スベスベマンジュウガニ単語

スベスベマンジュウガニ

1.0千文字の記事
掲示板をみる(45)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(18)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スベスベマンジュウガニとは、ふっくらとした触感がありそうで、お茶が一杯欲しくなりそうな、そんな名前カニである。

概要

しかし美味しそうな名前命名者のスベスベマンジュウな全身の殻と脚部の身にはテトロドトキシン(いわゆるフグを含む数種の猛があるため、食べると死に到ることもある。ただし、口に入れない限りはで、触ったりハサミで挟まれたりしても大丈夫。それと胴体部の身はとされているが、このカニは餌から素を採り入れている可性が高く、やはり食べないのが難だろう。死にたくなければ。

日本では千葉県以南のに生息しており、海水浴などで見かけることもある。ただし甲長5cmの小さなカニということもあってか、実際に本種を食べたことによる中事件は報告されていない。しかし、他の同科の猛ガニによる中事件(死亡含む)はいくつか報告されているため、海水浴場でこのカニを捕まえたからと言って絶対に持って帰って食べないように。(中例に関しては、これらの種は前述のように小さいカニであるため、そのまま単体を食べるというよりは複数匹を味噌汁などにして食べて中を起こしてしまったという事例がほとんどである為、無人島での生活の際にはむやみにそこら辺のカニを捕まえて調理しないほうがいい。)また殻にも猛があるため、ペットや小さい子供に戯れに与えるのも大変危険である。何よりこのキュートなわがままバディ一つに大人3人分もの致死量ダイナイツが詰まってるのだ。

もともと英語圏に存在しない種なので英語での呼称は一定せず、 xanthid crab (ザンシッド=褐色カニ)、○○ (tiny) crabの(小)ガニ(○○には poisonous, toxic などが入る))、reef crab (浅瀬礁のカニ)など味気いものの他、shawl crabショーを被ったカニ)、 floral egg crabの模様のあるのようなカニ)などの可らしいものもある。学名の Artegatis floridus はラテン語で「磨いたようなピカピカの殻を持つ(=マンジュウガニ属の)の模様のある(カニ)」という意味。もちろん、これらも命名者のである。命が惜しいのならば、ゆめゆめ騙されてはいけない。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 43ななしのよっしん

    2019/08/16(金) 12:53:47 ID: fuqjq6yeeS

    そら滑々よ

  • 44ななしのよっしん

    2020/03/10(火) 05:45:00 ID: besiBnzdYf

    すべすべー

  • 45ななしのよっしん

    2020/12/03(木) 22:29:57 ID: mksHCL3Fiz

    幻想種のネタ記事だと思ったらガチな猛だった時のの顔

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/29(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/29(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP