今注目のニュース
【神対応】車通りの激しい通りでお婆さんの家から脱走し、呼んでも戻ってこない子犬。しかし偶然居合わせたライダーのナイス対応で無事捕獲!
O型は血を吸われやすいは本当だった。なぜ蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいるのか?8つの科学的理由
“JK社長”椎木里佳が授業態度を批判されて逆ギレ「私語は個人の自由」

スコットランド単語

スコットランド

掲示板をみる(188)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
基本データ
国旗
通称:アンデレ十字
立ち上がる獅子
首都 エディンバラ
国歌 スコットランドの
Flower of Scotland)、他
アザミ
スコッツパインヨーロッパアカマツ
守護 アンデレ

スコットランド(Scotland、ゲール名はAlba:アルバ)とは、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国イギリス)を構成するcountry)の一つである。

1709年までは独立であったが、イングランドと合併(同君連合)し、グレートブリテンへ。

(合併より290年後の)1999年にはスコットランド議会を再開し、独立の回復へと少しずつ前進している。しかし、2014年9月18日に実施した独立の是非を問う投票では、賛成44.7%、反対55.3%独立は見送られることになった。投票率は84.6%世界しいとても高いものであった。

概要

ブリテンの北部を占め、その中でも北部の山地をハイランド南部の低地をローランドという。首都エディンバラ。最大の都市はグラスゴー。ウェールズに同じくケルト系の人々が多く住む。

公用語英語とスコットランド・ゲールケルト系言)が定されているほか、スコットランドゲルマン系言、広義のスコットランド英語とも考えられる)も話されている。
現地の人の話すスコットランドの影を受けた英語は、イギリス英語べるとかなりクセのあるもので、その強な訛りはたびたびジョークネタにされている。
気質は人懐っこく、冒険心に富んでいる事が多い。

元々はスコットランド王という独立であったが、1603年にイングランド王がスコットランド王を兼務しながらそれぞれが政府・議会を持つ同君連合となり、その後1709年には人口・経済で大きく差をつけられたイングランドの圧に屈し議会解散(合同法)を議決し、独立スコットランド王からグレートブリテン連合王の構成country)スコットランドとなった。

上記1709年の合同法で議会止されていたが1998年にスコットランド法が制定され再開、外交、軍事、財政・融、麻薬取締り、移民規制などウェストミンスターイングランド)議会留保事項として全的に取り組む必要があると規定されている事柄以外は地域内の独自の法案の制定や所得税率の変更が出来るようになった。

独自紙幣が The Royal Bank of Scotland, Bank of Scotland, Clydesdale Bank の3銀行から発行されていてスコットランド内では通用する。逆に言えばスコットランド外では通用しない。

文化

バグパイプキルトスカート状の民族衣装)がスコットランド人のアイデンティティー。スコッチ・ウイスキーも有名。

スコットランドには公式に定められた国歌は存在しないが「Flower of Scotland(スコットランドの)」がスポーツ大会でも広く用いられている。近年の投票調によると次いで人気が高いのは「Scotland the Brave」、3位は「Highland Cathedral」とのことである。
日本で最も知名度が高いスコットランドのメロディといえば民謡Auld Lang Syne(久しき昔)」であろう。この曲は日本では「蛍の光」として知られている。

スモークサーモン、ハギス(内臓の詰め物)、ショートレッドなど料理の質も高いのに「イギリス料理まずいネタでは イングランドと一緒にされてしまうのが悲しいところ

スポーツ

他のイギリスの地域と同様にサッカーラグビーが盛ん。グラスゴーのセルティックFCには日本中村俊輔が所属していたことがある。スコットランド発祥のスポーツとしてカーリングシンティホッケーに似た球技。アイスホッケーの起説あり)が知られる。

また、ハイランドゲームズという伝統的な競技大会が開かれている。

名所

ネッシーで有名なネス世界遺産にも定されている首都エジンベアエディンバラなど。

ハリー・ポッター」はエディンバラで執筆された作品で、作中のホグワーツ魔法魔術学校所在地もスコットランド(よくウェールズと間違えられる)だが、映画版のロケ地アニックに隣接するイングランドノーサンバーランド州にある。

著名なスコットランド人

実在の人物(生年順)

スコットランド人の姓に多い「マク~(Mc,Mac)」とは息子という意味のゲールに由来する。英語の「~ソン(son)」に相当。

架空の人(?)物

ショーン・コネリー人外である。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 186ななしのよっしん

    2018/02/10(土) 10:22:12 ID: FthL2jqfI4

    スペイン系がイベロアメリカとか言って仲良くしてるのと似たようなもんじゃろ

  • 187ななしのよっしん

    2018/04/03(火) 10:06:28 ID: YwvMyYwvOj

    微妙に美味しいところを総取りしたいもんなのだろう
    独立はしたいけど、ロンドンで買い物もできないなんてイヤだ、
    人間なんてそんなもん

  • 188ななしのよっしん

    2019/04/16(火) 14:32:29 ID: YwvMyYwvOj

    このイングランドの惨状では、離脱後は
    イングランドの失業者がスコットランド
    出稼ぎする様になったりして

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP