スーパーマリオワールド(ファミコン)単語

スーパーマリオワールドファミコン

  • 3
  • 0
掲示板をみる(38)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
スーパーマリオワールド[正規品] > スーパーマリオワールド(ファミコン)[非正規品]
タイトル画面 スーパーマリオワールド
Super Mario World
ファミコン
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
ファミコン互換機 
開発元 Hummer Team(悍馬小組)exit
発売元 JY Companyexit
発売日 1995年台湾
発売価格 600 台湾ドル

スーパーマリオワールドは、スーパーファミコンソフトのはずだ!

本稿では、海賊版でありパチモノである非正規版ファミコン移植の「スーパーマリオワールド」のファミコン互換ソフトについて記す。

正規版については「スーパーマリオワールド」の記事を参照下さい。

概要

驚いた人もいるとは思わないが、台湾無茶移植された海賊版スーパーマリオワールドである。

タイトル画面のコピーライト表記は「© 1995 COPYRIGHT」とあるのみで、会社名が表記されておらず、発売年が「1995年」であること以外の著作情報ゲーム画面から得られることは皆無である。

このゲーム動画には「スーパーマリオワールド」+「ファミコン」「中国産」「中華製」「パチモノ」「海賊版」「無茶移植」「Hummer_Teamexit_nicovideo」などとタグがされることが多いが、厳密にはこのゲームの開発および発売されたは「台湾」である。

ブートレグゲームWikiexitの「Super Mario World (Famicom)exit」(※英文サイト)によれば、開発は「SOMARIexit_nicovideo」の開発元として知られている「Hummer Team (悍馬小組)exit_nicovideo」によるものとされ、当ソフトの開発期間は今まで開発担当した非正規版ソフトにくらべ、最も難航し長期間を要したとされる情報もある。

参考として、1995年当時の日本では次世代機「ニンテンドウ64」発売が翌年に控え、スーパーファミコンは後期から末期に入る時期であり、「ヨッシーアイランド」等が発売された年で、オリジナルの「スーパーマリオワールド」発売から5年も経てからの発売となっている。  

作品の出来自体はお世辞にもいいとは言えないが、スーパーファミコンゲームファミコン無茶移植するにしては、非正規版の割りにはそれなりにできている方と言えるかもしれない(←を覚ませ!)。

なお、流出ロムバージョンによっては、最初から自由コースが選べる版や、クリアしないと先に進めない版があるらしい。 

特徴

以上の特徴づける要因の多くは、ファミコンというハード上の制約があるためか、オリジナルへの再現不可能だったためと考えられるか、それ以外の理由でもあったのだろうか興味深い。

なお、オリジナルなんとか再現している演出として特筆すべきは。

関連動画

関連商品

パチモノなのでニコニコ市場には存在しない。

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/23(金) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/23(金) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP