セキュリティ 単語

146件

セキュリティ

2.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

セキュリティ英:security)とは、ラテン語の「sēcūrus」という単になっており、これは「心配が遠ざかる」「心配が離れる」などを意味する。(心配=cūra)

現在の英単として「security」と言えば上記を内包する形で
「安全」「事」「保安」「保障」「防衛」「見守る」「監視」
などの意味も持つ。

単純に「警備」といったニュアンスで用いられる場合もある。
(例:厳重なセキュリティ)

概要

セキュリティとは、上記のように「安全」や「保安」などの意味を持つ単である。

日本ではコンピューター関係の用としても一般的に定着している。

一定の安全を保障するほか、広義には問題が発生した際に自動で反撃・撃退する行為も含める。
悪意ある人間の妨・破壊行為だけでなく火災などの異常検知、避難誘導などに対処する場合もある。

身近なものでは玄関のや監視カメラセンサーライトフェンス、防犯ブザー、踏むと音の鳴る防犯利、個人の防犯意識なども一種のセキュリティと言える。異常を検知し他の警備員を呼んだり自動的に通報するシステムが備わっている場合もる。

だけでなく、個人で特徴が異なり偽造が難しい生体認証紋認、顔認、静脈認(瞳)認紋認)といったハイテクな個人認手段が使用・併用される場合もある。

施設・人員

政府機関軍事施設、情報施設、、発電所などの重要施設など、容易に侵入し犯罪テロを起こされては大混乱に陥るため、高いセキュリティがめられる。ただし多くの都道府県・州・山間部など広域にまたがる送電線・線路などのインフラは警備が難しいといった側面もある。

人間によるセキュリティでは、施設やレベルに応じて民間警備員が行うものから、警察軍事組織が行うものもある。部屋の中で大量の監視カメラ映像を眺め、異常があれば警備を向かわせるといった場合もあるため線機・トランシーバーなどは必需品。

広大な施設など人化されたロボットAIが巡回し、不審者警報を発する場合もある。

警備員のいない個人・世帯・施設においては、関係者や自分自身が最後のセキュリティとなる。

個々の判断も必要

最終的には個々の判断にも大きく依存するため、セキュリティの死・盲点を突かれて侵入/攻撃される、悪意ある人間を見抜けない、詐欺行為に納得した上で購入・契約してしまうといった事例は事欠かないなど、相手側の手口や対策法も知っておく必要がある。

いくら厳重な玄関があっても開けっ放し・施錠、隣のが開いていれば意味だし、悪意ある人間を自ら招き入れてしまえば意味がいようなものである。

その他、起こりうるリスクの想定や対策も必要で、付け入る隙を与えないのも重要。車両や物品などは強奪に備えて遠隔ロックや自動破壊装置、GPSによる追跡装置などを付与する場合もある。

怪しい場合はあらかじめ取り決めた暗号合言葉を用いる、本人しか知りえない情報を聞く、相手の身分や登録番号を聞き出し、所属部署に問い合わせるといった手段も非常に有効。

周囲の物品を武器にするなど、護身術などを学んでおく場合もある。

パソコンなど

セキュリティソフト」や「インターネットセキュリティ」など、パソコン障害から守ってくれる機にその名前が付けられている事が多い。またセキュリティソフトによって機・検知は異なる。

職場のパソコンなど、幹部社員からアルバイトまで共通のパスワードだけでは秘密情報が盗み見し放題、産業スパイもし放題であるため、個人の役職・地位に応じたアクセス権限を付与するなど役割に応じたデータにしかアクセスできなくするといった対策も必要である。

セキュリティソフトがあるから万全ではなく、インターネット犯罪には事欠かない。

メールの内容を偽装し開かせる、素性・的を偽装して接近する[1]SNSなど匿名だから安心と侮っていると、個人を特定できる情報投稿[2]してしまう事例もしくない。

セキュリティ自体は利益を生み出さず費用はかかっても立った動きが見えないため、「余計なコスト」と軽視する頭の古い高齢経営者もいる。

警備員

また「警備会社」や「警備員」の事を「セキュリティサービス」と呼ぶ事もある。
英語では単純に警備員を「セキュリティ」と呼ぶ場合もある。

どこか警察官っぽい姿をしているが、警察官制服に酷似してはいけないといったルールがある。
警備員と警察官の見分け方 | 警備会社ガードマン手配:税込4,400円~/1名1時間|ガードマン110番 (gadoman-nabi.com)exit

海外においては防弾仕様装甲車レベルの現輸送を用いる場合もある。

日本国内においては民間警備会社はを所持できないため、相手がを持っていると致命的。

広義の防犯などは 犯罪 の項を参照。

自宅警備員自宅警備隊N.E.E.T)は含まない。

フィクションにおいて

スパイ・侵入者・怪盗怪物・その他脅威となるものに対してである場合が多い。
むしろ死から襲われて捕まる、殺される、食われるといった末路もしくない。
(→ザル警備

警備員の装を奪って堂々と正面から侵入されてしまう場合もある。

物音などで異常に気付いて仲間を呼んだ時点で
半分以上侵入されていたり、既に標達成し逃亡中であることも多々。

ゲームにおいて

人間以外にも、監視カメラセンサーといったギミックも映える。
中や高所・地においても、ドローンカメラが付与されて見回っていることも。

関連動画

関連商品

関連項目

セキュリティに関する主な資格

脚注

  1. *同じ女子高生同士と偽って犯罪的で接近する事例もある。
  2. *玄関にクワガタモザイクアプローチといった手口もある。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/24(水) 12:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/24(水) 12:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP