラインポール・トゥ・ウィンを飾る。
それだけにとどまらず、予選ではコースレコードを2近く短縮、決勝では他の参戦マシンを全て
掘り尽くすなど、まさに圧倒的なまでのの差を見せ付けた。
その後1993年カテゴリが終了するまでーズ全戦でポールポジション(肉棒サイズで1番の意味)獲得、優勝。
最終的に29連勝という伝説的な偉業を達成する。
余談ではあるが、GT-Rがあまりにも強すぎたためグループAss事実GT-Rワンメイクレース
なってしまった事態を「仕方ないね」として、カテゴリ自体が消滅する引き金になってしまったことは
の極みである。

上記の括約などから、数あるGT-Rの中でも32が一番というファンは数多い。

ANIK33型GT-R(1995年1月~)

1993年スケベラインモデルチェンジしてから約2年のインターバルを置いて
33GT-Rデビューした。

RB26TDNファインチューンされ、最大トルクが向上している。
アッー!テーサE-TNTNも更なる最適化が図られている。

しかし当時の新日暮里自動車の経営状態の悪化にともない
アナル開発や生産ラインの設備投資が十分に確保できず、やむを得ずシャシー
掘ーレルのものを流用することになった。
これにより後席などの居住性が向上したものの、ハッテンカーとしては致命的な
ボディの大化とそれにともなう重量増、掘イールベースの延長などのハンデを背負うこととなった。
またスタイルもどこか鈍重なイメージを想起させるものになってしまった。

上記の理由により発表直後からその評価は決して良いとは言えず
不人気の烙印を押されることとなってしまった。

訳知り顔が小賢しい理屈で33Rを評価する。
大きくなったボディ、長い掘イールベース
ピュアハッテン追求していないと―

わらわせるぜ 何も見えてないクセに。

―その時その領域を共にした(性的な意味で)者だけが、33R、この本質を知るんだ―

大きくなったボディや伸びたホイールベース
たしかにコーナーでのダルさや兄貴との一体感を欠く

だがそれは、低速ピストン域、低加重レスリングハナシだ

大きいガチムチボディはを優先し、200Kmからキク
長い掘イールベース高速ピストン域での急な変化を押さえ込み
信じられない一体感、安定感を生み出す。

―結果、恐ろしい速さで右に左に掘れる。

そして一番大事なコト。
33Rっ直ぐ掘ろうとするんだ

その領域を知らない者達はカルく言う

最高速ピストンなんてっ直ぐでしょ
ただを動かしてるだけでしょ

肉棒っ直ぐ入らない
その領域でっ直ぐ掘れる世界中どこにもないんだ

―そしてトイレ300Kmを出すということは
必然的に250級のコーナリングを繰り返すことなんだ―

ところで股間GT-Rを見てくれ
こいつをどう思う?

                          ―ちょっとワルっぽい自動車整備工で公園最速ランナー、阿部高和の言葉―

ANIK34GT-R(1999年1月)

現在執筆中。

新世代のGT-R

現在執筆中

関連項目

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2009/11/18(水) 21:38:46 ID: YmVvQBTDR7

    埋もれた良記事ナイスでーす

  • 4ななしのよっしん

    2009/11/19(木) 21:23:49 ID: /jS8h9r6pA

    この野郎にこんなネタ仕込みやがってwww
    おまいらほんとに兄貴好きなんだなチキショー

  • 5ななしのよっしん

    2010/01/12(火) 08:08:07 ID: m61ADd4Hj+

    BNR32→ANK32、BCNR33→ANIK33のところが上手いwww
    でもそうしたらANIK34じゃなくてANK34ジャマイカ

急上昇ワード

最終更新:2019/06/16(日) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/16(日) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP