スタン・リー単語

スタンリー

  • 9
  • 0
掲示板をみる(86)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スタン・リー(Stan Leeとは、マーベル映画出たがりお爺ちゃんアメリカン・コミッククリエイターである。

概要

マーベル・コミックス創始者の一人。アメコミ界ではその名を知らない者はいない知名度と功績を持ち合わせ、数々のヒーローヴィランを輩出した。

編集後記を「Excelcior!(エクセルオール=向上せよ!)」と締めることから、この言葉が彼の代名詞として扱われている。

オリジン

ニューヨーク出身。本名はスタンリー・マーティン・リーバー。(1922年12月28日-2018年11月12日)

1940年代初頭のアメリカにてコミックブックという娯楽が生まれて間もない頃、マーベルの前身であるタイムリーコミックスに入社。ジャックカービージョーサイモンといった同社のアシスタントとしてキャリアスタートする。この時初めて書いたキャプテン・アメリカの短編でもが知る”スタン・リー”のペンネームを初めて用いた。

彼が最初にマーベルヒーローを誕生させたのは1960年代。マーベル社と名前を変えた当時、スタンにオーナーマーティン・グッドマンの以来で新しいコミックを作成してほしいと依頼。同時期にライバルDCコミックスが『ジャスティス・リーグ』で大成功を納め、経営が苦しかったマーベル社という状況下、スタンは『ファンタスティック・フォー』を生み出す。ストーリーに重要性を置いたスタンの作が世間にヒットし、DCに押されていたマーベルにとっては反撃の狼煙を上げる契機となった。

その後の60年代だけでもハルクマイティ・ソーアイアンマンX-MENスパイダーマンといったマーベルヒーローの代表格を短い期間で輩出。さらには40年代に人気のあったキャプテン・アメリカ復活させ、広大マーベルユニバースの礎を築き上げた。論、スタンだけではなくジャックや彼のであるラリー・リーバーカバー絵担当のスティーブ・ディッコらの支えもあってこそである。

80年代に入ると映像事業にも乗り出し、米国を中心にTVでのマーベルヒーローの活躍を支えるように。その後も下記のようにマーベル映画作品群に顔を出し、彼らの活躍を見守った。

マーベル・メソッド

マーベル明期の50年代当時、多い時には82本もの脚本を一人で手掛けていたスタンが生み出した手法。

これはアーティスト達に仕事が滞りなく行き渡るようにするためのもので、ストーリーの大まかなプロットを渡し、作画が出来上がってから台詞を入れる”という流れ。
アーティストと脚本の間で作品の整合性などを付ける的もあり、当時は苦の策であったこの手法を用い、作品の品質向上に役立てた。この手法は後にライバルDCコミックスにも取り入れられている。

その他の活動

アメリカン・コミックにおける活動のほか、日本漫画アニメ原作を担当したり声優を務めた。

マーベル映像作品群におけるスタン・リー

スタンは上記のようにマーベルヒーローを題材にした映画製作揮も務めている。
その劇中ではほぼ全ての作品に彼がカメオ出演していることは有名で、新作が開された際に「今回スタン・リーはどんな役で出てくるのか」という談義にが咲いた。以下は2000年代からの出演作の一例。

この他にもドラマエージェント・オブ・シールド』や、彼が原作を手掛けたアニメHEROMAN』、日本では予告詐欺で有名な『ベイマックス』、果てはPlayStation4ゲームソフトMarvel's Spider-Man』など、MARVELが関わる作品には大体どこかにスタンがいる。映画DVDを視聴する際は、ぜひその部分にも注視してほしい。

2012年YoutubeチャンネルMarvelous TVexit」が開設。ヒーローたちの「ツイてない日」の出来事をコミカルに描いたショートアニメーション「Bad Days」に(アニメキャラとして)カメオ出演した。
ちなみにこのシリーズは基本的にMARVEL作品が題材だが、それ以外(DCダークホースなど)も題材としており、その回には登場しない。バットマンの回には登場したものの「あっ、ワシ出ちゃいけなかった」と言い残してすぐ姿を消している。

訃報

数々のスーパーヒーローを世に送り出し、その実写映画に自身が登場するなど老いてなお盛んなスタン・リーであったが、2018年11月12日95歳にしてこの世を去った。

恒例のカメオ出演は、2019年開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』が最後の登場となった。
1970年ニュージャージー、軍駐屯地近くをで爆走するヒッピーの男性。当時反戦運動の標として流行したフレーズ戦争せずにをしろ!(Make love, not war!)」を叫んでいる。

2019年3月開の『キャプテン・マーベル』では、冒頭のコミックをめくる演出からMCU所属のヒーローたちが次々現れるMARVELロゴ映像が、カメオ出演したスタン・リーに差し替えられる「スタン追悼バージョン」に変更され、最後には「THANK YOU, STAN」のメッセージが流された。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/26(木) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/26(木) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP