スノーフォール単語

スノーフォール

3.5千文字の記事
掲示板をみる(488)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スノーフォール(Snowfall)とは、2018年まれの日本生産アイルランド調教競走馬である。

概要

ディープインパクト*ベストインワールドGalileoという血統。

ディープインパクトは説明不要レベル日本七冠
ベストインワールド凱旋門賞Foundの全で血の閉塞を避けるためにクールモア日本ノーザンファームに送り込んだ繁殖言わずと知れた21世紀の欧州を席巻し続けるトップサイアーである。
立場的には、もし2007年以前にジャパンカップなど日本レースに出走した場合、出走表には父内国産馬を表す「マル」と外調教を表す「カク」の印が併記されるという、特殊な立場にいるである。

日本で生まれたこのアイルランドに送られ、スノーフォールという名でアイルランド名門エイダンオブライエン厩舎に預けられた。

雪が降る

2歳(2020年)

スノーフォールは6月10日未勝利戦で14頭立ての3着に敗れ、28日の未勝利戦でも9頭立ての8着と惨敗した。初勝利を挙げたのは3戦7月19日未勝利戦だった。

しかしオブライエン師はこのに期待していたようで、重賞を使われ続けたが、シルヴァーフレッシュS(GIII)4着、デビタントS(GII)5着、モイグレアスタッドS(GI)9着、フィリーズマイル(GI)8着といいところなくこの年のレースを終えた。

なお、フィリーズマイルでは3着に入線したはずが、後になって同厩のMother Earth騎手とゼッケンが取り違えられたまま発走していて、本物のスノーフォールは8着入線だったことが判明。裁定の結果、本来のの入線順どおりMother Earthが3着、本が8着で確定した。ちなみに、ブックメーカーの多くはどちらのの複勝馬券も払い戻しに応じたという。
また、3着に好走したのにあやうく大敗にされかけたMother Earthは翌年にイギリス1000ギニー(GI)を勝つことになる。

3歳(2021年)

の間にスノーフォールは変わり身を見せ、5月12日ヨーク競馬場でのミュードラS(GIII)では3身3/4差で快勝し、期待していたレベルであることを明して見せた。

6月4日オークスステークス(GI)では名手ランフランコ・デットーリ騎手上で出走。中やや後方から直線に入ると、「熱したナイフバターを切るように」楽に抜け出し、そこから先は「あまりにもく抜け出たのでゴーグルを脱いで残りの5ハロンを贅沢な旅行に行く気分だった」と表現することになった16身の圧勝劇を演じることになった。この着差は1983年Sun Princessの12身を更新する英オークス史上最大の記録だった。また、この勝利オブライエン師はイギリスクラシック40勝を達成し、ジョンスコット師(史上初の三冠馬West Australianなどの管理調教師)が1827年から1863年にかけて作った記録に並んだ。

次走はキングジョージVI世&クイーンエリザベスステークスなども取り沙汰されたが、最終的に7月17日アイリッシュオークス(GI)に出走した。オブライエン厩舎のファーストジョッキーであるライアンムーア騎手騎乗で出走した本は、8頭立ての上に立った実績を持っているが他にいないというのもあり単勝1.25倍の圧倒的人気に支持された。そしてレースでも直線あっさり抜け出して勝負を決め、2着に入った同厩のDivinely(凱旋門賞Foundの全、つまり本叔母)に8身半という差をつけ圧勝した。
オークス制覇はかのEnable以来となり、オークスオブライエン厩舎にとってはSeventh Heaven以来5年ぶり6勝ムーア騎手にとってはすんごい脚のSnow Fairy以来11年ぶり2勝となった。

続いて8月19日ヨークシャーオークス(GI)に出走。初の古混合戦で、相手にGI2勝を含む重賞4連勝中の4歳Wonderful Tonightもいたが、それでも単勝1.5倍の圧倒的1番人気に推された。レースでは7頭立ての後方2番手からの競馬となったが、直線に入って仕掛けられると楽々と先頭に立ち、そのまま4身差を付けて勝利した。英オークスおよびヨークシャーオークス勝利したのはEnable以来8頭で、勝ち時計2:26.61もヨーク競馬場での開催では歴代3位という好内容であった。
この勝利により、ブックメーカー各社の凱旋門賞の前売りオッズは単勝3倍台に下落した。現段階では凱旋門賞への登録がない本だが、オブライエン師が凱旋門賞の前に1戦挟むことを示唆したため、今後の動向に更に注が集まることとなった。

叩きレース補にはチャンピオンSやメイトロンSが補に挙がっていたが、最終的に凱旋門賞と同じコースヴェルメイユ賞(GI・2400m)に出走した。現地では単勝1.1倍(!)という人気に推されていたが、7頭立ての5番手から直線を迎えて伸びてきたものの、乗り替わったデットーリ騎手く「後ろから行き過ぎた」とのことで先に抜け出したTeonaを捉えることが出来ず2着に敗れ、連勝は4で止まった。勝ったTeonaはミュードラSで3着、英オークスでは10着に破っていたであった。
レースの結果を受け、ブックメーカー各社では軒並み1番人気だった本の評価が一部のブックメーカーでは下げられ、例えばPaddy Powerexitでは前日のチャンピオンSで2着だったTarnawaおよび英ダービーキングジョージを制した3歳Adayarに次ぐ3番人気に下落するなど、一強とはいえない情勢となった。

敗戦から数日後、オブライエン調教師体などに異常が見られなかったため凱旋門賞の出走を表明。本番まで残り1かを切り、一気に混戦模様となったレースを制しディープに勝利を挙げられるか。

10月3日凱旋門賞。直線で追い出すが6着に敗れる。オブライエン師は「エプソムでの走りを見れば悪は彼女にとって何の問題もない」と言っていたものの、近年でも極悪の重馬場には対応できなかった。ディープの辱とはならず念の結果となった。

このレースと前後して、引退・繁殖入りした後は先に種牡馬入りしたチャンピオンSなどの勝ちSt. Mark's Basilicaとの配合プランが既に挙がっていることが明らかとなった。

凱旋門賞の後は2週間後のチャンピオンフィリーズ&メアズS(GI)に出走した。しかし直線で伸びきれず、いずれもヨークシャーオークス牙にかけず破ったEshaadaとAlbafloraの後を拝し3着に敗れた。

この年は後半一息だったが7戦4勝・GI3勝となった。また、カルティエ賞最優秀3歳を受賞した。

急死

3歳時をもって引退するかが明言されていなかったこともあり今後の動向が注されていた2022年1月11日(現地時間)、盤に致命的な故障を負ったために安楽死措置が執られたことが報じられた。エイダンオブライエン師によると「数週間前に負傷し、数日前から容態が悪化した」「昼間に厩務員がカイバを食べさせ、その1時間後に戻ってくると馬房の中で負傷していた。正確に何が起きたかは不明」exitとのことである。

吉田直哉氏のツイートexitによると、キャスト(横にが寝、誤って側に寝転んで立てなくなり、半ばパニックになったように暴れること)により盤を負傷したと推測される。このキャストスタッフが細心を尽くしてもゼロにはできない不運事故とされる。

血統表

ディープインパクト
2002 鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ウインドインハーヘア
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
*ベストインワールド
2013 鹿毛
FNo.1-m
Galileo
1988 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Urban Sea Miswaki
Allegretta
Red Evie
2003 鹿毛
Intikhab Red Ransom
Crafty Example
Malafemmena Nordico
Martinova

クロスNorthern Dancer 5×4×5(12.50%)

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/13(土) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/13(土) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP