今注目のニュース
激怒して食缶をひっくり返す…過剰な「完食指導」をなくすため、学校に今求められること
コンビニは1店舗当たり何人の客が必要なのか
有吉、G党の爆問・田中に「巨人ファンはダサい」「吉本と一緒」

スホーイ単語

スホーイ

掲示板をみる(29)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

スホーイСухой:Sukhoi)とは、ロシア航空機メーカーである。スホイとも。

変態機動のデモンストレーション定評のある航空機メーカーである。

概要

旧ソ連のスホーイ設計局を前身とする。戦闘機Su-27NATOコード"フランカー")の成功により、ミグにかわってソヴィエトロシア戦闘機の代名詞となった。

親方旗の例に漏れずソビエト崩壊に伴って一度は苦に陥ったものの、輸出商品であるフランカーシリーズの好調に支えられて盛り返し、現在は次期戦闘機Su-57の開発を進めている。また軍用機のみならず、Su-26等、民間向けのアクロバット専用機や旅客機なども手がけている。飛行艇で有名なベリエフとは提携関係にあるためにスホーイのPVなどでもベリエフの飛行機が登場することがある。

ソ連崩壊以降、たびたびエアショーにおいて変態機動を披露している。

主要現行機種

“”内はNATOコードネーム

Su-24 “フェンサー”

可変後退を持つ長距離戦闘爆撃機フランカーの発展Su-34/Su-32によって更新の予定。

Su-25フロッグフット”

双発ジェットの対地攻撃機A-10の運用コンセプトを参考にした近接支援機。ディーゼル燃料やガソリンでも飛べるともっぱらのうわさ。

Su-27フランカー

ロシアでの称は「ジュラーヴリク」。「現代制戦闘機の到達点の一つ」とも評される大戦闘機。その優美な曲面のラインとグラマラスなフォルムは、多くの「熟女マニアスケベアカども」を魅了している。

Su-34フルバック”

Su-27から発展した戦闘爆撃機機。軍や輸出用にはSu-32の名称も用いられる。おおまかなシルエットSu-27だが、大化・並列複座化されている。戦闘機のようなナリでありながら、ソノブイなどの潜水艦探知装備も搭載可だったり、長時間の作戦のためのトイレや簡易キッチンを装備していることなどが人気を集めている。

スホーイ・スーパージェット100SSJ100)

スホーイにおける初の民間旅客機70席~100席のいわゆるリージョナルジェット機。競合機との違いとしてはエコノミークラスでは横に2席+3席の5列配置の客室を持っていることだろう。冷戦終結後、西側の旅客機に奪われつつある旧ソ連機の代替需要のみならず、西側諸環境基準を達成し、外の市場にも打って出るづもりの野心的な旅客機。また、純産体制にはこだわっておらず開発における資本や下請けなどは西側企業とも連携し開発を進めていて、2008年5月に初飛行し、2011年4月よりアルメニアロシアエアラインに引き渡され就航している。

過去の主要機種

Su-7“フィッター”

1950年代に初飛行した大戦闘爆撃機。機体胴体部は同時期に開発されたMiG-21とそっくりで、MiG-21を大きくして後退化したような機体。航続距離が短く兵器搭載量が貧弱な弱点があり、前線に居た期間は短かった。

Su-17・Su-20・Su-22“フィッター”

MiG-23の対抗として作られた上述のSu-7のを可変にし、各部を良した機体。元々の機体素性の良さとスホーイ設計局の良のおかげで、戦闘爆撃機として優れた性と機体の頑丈さ、高い信頼性を持つ優秀な戦闘爆撃機に仕上がった。その結果東側で一大ファミリーを形成し、今日までのスホーイの礎となった傑作機である。ロシアでは退役済みだが、旧東側や中東では現在も輸出の機体を使用するも存在する。

Su-9“フィッシュポット”・Su-11“フィッシュポットC”

Su-7の防仕様の機体。デルタを採用しているため全に外観は「でかいMiG-21」。当時のソ連の電子技術のを結集したハイテク迎撃機であったが、同時期のアメリカハイテク機同様に機を搭載していない弱点があった。後にレーダーやアビオニクスを良したSu-11が登場している。またSu-9は生として『飛ぶ研究室』の異名を持つ数々の飛行試験機が作られ、後のソ連航空技術の発展に大きく貢献している。

Su-15“フラゴン

Su-9の発展。大レーダーが搭載できない弱点を持つ機首エアインテークをやめて、機体側部のインテークを採用している。迎撃機としては優秀な機体であったものの、アビオニクスが高度すぎたため輸出は作られずソ連軍だけで使用された。1978年大韓航空902便機撃事件と1983年大韓航空007便撃墜事件でも有名な機種。

試作機・開発中の機体

Su-47 (S-37) “ファキン

ベルクト(ビェールクト)と呼ばれる、技術デモンストレータ。前進と三面操を採用し、良好な機動性を発揮する。本来はソ連末期に構想された次期期戦闘機のための技術実機であった。採用した軍隊は存在しないが、一応の武装搭載はあるとされている。ACECOMBAT3に登場し、架機だと思っていたら実在したのでびっくりした。

Su-57

F-22に対抗しうロシア(そしてアメリカ以外で)初の第五世代戦闘機となる予定の将来戦闘機2010年1月、既存機のエンジンを流用し、レーダー等を搭載しない試作機が初飛行した。ロシア以外ではインドが将来的な採用を予定している。

評価

フランカーシリーズの成功において、スホーイは航空機メーカーとしての名確立した。登場当初、優れた性を持つフランカーは電子機器の貧弱さなど欠点を抱えていたものの、西側世界にとって大きな脅威だった。

ソヴィエトが崩壊し、秘密のベールに包まれていたフランカーの露出が増えるにつれ、フランカー民間航空/軍事マニアの心をつかんでいった。かく言う筆者も、航空自衛隊フランカー買わねえかな、と思っていたクチである。

しかし、フランカーえろい美しい曲面は中央流体力学研究所が研究したコンセプトに基づいており、MiG-29も同様のコンセプトに基づき、似た機体構成を用いている。

ならば、あえて問わねばなるまい。

スホーイの魅とは、フラゴンフロッグフットやフェンサーの抜けないさの中にこそあるのではないか、と。きょうもまた、冷凍ギョーザと引き換えで戦闘機を作る仕事がはじまるお・・・」

関連動画


関連商品

関連項目

掲示板

  • 27ななし

    2017/12/16(土) 21:09:55 ID: aKJc3HLgAn

    ドイツ君なんかf35とは別にまた独自の戦闘機作ろうって提案してるけどまたタイフーンの失敗繰り返すんですかね…

  • 28ななしのよっしん

    2017/12/16(土) 21:25:30 ID: U7sgWLPYO/

    いつも通り仕様でもめてる間にフランスが退出して
    その埋めをどうするかでまたもめる未来が見える見える・・・ひどいぜ。

  • 29ななしのよっしん

    2018/02/01(木) 16:20:52 ID: aKJc3HLgAn

    最近電子機器が貧弱な軍だといわれてきたけど現在電子戦を重視しデータリンク面などで結構を入れてるし、su-3580機 MIG-35100機追加配備されとるからスホーイミグは好調やね
    ていうか欧州航空産業で一番売り上げ得てるのってロシアぐらいなもんやな

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP