スズキ・MRワゴン単語

スズキエムアールワゴン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スズキ・MRワゴンとは、スズキ2001年より製造をしている軽トールゴンの軽乗用車である。

概要

名の由来は、MRは「Magical Relax」の略。1999年に開催された第33回東京モーターショーに出品をしたショーモデル時はMRミッドシップエンジン・リアドライブレイアウトの意味だったが、その後、前輪駆動レイアウトになり、「Magical Relax」の略となった。

ワゴンRベースにしながらも、スタイリッシュさを全面に押し出している。ミッションは初代と二代が4速ATのみ、三代目CVTのみとなる。エンジンも歴代共にターボしとターボ有の二種類が用意される。駆動方式はFF4WDが用意される。

2002年より日産自動車モコとしてOEM供給がされている。

初代モデル(2001年~2006年)

2001年に登場。ワゴンRベースにしながらもスタイリッシュさを全面に押し出している。原1999年に開催された第33回東京モーターショーに出品されたミッドシップレイアウトの軽乗用車であったが、販版はワゴンRベースにしているのでFF駆動が基本となる。エンジンはターボしとターボ有りの二種類が用意される。

2002年日産自動車との提携によりOEMモデルモコが登場。同年にはアパレルメーカー・ミキハウスとのコラボをしたグレードも登場。

2004年に一部良。グレードの整理とフロントバンパー形状の変更とリアスライドシートのスライド幅が大きくなる。燃料電池も登場をする。

海外仕様インド仕様インドネシア仕様では、排気量が1100アップをされて、独自の5速MT仕様も存在をしている。

TVCMには、2002年から2004年にかけて女優米倉涼子が起用されている。

二代目モデル(2006年~2010年)

2006年に初のモデルチェンジ。先代モデルよりも利便性をたかめ子供女性に対して「使いやすさ」を追及をしている。またキーレススターターシステムを上級グレードに初採用がされる。またスズキ初のインパシフトが採用される。

2009年に一部良。ユーザーからの不満点を善をしたモデルとなった。

2010年に装備変更で、ターボ仕様止(モコでは継続)され、モコで標準装備となっていたABSが標準装備となった。

TVCMには女性モデル塩田倫を起用をしている。

三代目モデル(2010年~)

2010年モデルチェンジ2008年に登場をしたパレット家族メインとしているためターゲット主婦層から若年層に切り替え、先代モデルよりも直線的なデザインとなった。標準装備のオーディオタッチネル式を採用。ミッションCVT化がされる。

2011年にはアイリングストップを追加をしている。

2012年には燃費善が行われている。

2013年に一部良。ターボエンジン仕様止をされるが、スズキの軽乗用車共通の技術・エネチャージが全グレードで採用され、パワーと燃費を両立をした形となった。また二代モデルに設定をされていたゴージャス仕様・Wit復活する。

TVCMには当初は『ムーミンシリーズに登場をするキャラクターミイアニメで登場をしている。2012年には、きゃりーぱみゅぱみゅが登場をしている。

関連動画

関連商品

関連リンク

MRワゴン公式サイト exit

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/02(火) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/02(火) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP