今注目のニュース
京アニ放火事件で日本アニメーション協会が「慎重かつ冷静な報道」求める Twitterではハッシュタグ「prayforkyoani」が誕生
「水曜日のダウンタウン」トリオの人気格差検証
「ゲーム部」運営会社、メンバーの声優変更を認める

スーパーロボット単語

スーパーロボット

掲示板をみる(147)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

スーパーロボットとは、ロボットアニメとその登場ロボットの分類の一つ。

リアルロボットの対義として、スーパーロボット大戦シリーズで広まった言葉、という側面が強い。

「スーパーロボット」という単の使用は、古くは「8マンエイトマン」劇中における「人格を持ち、人的なを発揮するヒューマノイドロボット」を示す言葉に見られたが、本格的にTV視聴者層に広まったのは巨大ロボットアニメである「マジンガーZ」のオープニングテーマ歌詞ではないかと考えられる。
なお「スーパーロボット レッドバロン」のように特撮番組のタイトルに使われているものもあるが、この記事における「スーパーロボット」は専らアニメに登場するものを前提としているとお考えいただきたい。

概要

はっきりした定義はいが、以下のような特徴に当てはまるロボットアニメを「スーパーロボットアニメ」、それに登場するロボットを「スーパーロボット」と呼ぶ傾向にある。

  1. ロボット二のヒーロー的存在(複数のロボットチームを組んでいる場合もある)
  2. ロボットの動などに架の新エネルギー古代の失われた技術などが使われている
  3. ロボットの変形・合体時に特定キーワード、また攻撃を繰り出す時に武器名・技名を叫ぶ
  4. 地球や人類にをなす敵との戦いが物語軸だが、テーマ戦争よりも一話完結体のプロレスストーリー展開
  5. 敵のは自で動くタイプの怪ロボット、あるいは巨大な生物兵器(いわゆる怪獣)が多い
  6. 敵組織は地球人類ではない、または元人間だがサイボーグなど人間と言えないような存在で構成されている

上記のいずれも「スーパーロボットアニメ」を構成する絶対的な条件ではない。

いわゆる「リアルロボット」の特徴と較して、人間ドラマはもちろん、SF政治的展開・軍隊によるロボットの運用など、各要素はほとんど変わらないものも少なくない。
量産機の概念すらガンダム以前に既にある。実際に量産の話が出たのはグレートマジンガー漫画版や敗北した際に代替機が登場したメカンダーロボザンボット3ダイターン3台詞など、一部作品に限られているが。

熱血展開偏重のようなイメージも持たれているが、い時期にキャラ恋愛劇や異民族同士の葛・和解の可性をテーマにしたエピソードも作られており、実際には作品ごとにバラエティに富んだ世界が存在していたりもする。

技名を叫ぶのはリアルロボットではあまり見られない特徴の一つであるが、叫ぶからと言って強いとは限らない。作品によってはロボットの得意技が必ずしも絶対的なフィニッシュホールドではい例もあり、敵によってはあっさり弾かれたり破られたりすることもある。それをいかにしてするか、あるいは駆け引きによって勝利するかが物語の要であったりする(代表的なものに、昭和ガイキングハイドロブレイザーが挙げられよう)。

もちろん、劇中一度も弾かれたことのない無敵必殺技トライダーG7バードアタックなど)もあり、その辺りは作の違いとして楽しむべきであろう。

スパロボでの扱い

前述の通りスーパーロボット大戦で広まった言葉であるが、スーパーともリアルとも分類できない作品が増えたこともあり、タイトルに冠しているにも関わらずゲーム中ではあまり使われない言葉になってきている。
それでも装甲が堅めで必殺技を持つ機体群として、なんとなく認識レベルでは存続しているようだ。

代表的なスーパーロボットアニメ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/19(金) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/19(金) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP