今注目のニュース
バッグには女子学生のバラバラ遺体 有名大学教授は凍てつく川に自ら…
隠れた病気が潜んでいることも…あまり知られていない「出血傾向」とは?
パイロットが少女を強姦 被害者の口封じを試みるも実刑判決

セイクリッド(遊戯王)単語

セイクリッド

  • 0
  • 0
掲示板をみる(115)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

セイクリッド(遊戯王)とは、遊戯王モンスター群である。

概要

セイクリッド sacred は形容詞で宗教的な、な、げられた、尊ばれる、侵されることのない、等の意味。
2011年10月上旬から稼働のデュエルターミナル「-騎士セイクリッド!!-」より登場。

種族やその他考えられるあらゆる要素に関係なく、その現は広がっていった。 それは突如として体を変化させ、精を蝕んでゆく…。
破壊への衝動にとらわれ、最終的には意思を交わすことさえできなくなってしまうのである。
氷結界の長老達は、古代の伝承になぞらえて、この状態をヴェルズとよび、世界の終りを予言した。
ある種族ではリーダーを失い、また他の種族では全てがヴェルズ化し、消滅した。
残されたもの達は、にも伝承の物語に描かれる救世主たちへ祈りをげるほかなかった。
伝承の最後は、世界を救うためにから遣わされる騎士団の話で結ばれるのである。
インヴェルズの亡骸を礎とし、人々の邪念を糧にして生まれたヴェルズは、その純なる感情に従い 世界を終焉に導こうとする。しかし、世界が再び混迷するかに見えたその時、天空より一が差し込む。
々の加護を受けし騎士たちが現れたのだ、全ての邪念と負の連鎖を断ち切るために―

遊☆戯☆王アーク・ファイブにおいて、志島北斗が使用した。
関連カード現在、全部で25枚。効果モンスター20枚、そのうちエクシーズが6枚、魔法が5枚。イラスト背景星座を背負った人騎士達である。全てのモンスターが十二星座を元にした名称を持ち、エクシーズ恒星の集まりである団・銀河の名前を持つ。

共通点として、各モンスター属性で統一されている。
セイクリッドモンスター効果の大半は「通常召喚した時に手札からセイクリッドを特殊召喚できる」もの。これによって即効で同レベルモンスターを並べてエクシーズ召喚につなぐ展開重視のカテゴリーと言える。セイクリッドエクシーズモンスターランク3~5までっており、どれを軸にするかでデッキ構築は大きく変わってくる。
効果の関係上、手札消費がしい点や下級モンスター戦闘、全体的な除去に乏しい点には注意。

カードの説明

以下、遊戯王カードwikiより。

2011年10月稼働のデュエルターミナル"-星の騎士団 セイクリッド!!-"

セイクリッドシェラタン
効果モンスター/3/属性/族/攻 700/守1900
このカードが召喚に成功した時、 自分のデッキから「セイクリッド」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

シェラタン(Sharatain)」とは、おひつじ座β
単純ながら、強なサーチ効果を持ったセイクリッド。しかし通常召喚時限定で、低攻撃すのは苦しい。すぐにでもエクシーズ召喚が狙える状況に持っていきたい。

セイクリッドダバラン
効果モンスター/3/属性/戦士族/攻1300/守 800
このカードが召喚に成功した時、 手札から「セイクリッド」と名のついたレベルモンスター1体を特殊召喚する事ができる。

アルデバラン(Aldbaran)」とは、おうし座α。追加で手札のレベル3セイクリッドを特殊召喚できる。
レベル3セイクリッドはこのカードと「シェラタン」、「レオニス」がいる。

セイクリッド・グレディ
効果モンスター/4/属性/魔法使い族/攻1600/守1400
このカードが召喚に成功した時、 手札から「セイクリッド」と名のついたレベルモンスター1体を特殊召喚する事ができる。

「グレディ(Giedi)」とは、やぎ座α。「ダバラン」のレベル4版。
レベル4セイクリッドはこのカードと、「ポルクス」、「アクベス」、「カウスト」「ソンブレス」が存在する。ランク4×2のモンスターは非常に選択肢が多いため、どれをエクストラデッキに組み込むのかが問われる。

セイクリッドポルクス
効果モンスター/4/属性/戦士族/攻1700/守 600
このカードが召喚に成功したターン、 自分は通常召喚に加えて1度だけ「セイクリッド」と名のついたモンスター1体を召喚する事ができる。

ポルクス(pollux)」とは、ふたご座βセイクリッド専用の二重召喚。
「グレディ」と同じくランク4エクシーズを狙うのが基本だが、他のレベルセイクリッドを召喚して効果を発動することも可ステータスバランスが良く、下級セイクリッド軸といえる。
当たり前だが、このカードや「レオニス」の効果を複数併用しても追加の通常召喚は1回である。

セイクリッドエス
効果モンスター/5/属性/機械族/攻2100/守1400
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、 自分のデッキから「セイクリッド」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

「ズベンエス・カマリ(Zubeneschamali)」とは、てんびん座β
シェラタン」と違い、特殊召喚にも対応したサーチ効果を持つ。問題は上級モンスター故に通常召喚ではリリースが必要なこと。できれば生などのアドバンテージを得やすい特殊召喚を狙いたい。

セイクリッドスピカ
効果モンスター/5/属性/天使族/攻2300/守1600
このカードが召喚に成功した時、 手札から「セイクリッド」と名のついたレベル5モンスター1体を表側守備表示で特殊召喚する事ができる。

スピカSpica)」とは、おとめ座α。「ダバラン」のレベル5版。
守備表示でしか特殊召喚できないので、即座にランク5のエクシーズ召喚に繋ぐのが基本。

セイクリッド・ヒアデス
エクシーズ・効果モンスター/ランク3/属性/戦士族/攻1900/守1100
属性レベルモンスター×2
ターンに1度、このカードエクシーズ素材を1つ取り除いて発動する事ができる。
相手フィールド上に存在するモンスターを全て表側守備表示にする。

「ヒアデスhyades団」とは、おうし座の散開団。
素材属性定しており、火力地味。使用するなら「」や「トレミスM7」とのシナジーを活用したい。

セイクリッドプレアデス
エクシーズ・効果モンスター/ランク5/属性/戦士族/攻2500/守1500
属性レベル5モンスター×2
ターンに1度、このカードエクシーズ素材を1つ取り除く事で、フィールド上に存在するカード1枚を選択して持ちの手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

プレアデスpleiades団」とは、おうし座の散開団であり最も強く団。日本では「スバル)」という名称で親しまれている。自動車でも放課後でも悲鳴合唱団でもロボ部の日高くんでもない。
「ヒアデス」同様の素材定こそされているものの、相手ターンにも使用可バウンスを持つセイクリッドエースモンスター。除去から展開妨、使用済みリビングデットの回収までそつなくこなせる。セイクリッド以外のデッキでもしくく汎用性とデュエルターミナル出身故の希少性を持つため、値がる。
問題は上記の価格とレベル5属性×2という素材縛りセイクリッドでは「エスカ」と「スピカ」、レベル操作した「カウスト」や「シェアト」が該当。セイクリッド以外なら「サイバー・ドラゴン」「太陽官」などの手札から特殊召喚できるカードや、「フォトン・スラッシャー」と「フォトンサテライト」のコンビが有補。

星守の騎士 プトレマイオス」が禁止カードとなる前は、インフィニティとともに環境上位カテゴリー相手に猛威をふるったエクシーズだが、プトレマイオス禁止カードとなってからは、おとなしくなっている。

セイクリッド
永続魔法
自分フィールド上に「セイクリッド」と名のついた エクシーズモンスターが特殊召喚された時、自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

恐らくカード名は「」のもじり。1ターンに1度、セイクリッドエクシーズが特殊召喚された時に、1ドロー。
生などの特殊召喚にも対応するのが強み。複数枚発動可な点、除去カードが豊富な今の環境では維持しにくい点から、デッキには複数枚積んでおきたい。

2012年1月24日から稼働”DUEL TERMINAL -破滅の邪龍 ウロボロス!!-”

セイクリッドシェア
効果モンスター/1/属性/天使族/攻 100/守1600
相手フィールド上にモンスターが存在し、 自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、 このカードは手札から特殊召喚できる。
また、1ターンに1度、自分のフィールド上・墓地の 「セイクリッド」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。 このカードは選択したモンスターと同じレベルになる。
フィールド上のこのカードエクシーズ素材とする場合、 「セイクリッド」と名のついたモンスターエクシーズ召喚にしか使用できない。

シェアト(Scheat)」とは、みずがめ座δレベル変更効果と特殊召喚効果を持つ。
ステータスは低く、セイクリッド以外のエクシーズ召喚には使用できないが、応用性は高い。

セイクリッド・ハワー
効果モンスター/2/属性/魔法使い族/攻 900/守 100
このカードリリースして発動できる。
自分の手札・墓地から「セイクリッド・ハワー」以外の「セイクリッド」と名のついたモンスター1体を表側守備表示で特殊召喚する。

「ラス・アルハゲ(Ras Alhague)」の由来であるアラビア語「ラス・アル・ハワー」とは、へびつかい座α
リリースする事で、同名カード以外のセイクリッドの特殊召喚もしくは生を行う。基本的には生効果の方を使用したい。「」や「トレミスM7」に繋げるエクシーズや「エスカ」「カウスト」「アクベス」「アンタレス」といった特殊召喚でも効果が発動するセイクリッド生対

セイクリッドレオニス
効果モンスター/3/属性/族/攻1000/守1800
このカードフィールド上に表側表示で存在する限り、 自分のメインフェイズ時に1度だけ、 自分は通常召喚に加えて「セイクリッド」と名のついたモンスター1体を召喚できる。

「コル・レオニス(Cor Leonis)」とは、しし座α。永続効果版「ポルクス」。
とはいえ、ステータスはそこまで高くないので基本は使い捨てになるだろう。「ポルクス」とはレベルの違いで使い分けていきたい。

セイクリッド・アクベス
効果モンスター/4/属性/機械族/攻 800/守2000
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、 自分フィールド上の全ての「セイクリッド」と名のついたモンスターの攻撃500ポイントアップする。

「アクベンス(Acubens)」とは、かに座αフィールドに出た時に、セイクリッドの攻撃を底上げする。
守備は高いのだが、攻撃が低く、展開効果を持たないため自身の効果が活きる機会が少ないのが難点。

セイクリッドカウス
効果モンスター/4/属性/戦士族/攻1800/守 700
このカードシンクロ素材にできない。
フィールド上の「セイクリッド」と名のついた モンスター1体を選択して以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果は1ターンに2度まで使用できる。
選択したモンスターレベルを1つ上げる。
選択したモンスターレベルを1つ下げる。

カウス・アウストラリスKaus Australis)」とは、いて座εセイクリッド専用のレベル操作を持つ。
この手のカードお約束としてシンクロ召喚には使えないが、使用回数が1ターンに2回というところがミソでこのカードレベル4のセイクリッドフィールドに存在すれば即座にランク3か5のエクシーズ召喚につなぐことができる。攻撃も下級アタッカーの及第点であり、「ポルクス」同様に下級セイクリッド軸となるカードデッキからサーチしにくい点は戦士族のサーチカードを入れることで補いたい。

セイクリッドレス
効果モンスター/6/属性/戦士族/攻2200/守1200
このカードが召喚に成功した時、 手札から「セイクリッド」と名のついた モンスター1体を表側守備表示で特殊召喚できる。

アルレスカ(Al Rescha)」とは、うお座α
手札から定なしでセイクリッドの特殊召喚が出来るが、セイクリッドレベル6はこのカードと「アンタレス」しか存在しないのが難点。「トレミスM7」の正規召喚を狙うなら組み込む価値はある。

セイクリッドアンタレス
効果モンスター/6/属性/機械族/攻2400/守 900
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、 自分の墓地の「セイクリッド」と名のついたモンスター1体を選択して手札に加える事ができる。

アンタレスAntares)」とはさそり座αセイクリッド専用のサルベージ効果。
使用するなら、できるだけ上記の「レスカ」と併用させたい。

セイクリッド・ビーハイ
エクシーズ・効果モンスター/ランク4/属性/機械族/攻2400/守 800
セイクリッド」と名のついたレベルモンスター×2
ターンに1度、自分フィールド上の「セイクリッド」と名のついた モンスター戦闘を行うダメージステップ時に、 このカードエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
そのモンスターの攻撃エンドフェイズ時まで1000ポイントアップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

「ビーハイクラスター(beehive)」とは、かに座にある散開団「プレセペ団」の英語名。
セイクリッド専用の簡易版オネスト論、このカードも効果対なので戦闘時に攻撃3400に化けることが可素材セイクリッド限定だが、「」とのシナジーもあり、戦区のランク4エクシーズでも採用の価値はある。

セイクリッド・トレミスM7
エクシーズ・効果モンスター/ランク6/属性/機械族/攻2700/守2000
レベルモンスター×2
このカードは「セイクリッド・トレミスM7」以外の 自分フィールド上の「セイクリッド」と名のついたエクシーズモンスターの上に このカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。
この方法で特殊召喚した場合、このターンこのカードの効果は発動できない。
ターンに1度、このカードエクシーズ素材を1つ取り除く事で、 自分または相手のフィールド上・墓地モンスター1体を選択して 持ちの手札に戻す。

「M7(メシエセブン)」はさそり座にある散開団であり、「M(メシメ)」とは天文学者メシエによる体カタログカテゴリーである(例えば、プレアデスだったらM45)。「トレミス」とはこの団を観測していたと言われる天文学プトレマイオス称・トレミー (Ptolemy)からだろう。論、ソレスタルビーイングとは関係ない。色々な意味で、セイクリッドの最終兵器
前者の特殊なエクシーズ召喚方法は、即効で効果は使用できない代わりに低ランクセイクリッドが攻撃2700に化ける驚異を持つ。後者バウンスもしくはサルベージ効果はこの手の効果ではしく、お互いのプレイヤーに干渉することができ、非常に汎用性が高い。素材定がないこともあり、多くのデッキに入る優秀なプレアデス同様財布に優しくないエクシーズモンスターである。

セイクリッド新生
通常魔法
自分の墓地の「セイクリッド」と名のついた モンスター2体を選択して手札に加える。
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。

超新星」と「新生」のダブルネーミングセイクリッド専用のサルベージ
デメリットの関係上、デュエル中盤以降や切り返しで威を発揮するだろう。

セイクリッド流星
通常
このカードを発動したターン、 「セイクリッド」と名のついたモンスターとの 戦闘で破壊されなかった相手モンスターは、 ダメージステップ終了時に持ちデッキに戻る。

デッキバウンスの通常
フィールドからデッキに戻す」効果は再利用や阻止が難しい非常に強な効果だが、条件が限定された通常のため、単体で使える除去魔法の方が普通に使い勝手が良い…。

2012年1月24日発売”遊戯王ZEXAL DUEL TERMINAL オーバーレイガイド2”付属

セイクリッドオメガ
エクシーズ・効果モンスター/ランク4/属性/戦士族/攻2400/守 500
属性レベルモンスター×2
ターンに1度、このカードエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分フィールド上の全ての「セイクリッド」と名のついたモンスターは、 このターン魔法カードの効果を受けない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

オメガ(omega)」とは、いて座の散開団。セイクリッド全体に魔法耐性効果を付与。
素材定はあるものの、フリーチェーンの耐性付与は強でこいつだけ他のデッキ出張しても普通に活躍できるぐらい優秀。もちろん、全体付与出来る関係上、セイクリッドでは更に活躍できることは言うまでもない。

2012年11月23日発売”デュエリストセット Ver.ライトニングスター”

セイクリッド・ソンブレス
効果モンスター/4/属性/天使族/攻1550/守1600
自分の墓地の「セイクリッド」と名のついたモンスター1体をゲームから除外する事で、 自分の墓地の「セイクリッド」と名のついたモンスター1体を選択して手札に加える。
セイクリッド・ソンブレス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、この効果を適用したターンメインフェイズ時に1度だけ発動できる。
セイクリッド」と名のついたモンスター1体を召喚する。
このカード墓地へ送られたターンに1度だけ、 「セイクリッド」と名のついたモンスターを召喚する場合に必要なリリースを1体少なくする事ができる。

「ソンブレロ(Sombrero)」とは乙女座にある銀河カウボーイハット。
条件付きながら、これ1枚で「セイクリッド」と対とする、墓地回収・二重召喚・リリース軽減の3種をこなせる。《ヴェルズ・ケルキオン》とはステータス・効果ともに対となる存在。
いずれも優秀な効果だが、「セイクリッド」というカテゴリー自体が墓地除外と相性が悪い、効果の関係上序盤では腐りやすい、高額なデュエリストセット3000円)に1枚しか入っておらず複数積むのが難しいため、構築の時点で採用枚数をよく考える必要がある。

ただ、後述のレイジング・マスターズにて再販されたため、値段は多少安くなっている。

2014年8月9日発売"ブースターSP-レイジング・マスターズ-"

セイクリッドテンペスト
永続魔法
セイクリッドテンペスト」の(1)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):自分エンドフェイズに自分フィールドのX素材を持った 「セイクリッド」Xモンスター2体を対として発動できる。 そのXモンスター2体のX素材を全て取り除き、相手LPを半分にする。
(2):自分スタンバイフェイズに自分フィールドの 「セイクリッド」Xモンスター1体と 自分の墓地の「セイクリッドモンスター1体を対として発動できる。 その墓地モンスターを、そのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

セイクリッド専用の永続魔法。条件は厳しいが相手ライフ半減と、スタンバイ限定だがエクシーズ素材補充効果。

2014年11月15日発売"THE SECRET OF EVOLUTION"

セイクリッドダイヤ
エクシーズ・効果モンスター/ランク5/属性/幻族/攻2700/守2000
属性レベル5モンスター×3体以上
このカードは自分メインフェイズ2に、「セイクリッドダイヤ」以外の自分フィールドの「テラナイト」Xモンスターの上にこのカードを重ねてX召喚する事もできる。
(1):X素材を持ったこのカードモンスターゾーンに存在する限り、お互いにデッキからカード墓地へ送る事はできず、墓地から手札に戻るカードは手札に戻らず除外される。
(2):相手の闇属性モンスターの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 その発動を効にし破壊する。

ステラナイトと読む。デッキからの墓地送りと、手札への墓地回収を封じる。素材を消費し、闇属性効果を効にし破壊する。
墓地封じと闇属性メタという二つの対策効果を持つ。入れていれば活躍の場面もあるだろうが、問題は自分も墓地の使用を制限される事と、エクストラデッキがかつかつな事。

ティンクル・セイクリッド
通常魔法
ティンクル・セイクリッド」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「セイクリッドモンスター1体を対として発動できる。 そのモンスターレベルを1つまたは2つ上げる。
(2):このカード墓地に存在する場合、自分の墓地の「セイクリッドモンスター1体を除外して発動できる。 墓地のこのカードを手札に加える。

セイクリッド専用のレベル変更通常魔法墓地セイクリッドを除外で、サルベージする効果。

関連動画


関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP