スーパーフォーミュラ単語

スーパーフォーミュラ

6.5千文字の記事
掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スーパーフォーミュラとは日本最高峰のフォーミュラカーレースである。正式名称は「全日本スーパーフォーミュラ選手権」。略称SF、格式は際。運営体はJRP(日本レースプロモーション)。

概要

日本独自のカテゴリであった「フォーミュラニッポン」が、2013年海外展開することを標に名称が変更されたものである。また欧州F1アメリカインディカーに次ぐアジアトップフォーミュラになるという標も打ち出された。

2019年現在海外開催は実現していないが、F1に匹敵するほどの競争を持つことから海外の有ドライバーが毎年参戦してきており、世界的な認知度は徐々に高まってきている。

2020年シーズンから、全日フォーミュラ3選手権が「全日スーパーフォーミュラ・ライツ選手権」と名して開催される。シャシーダラーラ320タイヤ横浜ゴムワンメイクSFライツ年間王者には次期SFルーキーテスト参加権とタイヤ費用補助が与えられる。
一方、同年から「スーパー耐久」の運営元・K2プラネットが開始するリージョナルF3規格の新レース全日本フォーミュラリージョナル選手権」に対して、JRPが運営を行う。シャシー童夢F111/3、タイヤダンロップ。

ホンダパフォーマンスデベロップメント(ホンダ米国法人が設立した、北地域でのレース活動支援企業)は、2021年フォーミュラリージョナル・アメリカズ年間王者に対し、翌22年SFへの参戦費用を援助する。(HPDの発表exit

マシン紹介

SF14(2014~2018年)

シャシーワンメイクエンジンマルチメイク2013年のみFN09、タイヤ2015年までブリヂストンが用いられていた。

欧州自動車産業で流行している「過給ダウンサイジング(小低燃費ターボ)」というコンセプトを取り入れた新エンジンNRE(Nippon Race Engine)を搭載している。NREはSUPER GTGT500クラスでも用いられており、基礎研究トヨタホンダ日産の三社が共同で行った。では旧V8NAに劣るものの、低速時のトルクと燃費の良さによる燃料タンクの軽さで加速を稼げるため、実際は上記の数字以上に強エンジンである。

シャシーは「クイックライト」がテーマとなっており、ドライバーたちからは「コーナリングスピード2014年F1よりも速い」というが多い。またマシンの外見と音もF1より格好いいと評判である。

燃料リストラクターによって燃料流入量が制限されているため、燃費の良いエンジンがより有利になるようになっている。またSF13のオーバーテイクボタンが回転数を上げる物だったのに対し、SF14は燃料の流入を増やす仕組みになっている。オーバーテイクボタンを押すと5後にピコピコランプFN09から受け継がれており、ポイントリーダー車両のみ赤色ランプ、他の車両白色で表示される。

2015年にはハイブリッドシステムであるSystem-Eが導入される計画があったが、コストの問題や「クイック&ライト」にそぐわないとしてひっそり案となっていた。

一の弱点はオーバーテイクの少なさ。依存度が高く乱気流に弱いこと、日本の狭いサーキットではスピードが速すぎることなどが原因で、鈴鹿富士以外はほとんどオーバーテイクが見られない。
しかし2018年横浜ゴムが2種類のコンパウンドのタイヤを用意し、タイム差を明確にしたことで、オーバーテイクがしやすくなった。

SF19(2019年~)

2019年以降も引き続きダラーラのシャシーが採用された。F1のトレンドや先行リリースされたF2 2018同様に、フロントノーズが低くスラントした形状にめられている。

シャシーのホイールベース50mm短縮され、フロントタイヤも20mmほど幅が広がったことで、コーナリングスピードが向上している。
また、なるべくボディでダウンフォースを稼げる構造となり、オーバーテイク時の乱気流(タービュランス)を抑えた構造になっている。
そのほか、F1で先行採用された、頭部防護のためのハロHalo)もつけられた。

オーバーテイクシステムも、従来は20間作動を5回使えるものだったのを、合計100秒間有効なものをドライバーの好きなだけ利用できるものに変更された。ただし1度使うと、その後100秒間は利用できない。
ロールバーランプも一新され、使用可状態では緑色に点、使用時はしく点滅、使用不可状態はゆっくり点滅、残り20になるとく点、そしてOTSを全て使い切ると消する仕組みになっている。

なお開幕前に「グランツーリスモSPORT」にて、トヨタホンダそれぞれのエンジンを搭載したSF19が追加リリースされ、庭でもSF19を体感できる様になっている。

しかし、ソフトミディアムのタイヤ差が大きすぎることから、決勝レースではミディアムタイヤスタートしたのち、1周走っただけでピットインし、そのままゴールまでソフトタイヤで走りきる戦略をとるチームが多かった。このため2019年シーズンの第6戦からルール変更があり(参照exit)、タイヤ交換義務について「先頭車両が10周回第1セーフティカーラインを交差した時点から、先頭車両が最終周回に入るまでに了しなければならない」と定められた。スタートから10周回に入るまでの間にタイヤ交換することは可だが、その場合は交換義務を果たしたと認められないため、めてピットインする必要がある。

2020年シーズンからはFCY(フルコースイエロー)を導入予定だったが翌年以降に延期された。またドライタイヤスペックソフト1種類のみに変更された。更にレース中の給油は禁止となる。決勝距離の短縮も重なり、特に開幕戦はタイヤ交換義務もなかったことからノーピットのスプリントレースになった。

選手権ポイントシステム

開催年 決勝順位 予選順位
優勝 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 PP 2位 3位
2019 10 8 6 5 4 3 2 1 - - 1 - -
2020~ 20 15 11 8 6 5 4 3 2 1 3 2 1
参考:スーパーライセンスポイント2020年
レース シーズン総合順位
1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
SF 25 20 15 10 7 5 3 2 1 -
SFライツ 15 12 10 7 5 3 2 1 - -

SUPER GT 20 16 12 10 7 5 3 2 1 -
全日本FR 18 14 12 10 6 4 3 2 1 -
FIA-F4 12 10 7 5 3 2 1 - - -

レースカレンダー

レースカレンダー2021年
Rd. Date 開催サーキット PP FL WINNER 備考
Test 3/11-12 鈴鹿サーキット (合同テスト)
Test 3/23-24 富士スピードウェイ (合同テスト)
Rd.1 4/3-4 野尻 大湯 野尻智紀 OTS200に変更(全戦)
Rd.2 4/24-25 鈴鹿サーキット 福住 大津 野尻智紀
Rd.3 5/15-16 オートポリス アレ 野尻 G.アレ 計時予選(40分間)に変更
決勝14/42周で旗終了
ハーフポイント
Rd.4 6/19-20 スポーツランドSUGO 関口 野尻 福住仁嶺 予選Q2も組分け
Rd.5 8/28-29 ツインリンクもてぎ
Rd.6 10/2-3 岡山国際サーキット 新型コロナウィルスの影により開催地変更
Rd.6 10/16-17 ツインリンクもてぎ
Rd.7 10/30-31 鈴鹿サーキット

参戦ドライバー

エントリーリスト2021年
Engine TEAM No DRIVER
HONDA
M-TEC
HR-417E
(9台)
TCS
NAKAJIMA RACING
1 山本
64 大湯都史
DOCOMO
TEAM DANDELION RACING
5 福住仁嶺
6 牧野(Rd.3-7)
笹原右京(Rd.1,2)
ThreeBond
Drago CORSE
12 タチアナ・カルデロン(Rd.1,2)
塚越広大(Rd.3-5)
Red Bull MUGEN
Team Goh
15 大津
TEAM MUGEN 16 野尻智紀
B-Max Racing 50 イヴバルタス
51 松下信治(Rd.2-7)
TOYOTA
TRD
Biz-01F
(11台)
KONDO RACING 3 山下健太
4 サッシャ・フェネストラズ
中山雄一(Rd.1-5)
carrozzeria
Team KCMG
7 小林可夢偉
小高一斗(Rd.1-5)
18 本雄資
NTT Communications
ROOKIE
14 大嶋和也
carenex
TEAM IMPUL
19 関口雄飛
20 平川(Rd.1-3,5)
(Rd.4)
Kuo VANTELIN
TEAM TOM'S
36 中嶋一貴(Rd.1)
ジュリアーノ・アレジ(Rd.2-5)
37 宮田
P.MU/CERUMO・INGING 38 坪井
39 阪口

GTWECとの掛け持ち参戦が多いのが特徴。2021年シーズン中嶋一貴小林可夢偉、タチアナ・カルデロンの3選手がWECと並行してフル参戦を予定している。また、可偉はSFWECに加えてIMSAミシュラン・エンデュランスチャレンジとも並行して参戦予定。

また海外からは元F1ドライバーのナレインカーティケヤン(2014)、ヴィタントニオ・リウッツィ(2014)、GP2王者のファビオ・ライマー(2015、参戦発表後にキャンセル)、ストフェルバンドーン(2016)、ピエール・ガスリー(2017)、FR3.5王者のベルトラン・バゲット(2015)、マカオGP連覇&欧州F3王者のフェリックス・ローゼンクビスト(2017)など有ドライバーが毎年参戦してきている。これにはF1シート獲得が困難化していることが背景にある。また欧州フォーミュラタレやすいタイヤと異なり、毎周プッシュできるのも評判が良い。

フォーミュラニッポンでは外国人ドライバーが猛威を振っていたため「外国人ドライバー選手権」と揶揄されてきたが、スタートした2013年から2018年まではすべて日本人ドライバーチャンピオンとなり、ドライバーの活躍が覚ましい。

歴代チャンピオン

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/18(土) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/18(土) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP