今注目のニュース
30歳女性、妊活のため転職したけど「子どもが欲しくない」という悩みに励ましの声  「子育てはひとりでするものではない」
雪見だいふく78円、ガリガリ君7本178円! 西友が増税前にお得な値下げキャンペーン
総支配人「好きすぎて」 旅客機のコクピットをまるっと再現 羽田エクセルホテル東急の「ブッ飛びフライトシム客室」はなぜできたのか

スプレー単語

スプレー

掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

スプレーとは、様々な液体を状・泡状で噴出する装置、又はそれを備えたスプレー缶などをす言葉である。日常生活においては殺剤や冷却スプレーなどが染み深い。

概要

圧縮した空気ガスを用いて液体をノズルの先から噴出させるものであるが、中に入っているガスは可燃性のものが多いので火気厳禁の表示があるものは特に注意が必要。映画などではライターとスプレーを使って簡易の火炎放射器を作っている場面をみることもあるだろう。実際に同じようなことはできるようだが、言うまでもなく危険なのでマネしないほうが良い。

日常では消毒、殺剤、冷却剤、防剤、消火剤、整剤、抗炎症剤など、多数のものがスプレーになっている。一吹きで一定の範囲に対して効率的に散布することができるため、液状やチュープのものとべて利便性が高い。

塗料を散布するスプレーもあり、アートや画などに利用されている。その一方で、心い人たちが落書きに使用することもある。これも、手軽に使うことができることが理由として大きい。

また野球において「色々な方向へ打ちわけることができる打者」のことをスプレーヒッターと呼ぶこともある。

スプレー缶の使用・処分の際の注意

スプレー缶の場合、先述したようにその使用・処分の際に注意が必要である。

まず中身が高圧ガスであるため、高温のところに置いておくと破裂するので注意。うっかりガスコンロやストーブなどの隣に置かないように。

またスプレー缶の中身によっては、使用・処分の際に火気で爆発する危険性がある。例えば、可燃性の制汗剤を使った実験exitでは、密室で20使用し続けた上で火が生じても爆発しうることが明されている。そのため、使用の際は換気をすること、処分の際はまず全に使い切ることを守ろう。

ちなみに、過去にはスプレー缶を処分する際はを開けることとされていたが、2018年12月現在を開けるか開けないかについては、自治体や処分の状況によって規定が異なる。これはを開けたことでかえって爆発などの被害が出てしまうケースが続出して、ルールの変更が進んでいるため。環境省を開けないようにという通達を出しているため、今後はを開けない方向で動いていくと思われる。

ひとまず、現在それぞれの自治体ゴミ出しの方法を確認する必要がある。を開ける際も、必ず全に使い切ったうえで行う。間違ってもそのまま可燃ゴミで捨てないこと余った中身を使い切る場合や、を開ける場合も室内で行わないこと

最近は、を開けずともガス抜きが容易にできるような構造のスプレー缶も多く流通するようになってきた。

なお、「エアゾール式簡易消火具」については、メーカーが自主回収しているものもあるexitので確認を要する。

創作の中のスプレー

関連動画

関連商品

関連記事

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/26(月) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/26(月) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP