スズキ・ソリオ単語

ソリオ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スズキ・ソリオとは、スズキ2000年から生産しているトールゴンである。

この項では前身モデルワゴンRワイドワゴンR+、ワゴンRリオモデルシボレーMWについても記述する。

概要

1997年に初代のワゴンRベースとしたワゴンRワイドを発売、2年後には2代目ワゴンRベースとしたワゴンR+が発売された。もともと欧州市場で販売するために開発されたで、当時開発の盛んであったリッターモデルハイトワゴン市場へ参入するために日本市場でも投入された。

ワゴンRワイド〜ソリオ(〜2代目)の競合日産・キューブホンダ・キャパトヨタ・bBなど。
リオ(3代〜)の競合トヨタ・ポルテ(トヨタ・スペイド)、ホンダ・フリードスパイクなど。

もともとはワゴンRベースにしていたが、3代以降のモデルパレットベースに開発されている。

歴史

ワゴンRワイド (初代・1997年~1999年)

1997年発売。ワゴンRベースバンパーの大化やリッターエンジンの搭載などを施したモデル。室内は、全長、全高はあまり変わらないものの、全幅はボディがワイドかされているため広がっている。

エンジン1000ccのみの設定で、NA仕様とターボ仕様が用意されていた。このターボ仕様100の出を誇り、文字通りリッターあたり100を達成した高性エンジンとして宣伝されていた。
グレードは「XZ」/「XL」/「XM」/「XE」を設定、XZにのみターボエンジンが搭載されていた。

1998年にはマイナーチェンジを実施。バンパーデザインが変更された。ワゴンR+までの繋ぎとして出したようで、1999年には生産を終了している。

ワゴンR+ (1999年~2000年)

1999年発売。ワゴンRワイド2代目に当たるモデルだが、諸事情により名称が「ワゴンR+(またはワゴンRプラス)」に変更された。

ラットフォームはワゴンRと共用ではなく、小用のプラットフォームをベースに開発されている。エンジンは先代と同じく1000ccのNAとターボを用意。グレードは「XT」/「XV」の2種類を設定。

2000年には一部良を実施。名称をワゴンRリオに変更した。

ワゴンRソリオ/ソリオ

ワゴンRソリオ (2000年~2004年)

2000年ワゴンR+が一部良を受け、名称が「ワゴンRリオ」に変更された。1000ccターボを止、代わりに1300cc NAを追加。

グレードは「1.3」/「21世紀スペシャル」/「X」を設定、1.3には専用のフロントデザインリアテールランプが与えられ、スポーティな印であった。

2001年に一部良を実施。1000ccに装備を絞り、価格を100万円以下に抑えた「X-II」、エアロを装着した「SWT」が追加された。

2002年に一部良を実施。インパデザインに大幅な良を受けた。
また、1000ccにはお買い得グレードの「E」と上級グレードの「S」が、1300ccにはシックな雰囲気を与えた「WELL」と従来の1.3に装備を追加した「SWT」が追加された。同年には新グレードとして1300ccにお買い得グレードの「E」と「WELL」にエアロを装備した「WELL S」が追加された。また、1000cc止され、ワゴンR+顔のモデル止された。

2004年には一部良を実施、名称からワゴンRが外れ「ソリオ」となった。

ソリオ・2代目 (2004年~2010年)

2004年の一部良により名称がソリオに変更された。また、名称変更を機にスポーティモデルの「SWT」が止されている。

2005年にはマイナーチェンジを実施。外装デザインが変更され、グレードは「E」/「WELL」の2グレードに絞られた。 このモデルではその安さからか、交番配置用のパトカーとして大量に導入されており、カルタクレセントや初代スイフトからの置き換えが進んだ。

その後も小良が行われ、最終的に2010年まで販売されていた。

ちなみにメディアや個人によっては処を初代とする場合もあり、その場合は以降の世代がズレてくるので注意する事。

ソリオ・3代目 (2010年~2015年)

2010年12月発売。このモデルからパレットコンセプトを継承し開発されているため、先代よりも室内間がだいぶ広くなっている。

エンジン1200cc NAを搭載。グレードは「S」/「X」の2グレードで、どちらにもエアロが装備されている。

2011年2月には廉価グレードの「G」を追加。このモデルではエアロを省かれている。同年にはスイフト等で先行搭載されていたアイリングストップ搭載を追加、また特別仕様として「BLACK&WHITE」が追加。

2012年6月モデルバンディット」を追加、同年12月に特別仕様の「BLACK&WHITE II」も追加。

2013年11月アイリングストップ搭載に直噴エンジンの「デュアルジェットエンジン」と減速エネルギー回生機構の「エネチャージ」を追加して発売。

2014年2月にはコンパクトハイトワゴン初のミリレーダーを使用した衝突被害軽減ブレーキの「レーダーブレーキサポートII」搭載が追加された。

パトカーとしての採用が進められており、さらにこのモデルから三菱自動車工業OEM供給され「デリカD:2」の名称で販売されている。

ソリオ・4代目 (2015年〜2020年)

2015年8月発売。ボディーサイズは3代とほぼ同じだが、新開発のプラットフォームを採用している。またこのモデルからセンターメーターを搭載するようになった。

エンジンは直噴エンジン1200cc NA+モーター付発動機を搭載している([1]グレードは「HYBRID MZ」/「HYBRID MX」/「G」の3グレード、バンディットは「HYBRID MV」のモノグレードとなっている。

安全面も強化しており、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキである「ステレオカメラブレーキサポート」や全方位モニターメモリーナビゲーションを搭載できるようになった([2]

44東京モーターショースズキ独自のハイブリッドシステム5AGSを搭載した「ソリオ ハイブリッド」を出展していた。

2016年11月29日に5速AGSと駆動用モーターを搭載したハイブリッド車が追加された。グレードは「HYBRID SZ」、バンディットは「HYBRID SV」となっている。

ソリオ・5代目(2020年~)

2020年12月発売。ボディーサイズが全長80mm(バンディット70mm)、全幅20mm拡大し、荷室床面長を100mm延長した。

エンジン1200cc NA+モーターHYBRID MZ/MX)、1200cc NA(G)で、前モデル当初とほぼ共通。一方でストロンハイブリッドモデル止された。

グレードでフロントサイドカーテンエアバッグを標準搭載。先代後期で採用された「スズキ セーフティ サポート」が強化され、装着最高速度等の標識を認識する機に対応。ACCも全速追従となっている。

一部モデルでは運転席ダッシュボード上にせり出した透明に各種情報投影するカラーヘッドアップディスプレイが搭載される。

他にも様々な良により天井雨音ロードノイズ、後席の乗り心地などが善されている。

シボレーMW(2000年~2004年、2006年~2010年)

エンジン1200cc NAを搭載。グレードは「S」/「X」の2グレードで、どちらにもエアロが装備されている。

ワゴンR+にシボレーバッジをつけたモデルで、2000年発売。
当初はGM系列の販売店(サターンGMオートワールドなど)で販売されていた。

基本的な仕様ワゴンR+と変更はなく、グリルシボレーのエンブレムがつき、サイドに「CHEVROLET」のストライプが入っていた以外は大きな違いはない。グレードもエアロ付のSエディションとエアロなしのノーマルグレードが用意されていた。

2001年には一部良を実施。ソリオと同じ1.3リッターモデルが追加された。

2003年には1.3リッターモデルのみに絞られ、2004年にはGM系列での販売を終了。約2年間販売が停止された。

2006年にはスズキの販売店にて販売を開始、シボレーの販売店でも販売が再開された。
このモデルが販売される約1年前にソリオマイナーチェンジを受けスポーティグレードが止されていたため、スポーティイメージシボレーブランドのMWの販売が開始されたと思われる。
外装面ではヘッドライト若干の変更が入っており、ウィンカー色がアンバーからクリアに変更された。

2007年にはマイナーチェンジを実施。ヘッドライトデザインが変更され、グレードに廉価仕様の「Vセレクション」が追加された。

2010年には生産を終了。GMとのコラボレーション企画はこれを機にすべて終了している。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *ガソリンモデルの「G」を除く)
  2. *共にメーカーオプション
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/02/28(日) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/02/28(日) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP