スタニングローズ 単語

8件

スタニングローズ

3.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

スタニングローズStunning Rose)とは、2019年生まれの日本競走馬鹿毛

な勝ち
2022年秋華賞GⅠフラワーカップGⅢ紫苑ステークスGⅢ

概要

キングカメハメハローザブランカクロフネという血統。
は説明不要、それぞれ2010年代日本競馬史に特大の文字で特記される大種牡馬キングカメハメハ2019年を以って種牡馬引退に加え、同年8月したため、彼女の世代がラストクロップに当たる。

は18戦3勝の条件だったが、彼女の血統上の最大の特記事項はこの牝系。4代*ローザネイから始まる、薔薇名前に冠した「薔薇一族」と呼ばれる牝系である。本ローズバドが2001年オークスローズS秋華賞エリザベス女王杯を4戦連続2着という記録を作るなど、この牝系重賞クラスの活躍を輩出するものの、なかなかGⅠを勝てないことで知られた。2009年ローズキングダム朝日杯FSを勝って悲願のGⅠとなったものの、そのローズキングダムブエナビスタの降着による繰り上げで2010年ジャパンカップを勝って以降は、また10年以上GⅠを、というか重賞を勝てていなかった。

2019年1月18日ノーザンファームで誕生。オーナーはおなじみサンデーレーシング。1口100万円×40口(=4000万円)で募集され、ショウナンパンドラレイパパレで知られる東の高野友和厩舎に入厩した。同厩の同期ナミュールがいる。

名意味は「的な薔薇」と登録されている。

魅惑の薔薇

2歳

仕上がりはく、2021年6月6日新馬戦スタートした週の日曜日、中・芝1400mの新馬戦デビュー吉田隼人上に、単勝1.9倍の断然の1番人気に支持されたが、3番手で先行したものの直線で外にヨレるところを見せ、5番人気ブレスレスリーに逃げ切りを許し2着。
中2週で6月26日阪神・芝1600mの未勝利戦川田将雅を迎えて向かうと、ここは先行策から楽に抜け出して2身半差で快勝する。

続いて8月新潟2歳ステークスGⅢに参戦。上は松山弘平、12.1倍の5番人気レーススタートで躓いて最後方からになり、直線で大外から追い込んだもののセリフォスの5着まで。

戸崎圭太を迎えた10月サウジアラビアロイヤルカップGⅢでは5.4倍の3番人気。中団からレースを進めたが、前を行った同じサンデー勝負服、1番人気コマンドラインと2番人気ステルティーアは届かず7頭立ての3着。

11月デイリー杯2歳ステークスGⅡではデビュー戦以来の吉田隼人上に戻り、7.3倍の4番人気。好スタートからハナを切ったあとプルパレイに先頭を譲り2番手で進めたが、直線で伸びず7頭立ての5着。ちなみにこのときの1着もまたセリフォス

疲れが見えたということで阪神JFには向かわず、1勝のみで重賞では詰めの甘い感じのまま2歳シーズンは終了となった。

3歳

明けて3歳は自己条件に戻り、2月阪神・芝1600mの1勝クラス、こぶし賞から始動。また6頭立ての小頭数レースで1.7倍の1番人気坂井瑠星を迎えたここは3番手で先行すると、の中逃げるセイウンハーデスを最後にアタマ差かわして2勝を挙げる。

続いてフラワーカップGⅢへ。2戦以来の川田将雅上に迎え、4.4倍の2番人気。最内から逃げを見る位置で先行すると、直線で外に持ち出し、前でニシラブウインクを差し切って重賞初制覇を挙げた。薔薇一族としてもローズキングダム2011年京都大賞典以来、実に11年ぶりの重賞制覇である。

ローテがキツくなる桜花賞はパスして一旦放牧に出され、5月優駿牝馬GⅠへ。ダミアン・レーンを迎えたここでは、これといった同期の有との対戦実績がないこともあり単勝28.2倍の10番人気に留まった。ここは最内から5番手あたりで先行し、4コーナーから直線入口で外に持ち出す。そこへさらに外から並んできたのが桜花賞スターズオンアース。並んで叩き合いとなり、前にいるアートハウスをかわして抜け出したが、スターズオンアースの末脚に屈して1と1/4身差の2着。

紫苑ステークスGⅢから始動。上は坂井瑠星オークスでの走りから2.8倍の1番人気に支持されると、大外812番からなりに外の好位で進め、直線で逃げサウンドビバーチェを最後の追いべでクビ差かわして勝利重賞2勝を挙げる。

そして迎えた秋華賞GⅠ。故障明けながら三冠スターズオンアースが1番人気オークス3着のナミュールが2番人気。引き続き坂井が手綱をとるスタニングローズは、オークスの時点では人気で遠く及ばなかったこの2頭に次ぐ5.7倍の3番人気に支持される。
レーススターズオンアーススタートで前を塞がれ最後方からになる中、スタニングローズは好スタートから5番手の好位を確保。直線で前を行く4番人気アートハウスを残り200mで捕らえて先頭に出ると、外から追ってきたナミュール、さらに群を割って猛然と追い込んできたスターズオンアースの追撃を振り切って1着でゴールを駆け抜けた。

女王三冠を打ち破り、理想的な先行抜け出しのレースで、薔薇一族が12年ぶりのGⅠ制覇。上の坂井瑠星も、地方JpnⅠは勝っているが中央GⅠはこれが嬉しい初制覇となった。2着はナミュールで、高野厩舎は2頭出しでワンツーフィニッシュという最高の結果に。

続いて坂井騎手とともにエリザベス女王杯GⅠへ参戦。2歳上の三冠デアリングタクトに次ぐ、5.7倍の2番人気に支持される。しかしで重馬場の中、前走と同じく5番手での先行策を採ったのが裏に出て、馬場の悪い内を通ることになって消耗したようで、残り800mで手応えがなくなり、直線ではもう余なく14着に沈没

年末は香港ヴァーズ香港GⅠ)への遠征を予定していたが、背に疲れが残っているということで辞退し、年内は休養。エリ女の負け方もよくなかったので致し方なしか。

4歳

明けて4歳は中山記念GⅡから始動。シュネルマイスターダノンザキッドヒシイグアスといった実績あるとの戦いとなった。坂井瑠星サウジに行ったため上は吉田隼人となり、7.8倍の3番人気
レースゲートの出が良すぎて、前にを作れないまま3番手で進めることに。直線でも前の争いに食らいついていったものの、抜け出すには至らず5着。

標の大阪杯背中に疲れが残っているということで回避。ヴィクトリアマイルGⅠへ向かうも、後方で何もできないまま12着。その後左前脚の腱周囲炎が判明。浅屈腱にも若干ダメージがある可性もあり、そのまま休養へ入ることとなった。

世代役へ、古となって立て直し、さらなる魅惑のを咲かせられるか。

血統表

キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo
1990 鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
*マンファ
1991 黒鹿毛
*ラストタイクー *トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
ローザブランカ
2005 芦毛
FNo.1-w
*クロフネ
1998 芦毛
*フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
*ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
ローズバド
1998 青毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ロゼカラー Shirley Heights
*ローザネイ

クロス:Northern Dancer 5×5(6.25%)、Mill Reef 5×5(6.25%)

関連動画

関連静画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
天外魔境II[単語]

提供: ゴッドサイダー

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/22(水) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/22(水) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP