今注目のニュース
「このザク、伸びるぞ…?」排気ダクトが伸びすぎて困惑するガンダムと、驚いてモノアイが飛び出るザクII
「メルペイの招待ポイント全部すき家で使う」SNSで公約 → 数万ポイントが発生、130日以上すき家で食べ続ける鉄人が話題に
ガチ恋勢に推し被り、ドルオタは心が揺れて大変だ 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」3話

スプリングマン(キン肉マン)単語

スプリングマン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

MARK XXXIXについて語るスレ#106

スプリングマンとは、ゆでたまご漫画キン肉マン』『キン肉マンII世』などに登場するバネの人である。アニメ版の田中秀幸

概要

古代ギリシア出身で4000歳の長生き人。長く行き続けた為か、果てしなく続く人間たちの醜い争いに失望し、大魔王サタンに魂を売って悪魔人になったらしい。口癖は「ケケケ〜」。「スプリング」という名が示す通り、全身がバネの形をしており、金属製のボディを持つ。軟体人のため、身体には両手の以外の関節がなく、格も頭部・両腕・両脚以外は持たない。そのため投げ技や関節技などがほとんど通用しない。

7人の悪魔人の中ではベテラン人としての経験を買われてか、バッファローマンの参謀的なポジションにあり、要所要所で他の悪魔人に適切なアドバイスを与える場面が見られる。人の事情についても精通しているものの、キン肉マンコミックはまだ買いえていなかった。

ステカセキングとは修業時代からの盟友。2人ともなかなか手がかかったらしく、教官スニゲーターに特にしごかれていた。

ファンからはバネ、バネ男、バネさんという称で呼ばれることも。

プロフィール

おもな活躍

初登場は『キン肉マン』における七人の悪魔人編。

七人の悪魔人編では2度戦っており、一戦ウルフマンアニメではリキシマン)と、二戦バッファローマンタッグを組んでモンゴルマンキン肉マンキン肉スグル)と戦った。

ウルフマンとの戦いでは、舞台である鳥取砂丘特性を利用してウルフマンにわざと攻めさせ、投げ技を繰り返させることで砂でできた足場を固め、動きやすくすることに成功。
その上で自ら作り上げた階段状の岩場からデビルトムボーイを仕掛け、バネ状の体でウルフマンを締め上げ、最後には数の塊に変えてしまい、惨殺。悪魔人軍の1勝を飾る。

田園コロシアムでの戦いではバッファローマンと組んでのタッグマッチだったものの、ターゲットを定めたこともあってモンゴルマンと一対一で対戦することに。ウルフマンの時と同じくバネで締め付けて倒そうとしたが、ネコジャラシの原理を応用した髪の毛で脱出される。
さらにモンゴルマンが体から湧き出る汗を蒸発させることで作り上げたから降る地獄のシャワー)で体が錆び付き、バネの機を果たせなくなってしまう。
最後にはモンゴルマンのレッグ・ラリアートより電流の流れるにぶつけられ、敗北。後に敗北責任を取り悪魔騎士斬首された後、彼の腕はアシュラマンの腕のひとつとなっていた。

初代『キン肉マン』では七人の悪魔人編以降はほとんど出番がなかったが、『キン肉マンII世』のデーモンシード編で久し振りに登場。なぜか伝説人の一員とされていた。この時は眼鏡をかけヒゲを生やしており、少し老けたのか皺があった。作中では負傷で入院中のバッファローマンを見舞った後、彼と共にキン万太郎アシュラマンの試合に駆け付けた。

キン肉マン』の王位争奪戦以降の世界を描いた「完璧・無量大数軍編」で再登場。当初は出撃予定だったが、キン肉マンが突如登場したことにより出番がなくなり、第1ラウンドはバッファローマンと共に東京ドームモニターから仲間たちの戦いを観戦していた。このとき、バッファローマンを取られまいとする嫉妬心なのか、なれなれしく話しかけるキン肉マンを引き剥がそうとしたり、キン肉マンとピークア・ブーの対戦をつまらなさそうにして悪態をついていた。

無量大数軍の第2の登場と共に自身も参戦。鳥取砂丘のサッカラ階段ピラミッドリング第4ステップにてグリムリパーと対戦していたのだが、第5ステップのリングが崩壊した影バッファローマンと再びタッグチームディアボロス」を組み、グリムリパー&ターボメンの完璧超人チームジョン・ドゥズ」と対戦。ステカセキングであるターボメンに対しては強い敵意を持っていた。
ターボメン戦では以前にも増して鍛えた技を駆使して戦ったが、ターボメンのパワー増幅体の硬度を限界まで上げられてしまい、体からバネの特性が失われてしまう。そのために体がひび割れ、砕けそうになる。しかしそんな状況でも不屈の闘志で立ち上がり、バッファローマンとのツープラトンロングホーントレイン」で両脚が砕けながらも死を尽くしてターボメンを撃破。
ステカセキング討ちを果たし、「バッファローマンとまたタッグを組みたい」と満面の笑みで言い残し、砕け散った。(バッファローマンを借りはしたものの、超人閻魔帳における「ランク」を覆して敵を撃破した数少ない例である)

キン肉マンⅡ世での活躍

悪魔の種子編」で登場。なぜか伝説人の一員となっており、老化が進んだせいなのか縁のメガネをかけている。デーモンシードNo.1のザ・コンスレーションとの闘いの負傷で入院中のバッファローマンを見舞った後で彼に肩を貸して、キン万太郎対再生アシュラマンの試合に駆けつけた。

おもな必殺技

シングル技

デビルトムボーイ
バネでできた身体の特性を活かしたスプリングマンの代表的な必殺技岩盤キックで削って作った階段、あるいはスタンド最上段に上り、階段の上からおもちゃのスプリングのごとく一気に駆け下り、相手の体をバネで締め付ける。
螺旋壊体搾り
デビルトムボーイで飛び掛かり、バネ状の体内に相手を捕捉して締め上げる技。ウルフマンの鍛え抜かれた体ですら破壊するほどの威があり、最終的に死に至らしめている。バネの縁を鋭利に変化させるプリンナイフにより、さらに威が増す。
プリンサイクロン
相手の左腕にはまり込み、そのまま地面に叩きつける技。

タッグ技

プリング・バズーカ
ディアボロスの代表的なツープラトンバッファローマンの右腕に絡み付き、引き伸ばされることで矢のように飛び、相手に体当たりを喰らわせる。
ドッジボール
ディアボロスのツープラトンバッファローマンスプリングマンに何度も頭突きし、その反動を利用し相手に連続でボディアタックをしかける。
ロングホーントレイン
本来は2000パワーズのフェーバリット・ホールドだが、ターボメン妥当の切り札としてディアボロスも使用。ターボメンのアースユニットによりボディの弾性が失われた代わりに足回りの硬度が上がり、追撃を続け高速で3連発を打ち込むことが可に。すでに体が崩壊しかかっていたスプリングマンは、上半身のバッファローマンを放り投げ、ロングホーンの一撃でトドメを刺し、己の命と引き換えにターボメンを倒している。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/24(金) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/24(金) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP