今注目のニュース
わずか4分の間に刺殺された30歳男性、殺害直前に知人と話していた不可解な内容とは【未解決事件ファイル】
2019年8月24日のハワイアンカード占い
「鬼滅の刃」善逸役・下野紘、海外のイベントに興味津々「広めたい。連れて行ってくれないかな」

スーパーグッピー単語

スーパーグッピー

掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

スーパーグッピーとは、世界一不細工な飛行機である。

概要

飛行機ロケットの胴体のような「大きいけど軽いもの」を輸するために開発された飛行機
C-97輸送機ストラトフレイター」をエアロスペース社が魔改造した機体であり、形式上ではC-97民間であるボーイング377「ストラトクルーザー」の改造機として登録されている。
実はこいつのベースとなったC-97は元をたどればあのB-29を元にした輸送機という。あのスリムで敵ながら中々カッコイイB-29どうしてこうなった
一応これでも「プレグナントグッピー」という前作があり、そいつよりもでかいので「スーパーなプレグナントグッピー」という意味でスーパーグッピーと命名された。
「正体」はレシプロ式の飛行機であるB-29であるが、エンジンはターボプロップに換装されており中々足は速いらしい

航空評論家佐貫男氏はこの機体を「世界で最も醜い極限を示した飛行機」と評したとか。

遍歴

何故そもそもスーパーグッピーが生み出されたのかというと、宇宙開発競争やかな1960年代、NASAでは宇宙ロケットやその部品輸送に「プレグナントグッピー」を使用していた。
だが「プレグナントグッピー」の輸送重量ではまだまだ輸送が足りず、当時進行していたアポロ計画遅延に繋がると恐れたNASAが「プレグナントグッピー」に更に貨物室の拡エンジン強化を施した機体をエアロスペース社に発注。その結果産まれたのがこの「スーパーグッピー」である。

「プレグナントグッピー」は原機同様のレシプロエンジンだったが、「スーパーグッピー」はエンジンをターボプロップに換装し速と最大離陸重量が増加させ、貨物室の拡大も併せて、より高速かつ効率的にロケットやその部品の輸送を行えるようにしようとしたのだ。

最初に試験的に改造されたのはC-97の中でも、アメリカ軍が試験的にエンジンレシプロエンジンからターボプロップエンジンに換装した実験YC-97Jのうちの1機をドナーとしたボーイング377SGで、1965年に初飛行。
後に量産機である「スーパーグッピー・タービン(ボーイング377SGT)」が「プレグナントグッピー」やボーイング377をドナーとして2機改造された。
SGSGTの大きな違いはエンジンプロペラで、SGYC-97J時代からのプラット&ホイットニーT34-P7ターボプロップエンジンと3枚羽根プロペラを、SGTではより進歩したアリソン501-D22Cターボプロップエンジンと4枚羽根プロペラを採用している。

試作1機・量産2機の計3機の「スーパーグッピー」は多数のサターンロケットの部品を輸送し、アポロ計画という人類史に残る偉業を影から支えた。

ところが1970年代に入ってアポロ計画が一段落つき、アメリカ宇宙開発が縮小しはじめると「スーパーグッピー」もまた職場を失うことになったのである。

一挙に行き場を失ったグッピーたちであったが、捨てるがあれば意外なところから拾うも現れる。
欧州の新航空機製造会社のエアバス社が、「スーパーグッピー」を欲しいと言い出してきたのだ。

エアバス社は欧州の複数の航空機製造メーカーの共同出資で運営されている会社で、飛行機の製造も欧州の製造拠点で製造された部品をフランスのトゥールーズ工場で組み立てて完成させるという仕組みであった。
そのため航空機の部品や部材などを欧州各地の製造拠点からトゥールーズ工場まで運搬する手段として、もともとロケット航空機部品運搬のために改造された「スーパーグッピー」にをつけたのである。

かくて1971年SGTの「スーパーグッピー」2機がフランスに渡り、エアバス社の航空機部品・部材輸送用として働くこととなったのである。
エアバス社の旅客機の部品を商業上のライバルであるボーイング社製の「スーパーグッピー」が運搬していたことを揶揄して「全てのエアバス機はボーイングによって届けられた」という一文も生まれている。
後に機体の製造数が増加したことなどを請けて、1979年に3機1980年に4機SGTが新規に改造・増備されている。

だが1980年代にも入ってくるといよいよ「スーパーグッピー」も陳腐化や老朽化が隠せなくなり、特に最初に購入した2機は経年化していた機体だったこともあり、エアバス社もいよいよ「スーパーグッピー」の代替機を計画。1994年に自社のA300旅客機ベースとした大輸送機エアバスベルーガを就役させて、「スーパーグッピー」を代替したのであった。
今度こそ働く場を失った「スーパーグッピー」であったが、エアバス社としても思い出深い機体であったグッピーはそのうち3機がそれぞれエアバス社の工場敷地で保存されたのであった。

老朽化がしくなったのはNASAに残存して宇宙開発用部品の輸送に携わっていた試作機のSGも同様であり、NASAとしても代替機が欲しかったところだった。
そこでをつけたのがまだ改造してから日の浅かったSGT4号機であり、NASA1997年エアバスからSGT4号機を購入して、SGと入れ替えるように就役させたのである。
引退したSGアリゾナ州のデヴィスモンサン軍基地(通称「飛行機墓場」と呼ばれるアメリカ軍飛行機保管所)に併設する博物館へと送られ、そこで保存されることとなった。

SGT4号機はNASAに渡った後は国際宇宙ステーションISS)の部品運搬などアメリカ世界宇宙開発を影から支え続け、今もを飛んでいる。
そしてNASAは今後も「スーパーグッピー」を使用し続けるとの明を出している。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 4ななしのよっしん

    2014/05/26(月) 20:21:42 ID: b5ocaWZi0n

    日本がなんて様だ、情けないやらなんやら

  • 5ななしのよっしん

    2014/09/25(木) 17:43:14 ID: k9joWMLQZp

    こいつをぐのはベルーガぐらいだと思う

  • 6ななしのよっしん

    2017/05/13(土) 16:44:13 ID: iE9jiaNNqa

    twitter話題見てたら、来年はレッドブルエアレースでいっそのことNASAスーパーグッピー見せてくれ!て思ったけど流石に理だなw

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP