スペースチャンネル5単語

スペースチャンネルファイブ

  • 9
  • 0
掲示板をみる(110)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スペースチャンネル5とは、セガより発売されたダンスゲーム音ゲー)のシリーズである。

概要

「スペースチャンネル5」は、セガAM9研及びUGAにて開発されたダンスゲーム音ゲー)である。宇宙放送局「スペースチャンネル5」に所属するリポーター・うららが、突如現れた宇宙人や軍団を相手に踊り暴れるというストーリーとなっている。
1作1999年ドリームキャストで発売され、2002年に続編であるパート2が発売された。プレイステーション2ではパート2の発売後に1作移植された。

システムは、コンピュータの見本演奏コマンド)をプレイヤーうらら)がリズム通り再現しながらステージクリアすもので、コマンドを覚える記憶だけでなく、示のテンポ通りに入するリズム感も必要となる。最初は簡単だが、次第にテンポ・裏拍・長いコマンドなどが入り混じり難易度が上がっていく。
ステージ全体がいわゆる「テレビ中継」の形を取られており、プレイヤーステージ達成状況に応じて「シチョーリツ」が増減。シチョーリツが0になると番組打ち切りゲームオーバー)となる。
また、パート2 には ミニゲームとして 連続100問のダンスクリアするモードもある。

テーマ曲に「メキシカフライヤー」を用いるなど、レトロチックSF世界観の構築をメインに据えられている。それらに独特のセンスを加えた世界観、そしてレベルの高い数々の楽曲は未だに評価が高い。
パート1は動画の上にキャラクターを配置する「動画背景」の手法がふんだんに用いられ、曲線的でレトロチック世界観を高い準で表現していた。パート2では全面フルポリゴン化されたことで、凝ったカメラアングル音楽に合わせた細かいカット割りが実現した。

長年続編の予定はなかったが、うららモロ人はセガの他作品にゲストキャラとして登場している。また、独特のデザインセンスノリは、一部「きみのためなら死ねる」「赤ちゃんはどこからくるの?」へ受け継がれている。

2016年『スペースチャンネル5 VR ウキウキビューイングショ-』発表。東京ゲームショーにてHTC ViveVRコンテンツデモが披露された。あくまでもデモということで、対応機種等は未定。開発はグランディン株式会社

2020年『スペースチャンネル5 VR あらかたダンシングショー』発売予定。対応機種はPSVRHTC Vive SteamVROculus

うららの声

うらら役の声優テレビ番組とのタイアップによりオーディション選考された。ところがオーディションうらら役として抜された飯田は後にプリン役に変更された。

うらら役には諸説あるが、公式にはうらら自身のとなっており、スタッフロールでもherself彼女自身)となっている。

 

 

スペースマイケル(本人)

パート1開発当時、アメリカに所用で出向いていた内海州史エグゼクティプロデューサー(当時)が「マイケルSEGAに対して怒っているようなので話を聞いてきてくれ」といわれ、本人の宿泊しているホテルへ出向いたところ、本人より「SEGAマイケルジャクソンゲームを作ると契約しているのに作ってくれない」との抗議を受けた。

SEGAは以前マイケルを題材にしたゲーム製作した際に、その後も作品をリリースする予定でマイケルサイド契約を結んだが、マイケルに当時悪いイメージが付いてしまった為に計画が頓挫してしまっていたのだという。

そこで製作中だったゲーム『スペースチャンネル5』を見せたところ、マイケル本人もいたく気に入り「自分もこのゲームに出たい!」と志願された。

本来であればマイケルサイドと綿密な打ち合わせをするべきではあるが、この時はマスターアップ前で時間がかったため出演にあたっての契約書にマイケル自らサインし、最終面にチョイ役でのみではあるが出演。この出演経緯は交渉を担当した内海氏のブログが詳しい。exit

かつて存在した公式サイトspacechannel5.comでは、マイケル出演のエピソードがスタッフによって語られておりexit、そのページには“I love the game to space channel 5 team”というマイケル直筆メッセージが書かれた画像が掲載されていた。

その為、続編のパート2ではメインキャラクターとして扱いが非常に大きくなっている。うららとの共演や自重しない叫びなどは一見の価値あり。

関連動画

2011年 Playstation3 PSNXbox360 XBLAでむくむく復活しました。

MAD他

関連商品

関連項目

外部リンク

マイケルとの交渉を担当した内海州人氏(現キューエンタテインメントCEO)のブログ2009年3月のエントリーexitマイケル出演の経緯がられている。2009年6月exit7月exitのエントリーでもマイケルについてられている。
初期スタッフ3人の内の1人ササキトモコ氏(東京ハイジ)のブログ2009年6月27日のエントリーexitマイケル・ジャクソンの未開音についてられている。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/25(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/25(金) 06:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP