今注目のニュース
台風、地震と相次いで発生する災害……でも4人に1人は避難場所を把握していないという現状
求人内容が不透明?やりがい搾取? 「活動自体は素晴らしいのに……」ウミガメを保護するNPO法人に批判あいつぐ
クレイジージャーニー放送打ち切りでネットに斜め上の意見があふれ返る!

スレイプネル級駆逐艦単語

スレイプネルキュウクチクカン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スレイプネル級駆逐艦Sleipner-klassen jager)とは、ノルウェー軍が保有した駆逐艦の艦級である。同艦6隻が建造された。

なお、設計の差異から四~六番艦をもってオーディン駆逐艦として別艦級とする場合があるが、当記事ではスレイプネル級の一部として扱う。

概要

王立ノルウェー軍が建造した駆逐艦
第二次世界大戦直前に6隻が建造された駆逐艦(のちにフリゲートに類別変更)で、現時点では最後にノルウェー産した駆逐艦でもある。二次大戦中には4隻がドイツ防軍軍(クリーグスマリーネ)に鹵獲・使用されたが、戦後ノルウェー軍に復帰した。

建造経緯

スレイプネル級駆逐艦は、ノルウェー軍が1930年代に建造した駆逐艦である。
もともとノルウェー軍はより大きく本格的な駆逐艦を欲していたのであるが、前級であるドラウグ級駆逐艦20世紀初頭に建造して以降、長い財政難に悩まされてきたノルウェー軍では、結局のところ僅かに基準排水量600tに満たないほどの小艦の建造と相成った。

しかし、基準排水量600tというのは、1930年ロンドン軍縮条約でいう駆逐艦の定義の下限である[1]。それを下回る「駆逐艦」。もはや駆逐艦と呼んで良いのか。それでもノルウェー軍は駆逐艦Jager)として建造したのではあるが、あまりにも小さいのでドイツ軍は常識的に考えてTorpedobootに類別した。そして二次戦後にはノルウェー軍も考え直したらしく装のうえフリゲートFregatt)に類別し直している。

そしてこの小駆逐艦にはできるだけの武装が搭載されることになり(どこかで聞いた話だ)、1934年に起工した一番艦スレイプネルを手始めに、1939年までに二番艦<エーゲル、三番艦<イーレル>が進工する。だが案の定、小さすぎる艦体ではどうにも耐波性や安定性に難があったらしく日本海軍知ってた」)1938年起工の四番艦オーディンからは設計してわずかに艦体を拡大・武装を削減(第二グループ/オーディン駆逐艦)。おかげでかろうじて駆逐艦扱いできる排水量進化五番艦バルデル>と六番艦トールの建造も進められていたが、この二隻はドイツノルウェー侵攻により装未了のまま鹵獲され、ドイツ軍のもとで工した。

兵装・性能

初期グループの設計は、全長74.3m、基準排水量597t(満載排水量708t)というもので、最大速32kt、航続距離は15kt3500里。兵装面では、40口径10cmを単装で3基、対用にボフォー40mm機関を1門、<スレイプネル>と<エーゲル>のみ12.7mm機を2門。装として533mm連装魚雷発射管を1基(<イーレル>のみ2基)。さらに爆24個を搭載することができた。

第二グループでは、全長76.0m、基準排水量632t(満載排水量719t)へとわずかに拡大されたが、速・航続距離に変化はし。<オーディン>の兵装は40口径10cm単装2基へと削減されたものの、初期グループ同様40mm機関1門、12.7mm機2門、533mm連装魚雷発射管1基、爆24個という容であった。ドイツ艇として工した<バルデル>と<トール>では、さらに10cmが単装1基へと削減され、12.7mm機も非搭載となっている。


このスレイプネル級が駆逐艦としていかに小さいか、この際、以下に同等艦艇との較表を載せてみる。較対が同時期でも駆逐艦とかではなく艇、しかもマジ<友>もとい千鳥型水雷艇なのはお察し下さい

スレイプネル級駆逐艦と千鳥型水雷艇の性
スレイプネル 千鳥型水雷艇
初期グループ 第二グループ 工時 修後
基準排水量 597t 632t 535t 600t
満載排水量 708t 719t 785t 815t
最大速 32kt 30kt 28kt
航続距離 3500里/15kt 3000里/14kt N/A
・機 10cm/40単装*3
40mm機関*1
など
10cm/40単装*2
40mm機関*1
など
12.7cm/50連装*1
12.7cm/50単装*1
など
12cm/45単装*3
など
533mm連装*1 53cm連装*2 53cm連装*1

見れば分かる通り、復元性修後の千鳥型水雷艇排水量に至っては、もはやスレイプネル級を圧倒している。というかむしろ基準排水量スレイプネル級以下でこの兵装の千鳥型水雷艇工時)、そりゃひっくり返るのも納得というレベルの代物であることのほうが露呈してしまった気がするが、それにしても小さい駆逐艦であった。

ドイツ海軍での改装

1940年のノルウェー侵攻によりドイツ艇となった<イーレル>(<レーヴェ>)、<オーディン>(パンター)、<バルデル>(レオパルト>)、<トール>(ティーガー)の四隻については、1941年にドイツ製の兵装への装が行われている。

装の内容は四隻とも同じで、42口径10.5cm速射を単装一基、37mm対機関を2門、20mm対を2門の搭載となった。<パンター>のみは同年中にさらに20mm対2門を追加装備している。

イギリスでの改装

いっぽうこの戦いでノルウェーを脱出し、イギリスを中心とする連合軍の上部隊に加わった<スレイプネル>は、1942年6月イギリスにおいて装を受けた。

この装では残しつつ装と機類を降ろし、代わりに10.2cm(QF 4inch Mk.V)単装2基、エリコ20mm機関Mk IIが2門を追加するなど、防が大きく強化されている。

なお、この時に降ろされた10cm北極圏のノルウェー領スヴァーバルに送られ、1943年のドイツによるスヴァーバル攻撃で破壊されるまでのあいだ沿として使用されたといわれる。

二次大戦後の改装

ノルウェー軍に戻って以降、1950年代にはフリゲートとしてあらためて装が行われた。

装の内容は全艦(二次大戦中に戦没した<エーゲル>除く)共通で、50口径7.6cm単装3基に変更、さらに40mm機関2門、20mm機2門、ヘッジホッグ対潜迫撃、爆24個といった容となり、対潜が強化された。

艦名

ネームシップの艦名「スレイプネル」はすなわち北欧神話スレイプニルのことであり、以下6隻すべてが北欧神話より名前を取っている。スレイプニル強襲艦駆逐艦」って言われるとなんかスペースオペラっぽい
ドイツ軍で運用された4隻については、それぞれ猛からドイツ語で名前が取られた。今度は戦車っぽい

艦歴

スレイプネル Sleipner

1934年起工、1936年進し翌年に就役。
1939年二次大戦勃発後、同年末に発生した冬戦争にあたっては、ノルウェー最北端のフィンマルク県に配備されて中立維持のためのバレン沿警備に就いている。10月末から11月初頭には、ノルウェー北部の港町トロムソに避難したアメリカ商船<シティオブフリント>を退去させる役を担った。

翌年4月ドイツノルウェー侵攻が発生。この時、艇<トリッグ>、警備艇<コモンヴェアルト>とともに当時ノルウェー中部のオーレスンにいたドイツ商船<ルーアオルト>とトロール船<テューリンゲン>を鹵獲した(前者はそのまま放棄)。4月後半には南部沿の防衛に移動し、ソグネ・フィヨルドでドイツ軍(ルフトヴァッフェ)の襲を受けた際には爆撃機を撃墜する戦果も挙げている。

そして同25日、ノルウェーを脱出し、イギリス領シェトランド諸を経てスカパ・フロー軍港に到着。ノルウェー艦艇のままイギリス海軍揮下で護衛任務に従事することとなり、以降156回の船団護衛を実施した。1944年3月、予備役編入されモスボール保管となったが、1945年ドイツ降伏によりノルウェーに戻り、1948年フリゲートとして再就役。1950年代には再装も受けたものの、1959年までに退役・解体された。

エーゲル Æger

1936年に進した<エーゲル>は、就役後の二次大戦勃発により、ノルウェー中部から西部にかけての沿地帯に配備された。冬戦争にあたってはフィンマルク県での警備にも就いている。

ドイツノルウェー侵攻が開始された1940年4月9日には、南西部の港町スタヴァンゲル周辺で不審なドイツ商船<ロダ>(ノルウェー占領後に使用する予定の対を偽装搭載していた)の拿捕を試みたが、船員が抵抗したためこれを撃沈した。

日中には、さらにドイツ軍第4爆撃航空団のJu88爆撃機の襲撃を受ける。<エーゲル>は対火器によって2機を撃墜したものの、航空爆弾の直撃を受けて対戦闘不能におちいったため、やむをえず放棄された。艦は沿部に漂着し、残された兵装はドイツ軍によって回収・使用されている。

イーレル Gyller / レーヴェ Löwe

1938年に進し、翌年に工。
ノルウェー北部に配備され、冬戦争に対応してのフィンマルク県での警備も担当し、機への対処などを行った。

1940年4月9日ドイツ軍ノルウェーに侵攻した時、<イーレル>はちょうどノルウェー南部の港湾都市クリスチャンサンに入港しており、ドイツ軍による最初の上陸のひとつを迎えることとなった。<イーレル>はドイツ軍の爆撃に対抗したものの、ドイツ軍によってクリスチャンサンは占領され、埠頭に係留されていた<イーレル>もそのまま拿捕された。

拿捕された<イーレル>はドイツ軍に編入され、艇<レーヴェ>名。<パンター>(<オーディン>)、<レオパルト>(<バルデル>)、<ティーガー>(<トール>)とともに第七艇隊を編成し、スカゲラク峡・カテガット峡方面で船団護衛と訓練任務にあたる。1941年にはドイツ製兵装への装も受けた。その後、バルト沿魚雷揚収艇として活動。1945年1月、東プロイセンからの避難民を満載した客船<ヴィルヘルム・グストロフ>が潜水艦撃を受け撃沈された際には一の護衛艦艇を務めており、500名近くを救助している。

同年5月ドイツの降伏によりノルウェー軍に返還され、駆逐艦<イーレル>として復帰。1948年にはフリゲートに類別変更された。1950年代には再装されたが、1959年までに退役・解体された。

オーディン Odin / パンター Panther

1939年に進・就役。
1940年4月8日ドイツ軍ノルウェー侵攻前日)、ノルウェーポーランド潜水艦<オジェウ>に撃沈されたドイツ貨客船<リオ・デ・ジャネイロ>(ノルウェー侵攻部隊の一部を輸送していた)の乗員を救助している。翌日のノルウェー侵攻発生時には<イーレル>とともにクリスチャンサンにあり、ドイツ軍の上陸に抵抗して防戦闘を行ったが、かなわず拿捕された。

4月20日ドイツ軍に艇<パンターとして編入。第七艇隊を編成してスカゲラク峡とカテガット峡方面で船団護衛・訓練任務にあたった。翌1941年にはドイツ製兵装の装も受けたが、1942年より魚雷揚収艇となりバルト沿で活動した。

1945年5月ドイツ降伏時にはノルウェーにあり、駆逐艦オーディン>としてノルウェー軍へと復帰。1948年フリゲートに類別変更、1950年代の再装を経て、1959年までに退役・解体された。

バルデル Balder / レオパルト Leopard

1939年に進した<バルデル>は、1940年5月ドイツノルウェー侵攻を受けた際には未だ装中であり、ドイツ艇<レオパルト>として同年7月工を迎えた。なお、この「レオパルト」の名は、ノルウェー侵攻中の同年4月30日に衝突事故で喪われた1924艇<レオパルト>を継ぐものであるが、この1924艇のほうが基準排水量300t大きい

僚艦とともに第七艇隊を編成して活動し、1941年には装を受ける。1942年には魚雷揚収艇となったが、1945年ドイツ降伏を受けてノルウェーに返還され、ようやく駆逐艦バルデル>としてノルウェー軍に就役した。1948年フリゲートに類別変更、1950年代には装を受けている。1958年1962年には、ノルウェーが開発したテルネ対潜迫撃実験アメリカ海軍と共同で行い、標的艦を担った原子力潜水艦ノーチラス>に直撃させたこともあるという。1962年退役。

トール Tor / ティーガー Tiger

トール>は1939年に進したが、装未了のまま1940年5月ドイツによるノルウェー侵攻を受けた。この時ノルウェー南部のフレドリクスタで装工事を行っていた<トール>は装員を降ろしての自沈を選んだが、進駐したドイツ軍は<トール>を浮揚して装工事を再開し、同年6月ドイツ艇<ティーガーとして就役させた。この「ティーガー」の名は、1939年8月27日、訓練中に駆逐艦Z3 マックス・シュルツ>との衝突事故で喪われた1924艇<ティーガー>の名を継ぐものであり、そういうわけで当然先代である艇のほうが大(ry

第七艇隊の一隻として活動し、1941年に装。1942年からは魚雷揚収艇としてバルト沿の第27潜隊群に所属する。1945年5月ドイツ降伏時にはデンマークにあり、駆逐艦トール>としてあらためてノルウェー軍に就役した。その後、1948年フリゲートへの類別変更、1950年代の装を経て、1959年に退役・解体。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *念のため言っておくと、ノルウェーは当然ロンドン軍縮会議に参加していないので、この定義に従う必要はない。

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 09:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP