スターズオンアース単語

スターズオンアース

3.4千文字の記事
掲示板をみる(139)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スターズオンアースStars on Earth)とは、2019年まれの日本競走馬黒鹿毛

な勝ち
2022年桜花賞優駿牝馬(オークス)

概要

ドゥラメンテ*サザンスターズSmart Strikeという血統。

キングカメハメハアドマイヤグルーヴ良血で、2015年皐月賞日本ダービーを圧倒的なで制しながらその後は故障に苦しみ、種牡馬として産駒がデビューし始めた矢先の2021年に急逝してしまった悲運の名。5世代しか残せなかった産駒のうち、スターズオンアースは2年の産駒である。

イギリス産の輸入繁殖で、2017年オークスソウルスターリングの半
こちらもスマートストライクはその良血を明するようにカーリンを筆頭に多な活躍を送り出し、2007年2008年の北リーディンサイアーにいた大種牡馬*スタセリタフランスオークスをはじめGⅠを6勝した名でありドイツの名系という、これまた折り紙付きの良血

というわけで、日本良血×北良血×欧州の名系という世界の良血よくばりセットみたいな血統である。

2019年2月27日千歳市の社台ファームで誕生。オーナーは社台レースホース。募集価格は70万円×40口(=2800万円)だった。

名の意味は公式上は「地球上の」となっているが、恐らくは中島みゆき名曲地上の星」がその由来であろう。

風の中のすばる

2歳~3歳2月・名だたるものを追って

高柳瑞樹厩舎に入厩し、デビュー2021年8月1日新潟新馬戦(芝1800m)。上はここからフェアリーSまで石橋脩。スローペースの展開を後方から追い込んだが、中団から抜け出したルージュティリアを捕らえきれず2着。

2戦10月9日東京未勝利戦(芝1800m)。ここは中団から直線で勢い良く抜け出して2身差の快勝。デビュー戦2着のあと2戦府中1800mを勝利というのは、8月31日立ったドゥラメンテと同じである。亡きドゥラメンテの遺児として、その良血もあって期待を集めたのだが……。

11月1勝クラス赤松賞東京・芝1600m)に1番人気で乗りこんだが、ここでは4番人気ナミュールの末脚に全に置いていかれて敗の3着

明けて3歳、1月フェアリーステークスから始動。ここでも1番人気に支持され、中団前の内に構えると直線では最内を抜け出したが、外から飛んできたライラックにクビ差かわされ2着

2月クイーンカップでは横山武史上に迎えやはり1番人気も、直線で群を割って抜け出したがプレサージュリフトに最後にクビ差差しきられて2着

どうにも勝ちきれないまま、重賞2着2回で収得賞金は貯まったので、そのまま桜花賞に乗りこむことになった。

桜花賞・桜に燃える草原のペガサス

さて本番の桜花賞上は前日の9Rで落しながらピンピンしている川田将雅が初騎乗。さすがにこの勝ちきれない戦績では単勝14.5倍の7番人気という評価もやむなしである。

中団でレースを進めたスターズオンアースは、直線に入っても群の中、前が壁の状態。
残り300mを切って前のパーソナルハイアルリングウェイの間に隙間ができると見るや猛然と加速するが、両の間に割って入った間、内にいたピンハイが斜行してパーソナルハイにぶつかり、押されたパーソナルハイによってアルリングウェイとの間に挟まれてしまう(この件でピンハイ高倉騎手は過怠を課された)

繊細なであれば、他タックルを受けるとそのまま戦意喪失してしまうこともしくない(例:2021年桜花賞メイケイエールタックルを食らったソングライン。ところがスターズオンアースは怯むどころか逆に闘志を燃やしてさらに加速。間を割って抜け出すと、前を行くウォーターナビレラを猛追する。
上の武豊が「今日は全てうまく行きました」とるほど璧なレースをし、もが押し切る流れと思っただろうウォーターナビレラゴール手前で捕らえ、ハナ差差しきったところがゴールだった。

上の川田騎手は「彼女の気持ちの強さが最後につながりました」とコメント。ここまでの勝ちきれない戦いの憤をらすように大一番で譲りの勝負根性を発揮し、武兄弟を打ち砕いて女王いた。ドゥラメンテ産駒は昨年の菊花賞タイトルホルダーに続く2年連続2頭クラシック制覇。高柳師は開業12年で嬉しいGⅠ初制覇となった。

オークス・運命を導く街角のヴィーナス

続いて優駿牝馬(オークス)へ。1982年の勝ちダイナカール1996年の勝ちエアグルーヴの血を継ぎ、*スタセリタフランスオークスことディアヌ賞の勝ち。さらには叔母ソウルスターリング2017年に制している、血統的には非常に縁が深いレースである。

しかし川田将雅がお手だったパールコードリベンジして忘れな草賞勝ちアートハウスに回ったため、今年未だJRA重賞勝利クリストフ・ルメールが初騎乗。さらに前走の桜花賞が10着まで0.3台に収まる大混戦だったのに加え、過去40年間で勝ちアパパネと同着のサンテミリオンしかいない大外818番というのもあり、人気でもそのアートハウスに抜かれて単勝6.5倍の3番人気に留まった。

そしてスタート前にラブパイローに蹴られたサウンドバーチェが放するアクシデントが発生。7分ほど走り回った後に捕らえられ除外。17頭でのレースとなり、発走は10分以上遅れることに。
1番人気サークルオブライフ等はそのもあってか出遅れ、逃げを打ったニシラブウインクペースを作る中、中団外に構えたスターズオンアース。直線でん中から大外に持ち出すと、残り400mからぐんぐんと伸び、並んで伸びてきたスタニングローズや内から突っ込んで来たナミュールをまとめて振り落とし、1と1/4身差という着差以上の強い勝。ドゥラメンテの二冠から7年、今度は府中からへと立ったに向け地上からかせてみせた。

これによってスターズオンアースはドゥラメンテと同じくクラシック二冠達成。しかも桜花賞オークスともテン乗りでの二冠は史上初スタセリタのディアヌ賞(オークス)、叔母ソウルスターリングオークスC.ルメール騎乗だったことを思えば、ここでのルメールへの乗り替わりは運命だったのかもしれない。

かしこの二冠の代償も大きく、レース後に右前肢第1の剥離折が発覚。更に検を行ったところ左前肢第1の剥離折も判明。ドゥラメンテも辿ったケガとの戦いというイバラへと足を踏み入れることになった。

それでも彼女は自身のオークス血統を明し、地上で綺羅星の果たせなかった三冠へ向かう。からでも見えるを、またひとつかせる為に。

血統表

ドゥラメンテ
2012 鹿毛
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファ *ラストタイクー
Pilot Bird
アドマイヤグルーヴ
2000 鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
エアグルーヴ *トニービン
ダイナカール
*サザンスターズ
2013 鹿毛
FNo.16-c
Smart Strike
1992 鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Classy 'n Smart Smarten
No Class
*スタセリタ
2006 青鹿毛
Monsun Konigsstuhl
Mosella
Soignee Dashing Blade
Suivez

クロスMr. Prospector 4×3(18.75%)

関連動画

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/05(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/05(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP