今注目のニュース
小池都知事が“夜の繁華街”の利用自粛要請…箕輪厚介氏「名指しされた業種の“死刑宣告”のようになってしまうのはおかしい」
五輪を人生のハイライトにしたいだけのノスタル爺/鈴木涼美
乙武洋匡さん「明日はエイプリルフールですが、コロナ関連の嘘だけはやめにしませんか」ツイートに反響

スラマニ単語

スラマニ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スラマニ(Sulamani)は、1999年まれの競走馬・元種ニコニコではスローペースのニエル賞のイメージが先行しがちだが、その実態は世界5ヶで走り、その全てでGIを勝ったの名である。

概要

血統

Hernando(エルナンド)、Soul Dream(ソウルドリーム)、Alleged(アレッジド)という血統のアイルランド。生産者はヌレイエフミエスクキングマンボなどを生産したフランス名門・ニアルコファミリーである。

エルナンドは3歳時にリュパン賞・ジョッケクルブ賞(通称:ダービー)と2つのGIを勝ち、その後もGI勝利こそかったものの4歳時の凱旋門賞カーネギーの2着、ラストランとなった5歳時のジャパンカップでも7番人気ながらランドの3着に健闘するなど一線級で長く活躍した競走馬

ソウルドリーム競走馬としては6戦1勝で何も書くことがない戦績だが、繁殖としてはスラマニが生まれる前年にカルティエ賞年度代表となった4歳上のであるDream Well(ドリームウェル)を産んでいる。アレッジド凱旋門賞連覇を含む10戦9勝2着1回という素晴らしい戦績を挙げ、種としても100頭近くのステークスウィナーを出して成功を収めた名で、総合するとスラマニは結構な良血であると言える。

3歳時

ティエリ・テュリエ騎手を背に3歳4月デビューしたスラマニだったが、デビュー戦では先行策から内を突こうとして前がになり、最後の200mくらいしか競馬にならないまま勝ちから4身差で7着に敗戦。続く2戦では今後の定石となる後方待機に脚質を転換し、後方2番手から差し切って初勝利を挙げ、3戦でも最後は流して連勝した。

デビュー3戦ジョッケクルブ賞では、5戦敗で既にGIを2勝していたAct One(アクトワン)が単勝1.9倍の圧倒的人気となり、ここまで重賞には出走歴すらないスラマニは単勝20.9倍の7番人気だった。しかしレースでは後方3番手で直線を向くと一気の末脚で他を撫でり、好位抜け出しを図ったアクトワンに1身半差をつけ優勝。見事フランスの3歳王者の座を射止めた。

標を凱旋門賞に定めたスラマニは、ステップレースとして行われる3歳限定のGII・ニエル賞(2400m)に出走したが、ここには対戦相手が2頭しかいなかった。この2頭はいずれも格下の相手だったためスラマニが単勝1.3倍の人気となり、これに応えたスラマニが2身差で勝。しかし少頭数のためスローペースになったことから、タイム2400mでありながら同日同コース限定GI・ヴェルメイユ賞や古GII・フォワ賞のそれよりも40以上遅い3:12.8という非常識な遅さであり、戻ってきた人には歓どころか大ブーイングが浴びせられた。

それでもそのレースの中で上がり勝負にも対応できることを示したスラマニは、本番の凱旋門賞では前年の2着でGI3勝のAquarelliste(アクワレリスト)、ナッソーステークスヨークシャーオークスと古混合GIを連勝した3歳Islington(イズリントン)、日本から遠征した菊花賞マンハッタンカフェなどを抑えて、レーシングポストトロフィー(2歳GI)・英ダービーのGI3勝を含む6連勝中のHigh Chaparral(ハイシャパラル)に次ぐ2番人気に支持された。やはりここでも後方待機策を取ったスラマニは直線で外側から鋭く追い込み、前にいたハイシャパラルやイズリントンく間に抜き去ったが、5番手から先に抜け出して先頭に立っていた7番人気Marienbard(マリエンバード)には3/4身届かず2着に惜敗した。

シーズン終了後、スラマニはゴドルフィンにトレードされ、サイード・ビン・スルール厩舎(UAE)に転厩。営は世界の中距離路線をすことを表明した。

4歳時

フランスから出たことのなかったスラマニだが、ここからは新たに戦となったランフランコ・デットーリ騎手とともに世界を飛び回ることになり、まずは手始めに3月末のドバイシーマクラシック(GI・2400m)に出走。ここではサンクルー大賞・香港ヴァーズのGI2勝を含め3連勝中のAnge Gabriel(アンジュガブリエル)などが対戦相手となり、いつも通り後方から末脚を爆発させるとコースレコードでまとめて差し切って優勝した。

この勝利のために次走のサンクルー大賞(GI・2400m)では単勝1.7倍となり、3.0倍のアンジュガブリエル以外は全て単勝オッズが10倍をえる一騎打ちムードとなったが、ここでは末脚がまさかの不発。勝ったアンジュガブリエルはおろか、ハイペースで飛ばした同厩のペースメーカーMillstreet(ミルストリート)すら捉えられず、勝ちから4身差の4着(5位入線後にミルストリートが降着になったため繰り上がり)に敗れた。

続けてキングジョージVI世&クイーンエリザベスステークスに出走。GI4勝のNayef(ネイエフ)、3連勝で英ダービーとなったKris Kin(クリスキン)、ダービーで英ダービーでも3着のAlamshar(アラムシャー)などのメンバーった。今回はしっかり末脚を爆発させて差し切る……と思われたのだが、直線途中で内によれたりしてもたつく場面があり、勝ったアラムシャーから3身半差の2着に敗れた。

次はアメリカへ飛んで2000m戦のアーリントンミリオンに出走。ここでは英チャンピオンステークスなどGI2勝のStorming Home(ストーミングホーム)に続く2番人気となった。デットーリ騎手に代わってデビッドフローレス騎手が手綱を執ったスラマニは大外から一気に追い込んだものの、めに抜け出したストーミングホームに届かず2着……と思われたところで事件が発生した。

スラマニが遮るもののない大外をぐんぐん伸びてストーミングホームに迫り、半身届かずゴールと思われたその一前に、ゴールまであと20mもないところでストーミングホームが突如外側に大斜行。ストーミングホームに騎乗していたゲイリースティーヴンス騎手ゴールとほぼ同時に振り落とされたばかりか、後続に踏まれて担架で搬送される事態となった。
それだけならこの記事で書くことではなかったのだが、この斜行が3位入線していたPaolini(パオリニ)とKaieteur(カイエトゥール)の2頭の進路を妨したとみなされ、ストーミングホームは4着に降着。スラマニが繰り上がって優勝となり、パオリニとカイエトゥールがそこからアタマ差で2着同着となった。

スラマニはこの勝利によってゴドルフィンにGI100を届けたのだが、20mで半身差を逆転できたとは思えないということで裁定を不満に思った観客の大ブーイング競馬場き、また降着となったストーミングホームもゴドルフィンを率いるシェイク・モハメド殿下の所有馬ということで、何とも後味の悪い結果となってしまった。

閑話休題、ターフクラシック招待ステークス(GI・12ハロン)を上のジェリー・ベイリー騎手が立ち上がるほど大きく躓くアクシデントを物ともせず単勝1.75倍の支持に応えて勝ったスラマニは、10月末の大一番であるブリーダーズカップ・ターフ(GI・12ハロン)に向かった。デットーリ騎手久々コンビを組んだスラマニはGIを勝って名誉を挽回したストーミングホームに次ぐ2番人気に支持されたが、追い込み不発のまま同着で優勝したハイシャパラル(本競走連覇)とJohar(ジョハー)の5着に敗れた。

5歳時

5歳時は始動戦とする予定だったタタソールゴールドカップコロネーションカップをフレグモーネのためにいずれも回避、6月プリンスオブウェールズステークス(GI・10ハロン)が始動戦となった。ここでは前年の英チャンピオンステークスの勝ちRakti(ラクティ)、スラマニが出そびれたタタソールゴールドカップを勝ったPowerscourt(パワーズコート)らを抑えて1番人気に支持されたが、直線でまたしても右によれる悪癖が出てラクティの4着に終わり、続けて出走したプリンセスオブウェールズステークス(GII)でも同様の負け方を喫して2着に終わった。

続けて出走したキングジョージVI世&クイーンエリザベスステークスでは、デットーリ騎手が同コースの前走・ハードウィックステークス(GII)で2着を6身ちぎり捨ててレコード勝ちした僚Doyen(ドワイエン)に騎乗するため、スラマニにはケリンマカヴォイ騎手が騎乗した。3連敗がいて4番人気に評価を落とし、代わって1番人気にドワイエンが支持されたこの一戦では内ラチ沿いを通ってよく伸びたものの、直線で先に抜け出して独走するドワイエンに全く追いつけないまま3身ちぎられ、2着Hard Buck(ハードバック)にもアタマ差後れを取って3着に敗れた。

デットーリ騎手が再び上に戻ったインターナショナルステークス(GI)では、パリ大賞典(GI)などGI3勝を含む6戦敗のBago(バゴ)に次ぐ2番人気に支持された。ここでは再びミルストリートペースを作っていく展開となったが、残り4ハロン地点でデットーリ騎手々にスパートを開始。そのままじわじわと他を追い抜いていき、残り50mほどの地点で先頭に躍り出て、そのまま2着の人気薄Norse Dancer(ノーダンサー)に3/4身差をつけ、およそ1年ぶりの勝利を飾った。

そして、営がラストランと決めたのは、凱旋門賞でもなくブリーダーズカップ・ターフでもなく、ブリーダーズカップの前週にカナダ・ウッドバイ競馬場で行われるカナディアインターナショナルステークス(GI・12ハロン)だった。ここで相手となった実績セントレジャーとレーシングポストトロフィーの勝ちBrian Boru(ブライアンボル)と前年の凱旋門賞2着Mubtaker(ムブタケル)くらいのものであり、スラマニは単勝1.85倍の断然人気に支持された。

ゲートが開くとスラマニは中団のインにピッタリつけて追走し、そのままじっくり脚を溜めて直線を向いた。そして群がバラけたところで大外に出すといつも通りの快な末脚を使って前を飲み込み、先頭に立っていたSimonas(シモナス)を並ぶ間もなく差し切って有終の美を飾った。

通算成績は17戦9勝・GI6勝。UAE→英→と5ヶを転戦し、その全てのでGIを勝つというのは並大抵のにできることではないだろう。引退した2004年にはシンガポール航空カップの勝ちEpalo(エパロ)と並んでワールドシリーズ・レーシングチャンピオンシップ競走馬部門王者にいている。

種牡馬として

ターフに別れを告げたスラマニは、ゴドルフィンの生産拠点の一つである英国ダルハムホールスタッドで種入り。初年度からMastery(マスタリー)がセントレジャー香港ヴァーズを勝つなど好調な滑り出しかと思われたが、その後が続かず、北半球でのGIマスタリー1頭にとどまった。フランスに移動した後、ブラジルでシャトル供用中に出した産駒が何頭かGIになりはしたが、それでも大成功とは言えず、2011年イギリスに戻ってきた後の種付け料は2500ポンド(2015年)という安値だった。2017年2月4日に病のためこの世を去った。

血統表

Hernando
1990 鹿
Niniski
1976 鹿
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
Virginia Hills Tom Rolfe
Ridin' Easy
Whakilyric
1984 鹿
Miswaki Mr. Prospector
Hopespringseternal
*リリズム
Lyrism
Lyphard
Pass a Glance
Soul Dream
1990 鹿
FNo.16-c
Alleged
1974 鹿
Hoist the Flag Tom Rolfe
Wavy Navy
Princess Pout Prince John
Determined Lady
Normia
1981
Northfields Northern Dancer
Little Hut
Mia Pola Relko
Polamia

クロス:Northern Dancer 4×5×4(15.63%)、Tom Rolfe 4×4(12.5%)、Backpasser 5×5(6.25%)

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/04/01(水) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/01(水) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP