スワーヴリチャード単語

スワーヴリチャード

4.0千文字の記事
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スワーヴリチャード(Suave Richard)とは、2014年まれの日本競走馬である。栗毛

東・野靖志厩舎所属、安町・ノーザンファーム生産、馬主はNICKS(スワーヴの冠名を使用)
な勝ち
2018年大阪杯(GⅠ)、2019年ジャパンカップ(GⅠ)
2017年アルゼンチン共和国杯(GⅡ)、2018年金鯱賞(GⅡ)、2017年共同通信杯(GⅢ)

名は「冠名+人名より」(JRA競走馬情報より)

生い立ち

ハーツクライ*ピラミマ、Unbridled's Songという血統。

ハーツクライ有馬記念ドバイシーマクラシックを勝ち、何と言っても内でディープインパクトに土を付けたとして名高い。同同期にはリスグラシューヨシダがいる。
の*ピラミマは現役時代未勝利BCジュヴェナイル優勝で、種牡馬としてはArrogateを代表に北で活躍し日本では*ラヴェリータが有名。近年ではとしても活躍している。
きさらぎ賞2着のバンドゴンがおり、祖母*キャリアコレクションは重賞2勝であるが、4代の半に英GⅠBeldale Flutterが見当たる程度で、さほど活躍の多い系ではない。

2014年の当歳セレクトセールでは玉の一つとして出品され、後の馬主となるNICKSへ血統アドバイザーを務める内啓安に1億5500万円で落札された。この価格は2014年の当歳セールに出たハーツクライ産駒の中でも最高額である。

2歳となり、東の野靖志厩舎へと入厩した。

競走生活

2~3歳

2歳9月阪神競馬場にて四位洋文(過去スワーヴのに乗っており2頭勝たせている)上でデビュー。しかし後方から快に追い込むも僅かに届かず新勝ちはならず、翌未勝利戦で勝ち上がる。
その後東スポ杯2歳Sへと挑み、直線外から追い込むも更に外からブレスジャーニーに交わされて2着となった。2歳シーズンはここで切り上げ3戦1勝で終わる。

明けて3歳となり共同通信杯から始動。今までスタートが今ひとつだったがここでもやはり今ひとつ。しかし中団のインでじっと溜めていると、直線では楽な手応えで先頭へと躍り出て2身半差をつけて快勝。これで重賞初制覇となった。
続く皐月賞では単勝7.0倍の2番人気(尚1番人気フラワーカップを圧勝してきたファンディーナ)に支持されたものの、中でポジションが下がってしまい、直線外へ持ち出されるも前残り傾向+消耗戦ペースもあって前に届かず6着となる。
そして日本ダービーへと挑戦。東京重賞勝ち+府中ハーツクライ、といった要素から3番人気に支持される。こちらは皐月賞とは反対に中緩々のスローペースとなる。内発走から中団前に位置取り、直線で外に持ち出して追い込むものの、向こう正面で一気に先団に立ったレイデオロの脚は止まらず2着となった。

初戦はアルゼンチン共和国杯を選択。これまで上を務めた四位洋文は降となり、新たにミルコ・デムーロが新たなパートナーとなった。ここでは単勝2.0倍の1番人気に推されると、レースでは中団の内を追走すると、直線に入って鋭く抜け出し、古を相手に2身半差の快勝を収める。
続いて有馬記念へ出走。前走快勝が評価されたかキタサンブラックに次ぐ2番人気に支持され、若干出遅れて後方から追い込むものの、直線で内にもたれてしまい4着に敗れ、上は騎乗停止、本調教注意を受けた。

4歳

明けて4歳となり、金鯱賞から始動。ここでは単勝1.6倍の1番人気に支持され、サトノノブレスが緩やかに逃げペースを2番手から追走し、直線で逃げるサトノノブレスを半身交わして勝利重賞3勝を挙げた。この勝利野師は「良い意味でズルくなった」と評価した。

そして次走にGⅠ昇格2年大阪杯を選択。前走勝利したとはいえ皐月賞アルアインと僅差の1番人気(3.5倍)に。自身含めハーツクライ産駒が東京競馬場を得意としていた事や、有馬記念で内にもたれていたように、スワーヴリチャードには右回りが苦手のレッテルが貼られていた。
レースが始まると大方の予想通りヤマカライデン逃げを打ち、外発走のスワーヴリチャードは後方を追走する。しかし1000m通過が611と非常に緩いペースとなり、そこでデムーロとスワーヴリチャードは向こう正面で一気にポジションを上げ、3コーナーで既に先頭に立った。そして直線に入っても脚色は衰えず、ペルシアンナイトの追撃を振り切ってゴールGⅠ初制覇となった。野靖志厩舎もJRAGⅠ初制覇(交流GⅠJBCスプリントをサマーウインドニシケンモノノフで勝利している)である。

そして3戦には初マイルとなる安田記念を選択。初のマイルとなるこの挑戦はマイルGⅠ4頭を抑えて1番人気に支持され、レースでも最内から先団を見る位置で追走し、直線でもじわりじわりと脚を伸ばしたものの、逃げアエロリットに届かず、更に内からモズアスコットに差され3着となった。

場を休養に充て、ぶっつけで天皇賞(秋)から始動。ここでも1番人気に推されたものの、スタートで一つ隣にいたマカヒキに寄られて最後方まで下がる不利を受ける。キセキの緩みない逃げペース+縦長の展開もあってポジションを上げられず、デムーロも直線半ばから追うのも止めて万事休す。10着に大敗した。
その後ジャパンカップに出走し、三冠アーモンドアイに次ぐも離された2番人気。ここでは中団前につけるが、キセキが前半緩めのペースから一気にロングスパートを仕掛けたため後半一気に加速。スワーヴリチャードは前2頭の差を詰められ3着に敗れた。

5歳

5歳となったスワーヴリチャードの初戦は、ドバイ遠征を見据えて中山記念が選択された。ここを中5, 6番手から直線を向いたが今ひとつ伸びに欠き4着。
そしてシュヴァルグランレイデオロと共にドバイシーマクラシックへ出走。デムーロが同日の大阪杯ペルシアンナイトに騎乗するため上はジョアン・モレイラスイッチレースではレイデオロ逃げる中スワーヴリチャードは後方を追走。直線では先に抜け出したOld Persianをシュヴァルグランと共に追いかけるものの、Old Persianに届かず、シュヴァルグランにも競り負けて3着。しかし4着を9身突き放し、初の、最後の海外遠征は中々の結果となった。

そして帰後に宝塚記念へ出走。ここでは同期クラシックホース3頭とリスグラシューなどが集まり同期が半数以上の7頭出走という同窓会の様相。単勝10倍を切るが6頭おり、スワーヴリチャードはその6番手とやや評価を落とす。レースでは中団から徐々にポジションを上げ、4コーナーを3番手で迎え直線でも脚を伸ばしたものの、リスグラシューキセキに及ばずこちらも3着となった。

初戦に天皇賞(秋)へ出走。ここでは天皇賞史上最多となるGⅠ10頭が集結しその中で5番人気となる。横山典弘コンビを形成するも、中団内から直線に向くが伸びを欠いて7着に敗れる。

そしてジャパンカップへと向かうが、ここでウッドチップコース体の調教から坂路中心の調教へと切り替え、新たに後方視界を遮って集中させる具のチークピーシーズを着用。レイデオロワグネリアンと2頭のダービーに次ぐ3番人気に支持され、上には英国からやって来たオイシンマーフィーを迎えた。
馬場東京競馬場。史上初となる外参戦なし、外国人騎手マーフィー含め7人と色々注を集めるレースとなった。レースが始まるとダイワキャグニーが逃げ、スワーヴリチャードは中団の前、先団を見る位置を追走。先頭集団が非常に固まって進み、直線に入るが外にはカレンブーケドールが上手く塞いでおり持ち出せない。ならば最内だ! と言わんばかりにイン逃げダイワキャグニーの更に内、基本的に1頭分けている最内へと潜り込み抜け出しを図り、追いすがるカレンブーケドールを3/4身抑えてゴールGⅠ2勝となり、上のマーフィーJRAGⅠ初制覇となった。
このジャパンカップ副題ディープインパクトメモリアルと銘打たれており、2-4着がディープインパクト産駒であったが、優勝したのはそのディープインパクト内で一破ったハーツクライの産駒であった事は、血が紡ぐ競馬の面さの一つであろう。

その後有馬記念に参戦したものの見せ場なく12着に敗北マーフィーく、残り800mから歩様がおかしくなり理をさせなかった為との事。
レース後は異常は見られず、ドバイ遠征を見据えていたものの、2週間後右飛節に腫れと痛みが生じ、協議の結果現役続行を断念。
今後は社台スタリオンステーション種牡馬となる。初年度の種付け料は200万円の模様。

血統表

*ハーツクライ
2001 鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス
1990 鹿毛
*トニービン *カンパラ
Severn Bridge
*ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
*ピラミマ
2005 黒鹿毛
FNo.1-a
Unbridled's Song
1993 芦毛
Unbridled Fappiano
Gana Facil
Trolley Song Caro
Lucky Spell
*キャリアコレクション
1995 鹿毛
General Meeting Seattle Slew
Alydar's Promise
River of Stars Riverman
Star Fortune

クロス:5代までに生じたクロスなし

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/19(金) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/19(金) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP