今注目のニュース
「ラッキー♪ブタなのに勝っちゃった」アニメ『賭ケグルイ××』よりARTFX J 早乙女芽亜里が2019年11月に発売!
果肉が黒い「謎のスイカバー」なのに味はいつも通り? 夏っぽくない見た目に困惑
居酒屋で気持ち悪くなって「場ゲロ」、罰金1万円はちょっと高すぎないか?

ストラヴィンスキー単語

ストラヴィンスキー

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

概要

イーゴリ・ストラヴィンスキーとは、ロシア作曲揮者、ピアニストとしても知られる音楽家20世紀を代表する作曲の一人である。

1882年6月17日ロシア帝国のサンクトペテルブルグに生まれる。大学法律を学んでいたが、在学中に作曲すようになり、作曲ニコライ・リムスキー=コルサコフ[1]の子息の紹介を受け、コルサコフに師事。作曲管弦楽について学んだ。

1908年、自作曲の交幻想曲『花火』がディアギレフ率いるロシアバレエ団によって初演された。これが認められ、以降『火の鳥』『ペトルーシュカ』『春の祭典』などの代表作を発表。原始義と呼ばれる作確立した。

1914年、第一次世界大戦の戦火を避けるためスイスに移住。1920年発表の『プルチネルラ』から第二次世界大戦終結までは新古典義に傾倒し、伝統的なクラシックに作を変えていった。

1939年ヨーロッパを離れアメリカに亡命。第二次世界大戦後は、かねてより対立していたシェーンベルクの十二音技法を用いた『ピアノオーケストラのためのムーブメンツ』などを作曲。晩年に至るまで常に新しい作を模索し続けた。1959年に来日してNHK交響楽団揮しており、映像も残されている。

1971年4月6日没。89歳。

生涯を通じて作が変化し続けたため、「カメレオン作曲」、「1001の顔を持つ男」とも呼ばれた。

日本との関わり

昭和34年(1959年)、演奏のために来日。この時ラジオで聴いた武満徹の『弦楽のためのレクイエム』を称賛したことによって武満の際的知名度の向上に貢献している。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ニコライ・リムスキー=コルサコフ(1844年 - 1908年)。19世紀後期ロシアにおいて民族義的な音楽を志向したロシア五人組の一人。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP